トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景

パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:シチリアを旅する( 98 )
エリチェの伝統工芸「手織りのカーペット」
f0101126_1454984.jpg

トラーパニの近くの街、エリチェは観光の街であるとともに、「手織りのカーペット」でも有名な街です。エリチェには既に何度も(何十回も、、、笑)行ったことがあるにもかかわらず、カーペットのお店に入ったことは一度たりともありませんでした。先日、ラ ターボラシチリアーナの生徒さんたちとエリチェに行ったとき、初めて足を踏み入れてみたのです。

店内にはカラフルなかわいいカーペットが展示されていて、お店の奥にはハタオリ機のようなものが、、、。え?まさか、これで編んでいるの??と思っていると、お店のSignora(シニョーラ)が、

「見て、私の指、カーペットを織りすぎてこんなになっちゃったの」

と笑いながら見せてくれた指。

なんと人差し指と中指が極端に反り返っていました、、、。太目の糸を一本一本編んでいくため、1枚のカーペットを織るのに、最低100回以上は糸をくぐらせていかなければいけないのです。

そして、奥にサササッと入って、実演してみてくれました。彼女のお母さんもエリチェでカーペット屋さんを営んでいるらしく、ここは2号店だそうです。

今まであまり興味のなかったカーペットですが、良く見てみるとさすが手織り。大量生産品にはない味があります。今度行ったときに一枚購入しようかな~♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-11-10 01:46 | シチリアを旅する
私がスタージュしたお店、シチリア島モディカ「Antica Dolceria Bonajuto」
f0101126_21292277.jpg

2004年12月、マルケ州にあるスローフードマスタークッキングのディプロマを取得し、最初に向かったのはシチリア島東南部の小さな街、モディカでした。

モディカは、バロック建築の街として知られ、それと同時にもう1つ有名なのが「モディカチョコレート」。古代アステカ文明から伝わる製法で今も作り続けられているというこのチョコ、ちょっと特殊なのです。モディカチョコレートの材料は、砂糖・カカオマス・アロマ(シナモンかバニラが伝統)のみ。それ以外の雑物や添加物は一切入りません。グラニュー糖は全部溶かさないので、食感はザラザラ感が残ったまま。

私がドルチェリア ボナユートを選んだ理由は、「モディカ菓子を学びたかったから」。モディカチョコも特殊なものですが、モディカにはシチリア菓子と一線を画すような、「モディカ菓子」があります。モディカチョコとモディカ菓子を学ぶためにお店を探していたところ、Antica Dolceria Bonajuto(アンティカ ドルチェリア ボナユート)がモディカ一番伝統があるお店、と聞き、学校に打診してみたところ、OKとのこと。

2005年1月、マルケで過ごした冬休みを終えた後、ボナユートで働くべく、モディカに到着。初めての、スタージュ、イタリアでの1人暮らし、「学校」という守られた世界を離れてのシチリアでの生活に期待と不安が入り乱れ、しかし「やるからにはやるしかない!」と、気合を入れてモディカに到着。初めての1人暮らし(@イタリア)、それもシチリア、電気が飛んだり、水がでなかったり、異常に寒かったり、、、、色々な事がありました。(イタリア留学日記参照)お店でも、最初からレシピを聞いたりなんかして、お店の人に警戒されたり、、、。シチリア人の常識や文化を勉強することから始めたような状況でした。

モディカの人々は、日本でイメージされる、いわゆる「イタリア人」とはちょっと違い、非常にシャイ。仲良くなると色々と助けてくれるものの、最初は壁を破るのに苦労しました。そんなスタージュ生活も2ヶ月ほどでようやく慣れてきて、仕事も楽しくなってきて、やっとお菓子の勉強をしている!と言う感じになりました。

結局、モディカでは4ヶ月間のスタージュ生活を送りました。モディカの街は非常に落ち着いていて、静か。街並みはとってもエキゾチックで、今でも大好きな街の1つ。家の窓からは、モディカ アルタ(モディカはバッサとアルタの2つの街にわかれています)のドォーモが正面に臨め、部屋も4部屋ありとても快適でした。

では、ここからはモディカの風景と工房の様子をお伝えします。

こちらからどうぞ。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-10-03 21:26 | シチリアを旅する
やっぱり、シチリアよいとこ♪
f0101126_1647572.jpg

先日本屋さんで購入した本「イタリア魅惑のビーチ」。(机 直人 文・写真/東京書籍)

この本、なんとサルデニアとシチリアのビーチを中心を、写真と文章で綴っています。
私の住むトラーパニ周辺では、エガディ諸島(ファビニャーナ島、マレッティモ島など、、、)とサン ビート ロ カーポが紹介されていました。シチリアにいるときには、島もサンビートもあまりにも普通にいけるため、ありがたみも少なかったのですが、こうやって遠く離れて見てみると、あ~やっぱりきれいだな~、、、、と、改めて実感。
特にサンビートについては

「透明度、海岸線の幅、奥行き、湾曲美、背景、泳ぎやすさ、混雑、砂の質、宿泊施設など、どれをとてもほぼ完璧に近い」

と記されていました。
今年の夏は、私も何度も行ったサンビートがこう書かれていると、なんだか嬉しくもあり早くシチリアに帰りたくも、、、すっかり、地元びいきです 笑

サンビートの海岸からは岩山も臨むことができ、街には咲き乱れるブーゲンビリアとジャスミンの香り、、、(@夏)。まさに楽園。私の別館「シチリア百景」にも少しだけですが、写真があります。

あ~、やっぱりシチリアよいとこ♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-10-01 16:57 | シチリアを旅する
トラーパニで花火大会!!!
f0101126_1871243.jpg

8月16日、FerrAgosto(フェルアゴスト)の翌日は、毎年トラーパニでは花火があがります。
8月15日の夜、トラーパニ近辺の街からは、徒歩でマリア様に会いに行くのが週間だそうです。15日の夜中(つまり16日の午前0時)に、それぞれの街を出発し、何時間もかけて歩き、明け方トラーパニのマドンナがいるトラーパニの新市街にある教会に到着。そして16日の夜はProcessione(プロチェッシオーネ=宗教上の行進)が行われます。お神輿みたいのに載せたマリア様が街を練り歩き、それに信者が続きます。これが終わるのが23時ごろ。

そして、ついに花火!!始まるのは0時、、、、(^_^;) この花火を待ち、小さな子供たちもみんな街をウロウロしています。(もちろん大人と一緒にですが、、、)
去年は、この花火大会、ものすごーーーーーーいシケたもので、ボーン!と一発あがると、その後2~3分、なにも起こらないまま、、、(@_@;) そして、またボーン!と一発(笑)本当にかなり笑えました。
今年は、友人の船から見ました。(下の記事にサンビートから、、、と書いてありますが、間違えです!サンビートからトラーパニまで船でやって来ていました 笑) 0時までは、おしゃべりをしたり散歩をしながらひたすら待つ、待つ、待つ、、、、、、。ついに、0:30、一発目が!!!!

f0101126_1810091.jpg
ドーーーーーーーーン!!!!!

45分間続いた今年の花火、なかなかのものでした。

「花火って、日本の伝統なんだよね~」

という私の一言に、

「え、花火の起源はナポリじゃない???」

という、イタリア人、、、、、、。

ほんと???(な訳ないか、、、、)


*ちなみに、上の写真は海側から見た、トラーパニの街。右斜め上、山に登るようにに見える明かりは、エリチェに登るローブウェイの光。この日、海沿いはきれいにライトアップされていました♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-08-19 18:56 | シチリアを旅する
FerrAfosto(フェル アゴスト)は船の上
f0101126_1752106.jpg

8月15日はFerrAgosto(フェルアゴスト)。マリア様が天に昇った日だそうで、キリスト教に基づく祭日です。この日を中心にバカンスを取るイタリア人も多く、クリスマス同様、家族と過ごすため実家に帰る人も多いようです。そして、ここシチリアはバカンスでやってくる人々で大賑わい!

この日、私はサンビートロカーポに船を持っている友人のお誘いで、船上で友人たちと過ごすことに。サンビートロカーポまでは通常、トラーパニから車で40分くらいなのですが、さすがバカンスシーズン、なんと倍の時間、つまり1時間半ほどかかりました、、、(@_@;) 更に、天気があまりよくなく、、、、船での出航は断念。あ~、残念!
というものの、実は前日の14日も、この船で過ごしていました。この日は、天気も程よく、サンビート沖まで出航。海水浴を楽しみました。上の写真はそのときに撮ったもの。いつもは海岸から見ている風景も、海側からみるとまた違った景色に、、、、。

f0101126_1753375.jpg

そして、15日は船を停泊してある港で、船でノンビリすることに。子供も大人もシチリアのトランプに白熱!!(普通のトランプとはちょっと違います)


f0101126_17532829.jpg


私は甲板に出て、刻一刻とかわる空の風景を撮って遊んでいました(笑)


今晩は、トラーパニであがる花火を船でサンビートロカーポ沖にでて見る予定。晴れるといいな~
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-08-16 17:53 | シチリアを旅する
夜のお散歩@エリチェ
f0101126_16194825.jpg

昨晩、友人たちと夜のエリチェにお散歩に行ってきました。エリチェには何度も行っているものの、毎回違う顔を見せる不思議な街。現在、バカンスシーズン真っ盛りで、私が働いていたころ(12~3月)とは違い、観光客でいっぱい!
エリチェは街全体が石畳で城壁に囲まれた中世の都市。細い道に入り込むとなんだかタイムスリップしたような気分にもなります。上の写真は、エリチェの中心にあたるPizza(ピアッツァ=広場)。では、しばし、エリチェの雰囲気をお楽しみください。

では散歩に行きましょう!
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-08-09 16:27 | シチリアを旅する
ゆっくりした週末@シチリア/ トンナーラ ディ ボナジア
f0101126_15245685.jpg

先日も記事にした「Tonnara di Bonajia」(トンナーラ ディ ボナジア)。土曜日、ゆっくりしに行ってきました。(泊まったわけではありません 笑)1日いたため時間がたくさんありました。そこで、カメラをもって、撮影会!
ホテルなのできちんと手入れがされているため、100%の自然ではありませんがとってもきれいに配色されていて、いかにも南国~♪という感じ。
お花には、蝶々やらハチ君たちが蜜を吸いに集まってきていました。ハチ君の写真は取り逃しましたが、蝶々はバッチリ撮れました♪では、シチリアの自然をお楽しみください♪♪

もっとシチリアの自然を見たい方はこちら!
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-07-31 15:27 | シチリアを旅する
エリチェはいい天気!!
f0101126_23181710.jpg
今日、久しぶりにErice(エリチェ)に行って来ました。何故かというと、、、、5月23日~6月21日まで一時帰国するため、以前働いていたエリチェのパスティッチェリア マリアグラマティコに挨拶がてら、お土産のドルチェ達を購入してきました。
商品構成は相変わらず変わりませんが、私が働いていた夏より忙しそう!エリチェはすでに観光シーズンが始まっていて、たくさんの観光客がいました。この街はなぜかドイツ人が多いのです、、、。どうしてだろ?

エリチェの街も、私が働いていた冬とはまったく表情を変え、今日は雲一つない快晴!!とてもいい天気でした♪写真は天空の城?とも思わせるような、エリチェのかつてのお城。ここエリチェはトラーパニからバスで30分、ケーブルカーで15分なのですが、標高は750メートル!ゼロメートル地帯のトラーパニから一気に登った山の頂上に広がる中世の町なのです。街は小さいものの、城壁に囲まれた石畳の続く、とってもロマンチックな街で好きな街の一つです。

■マリアグラマティコで働いていたときの様子、冬のエリチェの様子はこちらから。↓

「イタリア料理留学日記」
http://dolcemania.exblog.jp/

では、1年8ヶ月ぶりに日本を満喫してきます♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-05-20 23:10 | シチリアを旅する