トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景
パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お茶の博物館@シチリア
トラーパニでは安定したいい天気が続いています。昨日、パスクワの記事をアップしましたが、昨日から「トラーパニのパスクワの大行進」に先駆け、「マドンナの行進」が行なわれています。昨日・今日、と行なわれたようですが、私はあいにく見に行けず(涙)でも、金曜日の大行進は必ず見に行きます!

さて、忘れかけていましたが、まだジャーナリストツアー、最終地点までたどり着いていませんでした。が、今回の記事でやっと最終地点です。(長い道のりだった、、、、笑)

さて、最後の最後に連れて行かれた場所、それは、、、、「La Casa del Te'(お茶の家=お茶の博物館)。」

え?シチリアでお茶の博物館?えぇぇぇぇ??という私に、、、

「世界中のお茶があるのよ。もちろん日本のおちゃもあるわ♪あとは、中国とかインドとかアフリカとか、、、、」

と説明するガイドさん。しかし、ますます、

「????????」

お茶畑があるの?お茶の葉があるの??しかし、一体何の為に、、、、???

通訳も1週間を越え、頭も相当疲れてきていた私には、既に理解力が不足(笑)シチリアで「お茶」といわれても、ピンとこない、、、。ま、いいや。とりあえず、現場に行ってから考えよう(笑)

さて、到着したのはRaddusa(ラッドゥーサ)という、カルタジローネより南にあるカターニャ県の小さな街。

「さあ、入って入って、、、あ、靴も脱いでね。」

と言われ、靴を脱いで入って、、、目にした光景は、、、、。
f0101126_164731.jpg

ジャンッ!
f0101126_172899.jpg

ジャンジャンッ!!

確かにすごいんですけど、、、(^_^;) 何がすごいって、シチリアのこんな片田舎(失礼!)に、あるのがすごい、、、ローマやミラノだったら分かるのですが、、、。

この家(博物館?)の持ち主はこの方。

f0101126_1104282.jpg

もちろん、右のお方です(笑)しゃべるのに忙しくて、あまり写真を撮っているヒマが無く、こんな横顔しかありませんでした。

このお方、イギリスのとあるホテルで働いている最中にお茶に興味を持ち始め、インド・日本・アフリカ・中国などを色々勉強して回るようになり、そしてこんな究極の館を作ってしまったそうです、、、。ここには600種以上のお茶があるらしく、なんとギネスにも登録されているらしいです。(そんなギネスもあるのか!?)さらに上の階には、、、

f0101126_1152891.jpg

f0101126_1164771.jpg

f0101126_115449.jpg

茶室と茶器のコレクションがありました、、、、。一体、何が彼をここまでさせたのか、、、。

お茶の歴史やアフリカのお茶についてなどの、レクチャーがあり、その後は待っていたアフリカのお茶の入れ方の実演。アフリカでは、民族により3種類のお茶の淹れ方があるそうです。(頭が疲れていて忘れちゃいましたっ!)入れるお茶の種類が違ったり、松の実が入ったり入らなかったり、、、。この日は、2種のお茶をブレンドして、ミントと松の実を入れる、というお茶を実演。

f0101126_1223587.jpg

f0101126_1232656.jpg


そして、アラブ菓子も用意されていました。

f0101126_125966.jpg

手前は、ヒヨコ豆の粉を固めて揚げたもの、左はナツメヤシのお菓子、中央にあるのは干しイチジクが入ったビスコッティ、、、。シチリアにあるお菓子の原型でもあるのです、アラブのお菓子。

個人的にはとっても興味のあるお茶(実は紅茶・中国茶が大好きです)&アラブのお菓子のお話でしたが、最後の訪問先、それも私だけではなく、皆さんが疲れ果てている、、、、という事で、いかに早く切り上げるか!という事を念頭に置きながらの見学でした(笑)時間があれば、この謎のオジサンにインタビューすべく、再訪したいです。

興味のある方、ホームページもあります。↓下をクリック。

La Casa Del Te (ラ カーサ デル テ)

一般公開はしていないらしいですが、予約制で見学が可能だそうです。

さて、この日は最終日。訪問先はここが最後。この後、とあるカンティーナに行って夕食を済ませ、夜中の0:00頃に宿泊先に到着、、、、あぁ、、、、終わったぁ、、、。実は、夕食の後、「貴族のお宅拝見」というプランも盛り込まれていたのですが、皆、体力の限界を向かえていて、これもまた興味があるところではあったのですが、お気持ちだけありがたく頂き、お断りさせていただきました、、、。

長かった(終わってみれば短かった)1週間も無事に終わり、色々とあったものの、最終的には、、、、終わりよければ全てよし(笑)普段、オーガナイズする側にいる私としては、色々と学ぶことが沢山あったお仕事でした。人がオーガナイズしたものって、客観的に見れるため、今後自分が仕事をしていくに当たり、とっても勉強になりました。それと同時に、改めてイタリア語を勉強する必要性を感じさせてくれた仕事でもありました。

さて、これでジャーナリストツアーはおしまい!これからは、普通バージョンに戻ります(笑)
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-03-20 01:01 | シチリアを旅する
<< イタリア語を改めて勉強する。 もうすぐパスクワ! >>