トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景
パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
エリチェのクリスマスのお菓子 : Cuore(クオーレ)
トラーパニの近くにある山の上の街、Erice(エリチェ)。標高750メートルの山のてっぺんにあるこの街は、石畳の美しい街並みで有名ですが、イタリア人がガイドブックを見てやってくるもうひとつの名物があります。それは、「エリチェの修道院に伝わるお菓子達」。エリチェのみならず、修道院はかつて運営費を捻出する為に、お菓子、リキュール、石鹸などを作っていました。中でもお菓子のレシピは「門外不出」、とも言われ、それ故、各修道院にはそれぞれのスペシャリティーがあるわけです。

私がかつてスタージュをしていたエリチェで大人気のパスティッチェリア マリア グラマティコには、クリスマスの時期のみに作られていたドルチェがありました。それがこれ↓。

f0101126_1744039.jpg


「Cuore(クオーレ=心)」、という名前のクリスマスのドルチェ。これは、マリア グラマティコの店主、マリアおばあちゃんがかつていたエリチェのサン・カルロ修道院のスペシャリティー。私はちょうどクリスマスの時期にここでスタージュしていたので、運良くおばあちゃんが作るこのスペシャリティーの作り方をじっくりと見ることができました。ハートの形をした白い土台の部分は、アーモンド生地。中には、Zucca(ズッカ=カボチャ)の砂糖煮が入っています。「甘そ~」と思われると思いますが、、、、はい、甘いです(笑)

おばあちゃんは毎日夕方になると、チョコチョコとお花を作って(これもアーモンド生地です)クオーレの飾りつけに勤しんでいました。私も夕方の仕事として、毎日おばあちゃんと一緒に飾りつけを手伝っていました。真ん中にいるちっちゃなバンビーノはもちろんキリスト様。これを乗せるのは、必ずおばあちゃん、でした。これは譲れなかったらしい(笑)こうして丁寧にひとつずつ作られたクオーレは、店内のアンティークの食器棚(お店ではショーケースに使われていますが)に並べられ、なんともステキなクリスマスシーンだったことを思い出します。懐かしい、あれからもう4年が経つのですね。

パスティッチェリア マリア グラマティコ、いつだったかここで作っているフルッタ マルトラーナを雑誌で見かけ、あまりの美しさに、

「是非ここで修行したい!」

と思って押しかけた私。自分で電話して、「エリチェのお菓子が勉強したいんですけど、、、」と志願した後、お店に来るようにおばあちゃんに言われ、緊張した初対面。おばあちゃんは私に、

「こうして日本からエリチェの伝統を学びに来てくれるなんて、とっても嬉しいし、光栄だわ。あなたには何一つ隠さずに教えるから、きちんと勉強するのよ。今ではシチリアでも伝統を学ぼう、、、という人が減っているの。こうして伝統が失われるのはとっても悲しいことだわ、、、。伝統とは、世代世代で受け継がれていくもの。あなたも、しっかりとエリチェの伝統を学んでいくのよ。」

と、静かにゆっくりした口調で話してくれました。おばあちゃんのこの言葉、とっても感動したことを覚えています。

そして、エリチェの伝統のみならず、シチリアの伝統を日本に伝えたい、、、と現在奮闘する私を、今も温かく見守ってくれています。

さて!明日はいよいよクリスマスです~!
[PR]
by sicilia_trapani | 2009-12-24 17:06 | キリスト教と食文化
<< イタリア式クリスマスの過ごし方... ショックな朝 >>