トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景
パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
陶器の街 カルタジローネへ再び!
シチリアで陶器といえばカルタジローネ!というほど、陶器で有名な街、カルタジローネ。去年も(半分)仕事で行く機会がありましたが、今年も、再訪する機会に恵まれました♪ 

前回行ったのは11月、それもすっごく寒~~~い時期だったため、街をあまりゆっくり散策することが出来なかったのです。それでも、州立の陶器博物館で陶器のコレクションを見たり、写真では見ていたものの是非とも現物を見たい!と思っていた、Scale(スカーレ)も見れたし、、、。短い滞在期間ながら、ちょっと満足気分でした。トラーパニから軽く300キロ近くはあるカルタジローネ、こんなに早く再訪のチャンスがあるとは!(自分で行こうと思えばいけるんですけどね、、、)

今回まず訪れたのは、陶器の工場。ここの工場は土台は作らず、絵付けだけを行なっているそうです。土台作りから絵付けまでを一貫して作る工場というのは、コストや人件費もすごくかかるらしく、土台だけ、絵付けだけ、というところも少なくないそうです。

f0101126_3514993.jpg
この方がオーナー。絵付けを実演してもらいました。下の台をクルクルとまわしながら器用に書いていきます。そして出来上がったのは、、、

f0101126_357361.jpg→こちら。
左が実演で書いたもの。右にあるのは、同じデザインですが既に焼成されたものです。見てお分かりのように、1枚1枚手書きの為、同じデザインでも若干大きさや線の太さが違います。
タイルは15センチ×15センチくらいでしたが、書き始めて5分と経たないうちに書き終わってしまいました、、、。さすがです。

去年、日本に一時帰国したとき、「スペインタイル」に挑戦した時のこと(結局、完成品をアップするのを忘れてしまいました!)、最後に作った作品は筆でタイルに下書きをしたのです。これが難しい難しい、、、筆を持って細かい作業をしようと思うと、手が震えるんですよね、、、。当然、線の太さも変ってしまいます。

長年の熟練が必要なんでしょうね、サラサラ~、と書けるようになるには、、、。

f0101126_422770.jpg
こちらのお姉さんは、人形のようなものに絵付けをしている最中でした。この人形、以前は腰の高さくらいまであった代物だそうで、「オイルランプ」として使われていたそうです。かつてまだ電気が無い時代に、オイルにコヨリのような紐を入れて火をつけて灯りを取っていたそうです。

f0101126_454080.jpgこちら、タイルの見本。色々な色使いとデザインがが見ているだけでも楽しいです。個人的には、アラベスク柄が好きなのですが、シチリアのデザインはお花をモチーフにしたものなども多く、アラベスク柄がキリっとした印象であるのと逆に、ホンワカとしたデザインが多いように思います。

皆さんはどのデザインが好きですか?私が好きなのは、、、

・一番左の列、上から2番目の青と緑と黄色のタイル
・一番上の段、左から3番目の青と黄色のタイル

この2枚が気に入りました。

さて、翌日の朝、カルタジローネの街を散策ですっ!(って、すっかり個人旅行のようですが、仕事ですよ、仕事 笑)

カルタジローネの街は道が狭い為、私達が乗っていた大きなバスはもちろんのこと、車で入ることはオススメできません。下に車を置いて、歩くことをオススメします。下から、ひたすら階段を登る、、、登る、、、坂道を登る、、、登る、、、。

そして今回もやってきました、Scale(スカーレ)!!


f0101126_4151935.jpg

カルタジローネ、といえば、このスカーレ(階段)というほど有名な場所です。階段、1段1段に違うデザインのタイルが張られています。

f0101126_4562693.jpgf0101126_4565223.jpg

f0101126_4582052.jpgf0101126_4584181.jpg
この階段、下から10段ごとに、あらわす時代が変っているそうです。一番下段は、確か1500年代か1600年代だったと、、、。

f0101126_572430.jpg
階段の中腹あたりにあった、このお店、私好みの陶器を発見!買いたいものが沢山ありましたが、ゆっくり選ぶ時間ナシ、、、、(涙)

f0101126_5102336.jpg
アンティークのお皿。シチリアやプーリアで見かける1800年代ごろのアンティークです。この頃は、まだ赤い色を出す技術が無かったそうで、もっぱら緑や青が使われていました。そして、何故か絵は決まってニワトリ。この時代の緑、何故か好きなんですよね~。

こうして2回目のカルタジローネ滞在は、終わりました、、、。前回はお店が閉まっていて購入のチャンスはなし。今回は、時間が無くて購入のチャンスなし。次回は、陶器を購入する為にやってきます!
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-03-15 03:48 | シチリアを旅する
<< 海が気持ちいぃぃぃぃぃ~! 世界で3つしかない「Madon... >>