トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景
パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
シチリア周遊 写真集(笑) その2 ~ モディカチョコ&豚肉編
さて、前回の続き、モディカからです。モディカは少し散策した後、私の古巣でもあるBonajuto(ボナユート)にてアステカ時代から伝わるというモディカチョコの見学です。

モディカチョコ、今ではシチリア好きの中では有名になったザラザラしたチョコレート。何故ザラザラしているかって?それは、砂糖が溶け切っていないからです。モディカチョコの原材料は、カカオマス、砂糖、香りの3つのみ。カカオマスに含まれる油脂分の融点である35度前後では、まだ砂糖は溶けません。モディカチョコはカカオの風味を損なわせない為、それ以上に火を入れないため、砂糖のザラザラ感が残るわけです。今回の見学では、まず店内でBonajutoが作成したビデオを見ながら、まずは原材料であるカカオについて勉強します。そして、工房で実際にチョコ作りを見学。

f0101126_0243680.jpg
後ろにいるのが、Bonajutoオーナーのフランコ・ルーターの息子、ピエロパオロ。そしてチョコを作るのが、モディカ弁の達人!ジャンニ!2人とも会うのは、今年の1月に来た時以来。ジャンニ、一緒に働いている時は、何を言っているか分からなくて苦労したものの、今は言っている事が大体分かります。でもやっぱりモディカ弁はきびちーーーーーー(笑)

f0101126_0294551.jpg
1番上の写真は、ひとつずつ重さを計っている所。タブレットひとつが100g。ジャンニ、計りを使っているものの、1発で100gピッタリを取り分けていました。彼は人間計りか?計量されたチョコは型に入れられて手で軽く慣らします。

f0101126_033727.jpg
そして、木の入れ物ごと、ゴトゴトゴトゴトと揺らします。そうすると、、、。

f0101126_0342246.jpg
表面はならされ、尚且つピカピカに!これは、チョコレートの中の油脂分が浮かびあがってくるから。と同時に中の空気も抜けています。

最後は常温で放置して固まるのを待ちます。そうすればモディカチョコの出来上がり!

モディカチョコの伝統の香りは、バニラ、シナモン、ペペロンチーノの3種類ですが、現在ボナユートでは10種類以上の香りのチョコを作っていました!中には「塩」なんていうのもあり、、、。あ、もちろん使っているのはトラーパニの塩でした(笑)久々のモディカチョコ、私も10枚ほどお土産に買い、トラーパニの知人達に持っていったところ意外と好評♪ (もちろん「塩味」も買いましたよー。) トラーパニからモディカ、シチリアの西の果てから東の果てのような距離なので、行ったことが無い、という人も沢山います。距離にすると約500キロ、、、、(汗)

さて、そろそろBonajutoにも別れを告げ、、、。日曜日という忙しい日の工房見学をひとつ返事でOKしてくれ、とても丁寧に説明もしてくれたピエロパオロ、どうもありがとう!又、次回ね~~~!
f0101126_0401268.jpg


モディカの次は、、、、このツアーのメインでもある、「豚肉料理を食べに行く!!」です。キアラモンテグルフィーという街にある「Majore(マヨーレ)」という豚肉専門店。今年の初めにDancyuの取材で訪れた場所です。なんでもシチリアで一番古いトラットリアでもあるらしく、そして豚肉自体の味がとても美味しかったのが忘れられず、、、。又来る機会に恵まれ、私、幸せ者です!

f0101126_0453217.jpg
まずはサラミとカポコッロの盛り合わせ。うっしっし、、、、♪ そういえば、このレストラン、メニューがあってないようなもの。おじさんに「少しずつ、美味しいものを食べたいんだけれど。でも、そんなに量は食べれないから少なめで、、、。」と言うと、おじさんから「じゃー、アンティパストはこれこれ、プリモはこれこれ、セコンドはこれこれ、でどぉ?」という提案。セコンドだけは、「豚肉を焼いただけのものが食べたい!」というユキキーナさんからの強い依頼により(笑)、豚肉のグリルに。あとはおじさんのお任せで~♪

f0101126_0464117.jpg
上の写真のサラミ&カポコッロ、そして豚肉の煮こごり!ゼラチン質の部分はお酢が加えられてサッパリ。こんなに大きいの食べれないーーーー!と思いつつも、食べちゃいました(笑)

f0101126_051141.jpg
プリモ1品目。豚肉のラグー。ここら辺ではラグーと言っても挽肉は使わず、豚肉をゴロゴロと煮込みます。そして、色々な部位の豚が入っているのだろうな~、、、と思わせる、濃厚なラグー。いつ食べても絶品。
http://www.exblog.jp/myblog/entry/edit/?eid=f0101126&srl=9819245
f0101126_0533767.jpg
そしておじさんが取り分けて回っているものは、、、。

f0101126_0542341.jpg
豚肉のリゾット!と言っても、お肉が眼に見えるわけではありませんが、、、、。これが本当に絶品、絶品!豚エキスを吸ったお米って、こんなに美味しいのね~♪ これは自分では絶対に出せない味です。

f0101126_0562042.jpg
そしてこちらセコンド。豚肉のグリルとサルシッチャのグリル。こちらも文句なしの美味しさ。何が美味しいって、やっぱり豚肉が美味しいのですね~。嫌な臭みは全く無く、旨みが凝縮されている感じ。前回行ったときはインボルティーニ(豚肉の詰め物焼き)を食べたのですが、やはり豚肉のグリルの方が美味しかったです。

このレストラン、価格もお手頃で本当にオススメなのですが、、、、車が無いと行けないのが残念なところ。でも、このレストランのためにキアラモンテグルフィに1泊すれば可能!?

さて次回は、最終回、カルタジローネ&シラクーサで~す。
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-12-04 00:38 | シチリアを旅する
<< シチリア周遊 写真集(笑) そ... シチリア周遊 写真集(笑) そ... >>