「ほっ」と。キャンペーン
トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景

パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
バレンタインの発祥地はイタリア?
2月14日はバレンタインデー!日本では、さぞかしチョコレート戦争が盛り上がっていることと思いますが、ここイタリアでも”サンバレンティーノ(=St. Valentino)””Festa dell'amore(=愛のお祭り)”と言われ、盛り上がっています。さて、このバレンタインデーが生まれたのは、イタリアだといわれていること、ご存知ですか?

イタリア・ウンブリア州のテルニという街に、”聖バレンタイン教会”(サン・バレンティーノ教会)があります。ここがバレンタイン由来の教会と言われています。
聖人・聖バレンタインは175年、ウンブリア州のテルニという街に生まれました。やがてテルニの教会の司祭になった彼は訳隔てなく、全ての人々が愛する人と共にいられる事を強く願っていました。やがて、彼はローマに移るのですが、多くの愛し合う男女が彼の元を訪れ、結婚の祝福を受けることを望み、 やがて彼に祝福されると幸せになれるというウワサが広まっていきました。
しかし、当時はクラウディス2世の支配の元、キリスト教が認められていず迫害を受けていた時代でした。その上、皇帝は軍隊の召集が思うようにいかず、人数を集めるのが困難だったため、全ての結婚と婚約を取り消してしまったのです!皇帝は、男達が結婚して家庭にとどまり軍隊に入らなくなることを心配して”自由結婚禁止令”を発布しました。
そして、聖バレンタインのウワサはついに皇帝の耳にはいり、彼は見せしめとしてムチ打ちの刑になった後、斬首されて処刑されてしまいました。。。聖バレンタインの処刑された日が273年の2月14日だったのです。
聖バレンタインは一旦、ローマ近くの荒れ果てた教会に埋葬されましたが、彼の弟子が夜中にコッソリ運び出し、彼の故郷であるテルニに持ち帰り教会に弔いました。
この教会が今の、”聖バレンタイン教会”なのです。ちなみに、この教会には今でも多くの人々が永遠の愛を誓うため、また恋愛を成就させるために訪れます。
聖バレンタインの没した日にちなんで、2月14日の聖人となった聖バレンタイン。愛し合うものたちの守護神といわれいている聖バレンタインにちなんで、この日は”聖バレンタインデー”となり、愛し合うカップル達がプレゼントを交換するようになったのがバレンタインデーのはじまりです。

日本ではバレンタインデーといえば、女性が男性に愛を込めてチョコレートを贈る日、又は愛する人に告白をする日、というのが普通です。
イタリアでは、チョコレートを贈る習慣はなく、大切な人(例えば夫婦や恋人)同士でプレゼントを交換して、愛を再確認する日だそうです。しかしながら、男性からのみのプレゼントとなってしまうことも少なくないようです。さすが、イタリア女は強い!
もちろん、義理チョコやホワイトデーなんていう習慣もありません。

歴史を少し知ることで、バレンタインデーもなんだか神聖なものに思えてくるのが不思議です。
[PR]
by sicilia_trapani | 2007-02-14 06:19 | イタリア:ドルチェ
<< イセエビ?? 世界の卵コレクション >>