トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景
パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:シチリア:ドルチェ・パン( 21 )
新しいマンマが登場!
f0101126_721984.jpg

みなさん、ご無沙汰しています<(_ _)>

またしてもログインができず、1週間も放置してしまいました(涙)今日、なぜかやっとログインでき、更新がやっと可能に!

先週は1週間、お客様週間でした。新しいマンマの料理教室も先週から始動しました!教えてくれるのはパトリッツィアとカロリーナの2人組みのマンマ。二人とも料理は大得意で、カロリーナ(写真)は小学校の先生をやっているせいか教え方もとっても上手♪

さて、写真でカロリーナが作っているものは、、、?

続きはこちら。
[PR]
by sicilia_trapani | 2007-02-12 07:06 | シチリア:ドルチェ・パン
クリスマスのお菓子 Buccellato(ブッチェラート)を作りました
f0101126_2029785.jpg
パレルモ・トラーパニ地方ではクリスマスの時期に、ドライフィグ(イタリア語ではFichi secchi=フィーキセッキといいます)を使ったお菓子が作られます。以前にもご紹介した、Biscotti di Fichi(ビスコッティ ディ フィーキ)もその1つ。今日作ったのは、ビスコッティ ディ フィーキとほぼレシピは一緒ですが、大きい丸にしてアーモンドを飾ったちょっと豪華版。この形になると、名前がBuccellato(ブッチェッラート)と変わります。

f0101126_2030182.jpgそして、余ったタルト生地でもう一品作りました。すでに季節になってきているオレンジ(もう少し待ったほうが本当は美味しいのですが)をたっぷり使った「Torta di Arancia(トルタ ディ アランチャ)」。オレンジはマンマのおうちのものを先日いただいたので、それを使いました。無農薬で栽培されているため、安心して皮も使えます♪ 作り方は超簡単。水:グラニュー糖=2:1のシロップで輪切りにしたオレンジを軽く煮ます。準備は以上(笑)日本では、タルト生地とオレンジの間にアーモンドクリームを入れて焼き上げていたのですが、今日はオレンジマーマレードをタルト生地の上に塗り、その上にオレンジを乗せて焼きました。焼きたてより、1日置いたほうが味もなじんで美味しいので、明日の試食が楽しみ♪ 朝ごはんにいただきま~す!
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-12-21 20:31 | シチリア:ドルチェ・パン
Cannoli alla casalinga(カンノーリ アッラ カーサリンガ)
f0101126_1483112.jpg

先日、私のドルチェ教室でカンノーリを作りました。

シチリアの代表的なお菓子と言えるカンノーリ。家庭で作るとこんな感じになります。お店で買うカンノーリの生地は、ポツポツと生地が膨らんでいる部分がありますが(ちょっとパイ生地っぽい感じ)、家庭で作るとこのようにツルンとした出来上がりに。
これは、お店で作るカンノーリは何度も何度も折っては伸ばし折っては伸ばし、、、パイ生地のような事をしているためです。

今回はリコッタチーズにチョコレートを入れてみました。やっぱり手作りのお菓子は美味しいですね~♪

■シチリアでドルチェを学ぶ→ ラ ターボラ シチリアーナ
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-11-16 01:49 | シチリア:ドルチェ・パン
マンマのゲンコツピッツァの現場!
f0101126_1483986.jpg
以前にも紹介した、マンマのゲンコツピッツァ、先日、久しぶりに味わうチャンスがありましたので、ゲンコツの現場を激写してきました(笑)

マンマはピッツァを練る時、ボウルに粉(ここでは硬質小麦(=グラノドゥーロ)を使います)とぬるま湯、そしてぬるま湯で溶かしたリエビト(イースト)を入れ、上からグーで押していきます。最初見たときは「エッ!?」と思ったものの、意外と早く生地はまとまっていきます。
f0101126_1493145.jpgマンマのピッツァは水分量が結構多く、柔らかい生地。現在、夜は少し冷えるので毛布に包んで一時発酵。待つこと約30分。きれいに発酵しました♪さて、この日、キッチンの電球が切れてしまい(停電ではありません)、非常事態用のランプを持ち出してのピッツァ。電球1つの下に皆で集まって食べました。なんだかあったかな雰囲気で、おなかも心も温まる夕食でした♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-11-09 01:50 | シチリア:ドルチェ・パン
今日はFesta dei Morti(死者の日)
f0101126_2041332.jpg
11月2日はイタリアではFesta dei Morti(=フェスタ デイ モルティ)といって、「死者の日」、つまり故人を祭る日なのです。日本でいうところのお彼岸。この日は、お墓参りをするのが習慣で、街にはお花の屋台がたくさん出ていました。

そして、それとは別のもう1つの習慣、それが写真のPupi di zucchero(=プーピ ディ ツッケロ)。これは、砂糖で出来た人形に絵付けを下のものなのですが、これを子供たちにプレゼントをする習慣があります。ここトラーパニ近く、パレルモ近辺での伝統。

この時期、パスティッチェリア(お菓子屋さん)のショーケースには、プーピが並びますが、ピカチューやドナルドダックなどのキャラクターものも多くあり、結構笑えます(^_^;)
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-11-02 20:29 | シチリア:ドルチェ・パン
マンマのゲンコツピッツァ
f0101126_1522063.jpg

私も現在、半バカンス中。といっても、どこかに旅行するわけでもなくトラーパニ近辺をウロウロしています(笑)
ここシチリアはイタリアだけではなく、全世界からバカンスに人がやって来るところ。チュニジアに旅行、、、という案もあったのですが、やっぱりここに残り、ゆっくりすることにしました。

先日はドミンゴ家に1日どっぷり浸り、畑を見たり、庭で本を読んだり、、、、。夕方、マンマが「今晩はピッツァを作るわよ!」と張り切ってやってきました。子供たちは、
「ノンナのピッツァはどこのピッツェリアよりも美味しいんだよ~!!」
と大喜び。
もちろん私はピッツァ作りに参加♪

材料はいたってシンプル。
セモリナ粉、ぬるま湯、リエビト ディ ビッラ(ビール酵母のイースト)、塩。
以上。
まずはぬるま湯でイーストを溶かし、セモリナ粉の中心部に穴をあけ注ぎます。そして塩、更にぬるま湯を注ぎ、、、まとめて行きます。ここまでは普通。
さて、一つにまとまった後、マンマはゲンコツで上から押すようにして練っていました。いや、「錬る」という表現は適切ではないような、、、(^_^;) 「潰す」といった感じでしょうか。さらに、続くマンマのゲンコツ攻撃!!ゲンコツ、ゲンコツ、ゲンコツーーーーーーー!!!!笑
やっと練りあがった生地はかなり柔らかめ。そして、発酵させます。発酵時間は約30分。
その後早くも鉄板に生地を伸ばし始め、具を乗せていきました。

作ったピッツァは、
・オリガナータ(トマトソース、アンチョビ、オレガノ、パルミジャーノ)
・マルゲリータ(トマトソース、モッツァレラ)
の2種。

さて、出来映えは、、、、、、?ご想像にお任せします 笑
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-08-15 17:46 | シチリア:ドルチェ・パン
昨日の続き:フォカッチャとピーマンのマリネ
f0101126_18585032.jpg
さて、↓下の記事の続きです。

洋ナシのジャムを煮込んでいる最中、時間があったので作った他もの。

フォッカッチャとピーマンのマリネ。

いつも作る簡単フォカッチャは手間いらず。粉とイーストと塩少々とぬるま湯、それにオリーブオイルをチョロリ。フードプロセッサーでゴロゴロまわせば生地は完了。
夏は発酵が早く進むため、生イーストの量を減らしたのですが、それでもすごい勢いで発酵!もっと少なくてもいいのだな~、、、、。
今日は、赤玉ねぎを乗せました(私の定番)。そのほか、薄く延ばしてトマトソースとモッツァレラを乗せればピッツァ風に。もちろん、プレーンでもよし。万能生地です。

冷蔵庫には、巨大緑ピーマンがなぜか4つもあったので、とりあえずオーブンに突っ込み皮を剥いてオリーブオイル漬けにしました。ピーマンだけのために、オーブンをつけるのはもったいない気もするけれど、今日はパンも焼くしタルトも焼くし、、、。え~い、ピーマンも!!(笑)
ピーマン、久々に作ったのですが、美味しい♪今度は赤・黄・緑と色とりどりでつくろう。

たまには、インターネットのない日々も、開放されていいかな、なんて思ってみたり(笑)

ピーマンのマリネはこちらから
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-08-04 19:00 | シチリア:ドルチェ・パン
ことしもグラニータの季節がやってきました!
f0101126_0105017.jpg

今年もすでに7月!夏のシチリアのドルチェと言えば、そう、「グラニータ」!そういえば、シチリアに戻ってきてからは、一度も食べていませんでした、、、(^_^;) 昨日、トラーパニから車で30分ほど行った街、サン・ビート・ロ・カーポに行った時のこと、夕方海からあがって帰る前にジェラートでも食べるか~、、と思い、ジェラテリアに入ってジェラートを食べ終わったときのこと、隣のテーブルに運ばれてきたグラニータ、、、、。
あ~、、、美味しそう、、、食べようか、、、いや、太る、、、でも、今年まだ一回も食べていないし、、、、。
と、気がついたときには店員さんを呼んで、グラニータを注文していました、、、(^_^;)

注文したのは、Granita di Gersi (グラニータ ディ ジェルシ = クワの実のグラニータ)。
グラニータの作り方は至って簡単。水、砂糖、それに原材料となるもの(クワの実、イチゴ、コーヒーなどなど、、)、すべてを混ぜ、冷凍庫で固めるだけ。な、はずなのですが!!固める最中になんどもかき混ぜなければいけないため、家で試してもなかなか滑らかな食感がでません、、、(@_@;) 温度もマイナスでありながら、冷えすぎは禁物(固くなってしまうため)。私も家でグラニータは作りますが、家のグラニータはジャリジャリともっと荒い感じ。カキ氷に近い食感。それに比して、グラニータ屋さん(ジェラート屋さん)のグラニータは、とても滑らかな歯ざわり♪

ここシチリアでは、グラニータと一緒に、「ブリオッシュ」と呼ばれる丸いコッペパンみたいなものと一緒に食べます♪ん~、満足!!というか満腹、、、(^_^;)
シチリアに戻ってきてから1週間半。日本でダイエットに成功した私も、すでに戻り気味、、、(@_@;)あ~、おそろしぃぃぃぃぃ~!!!
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-07-02 00:11 | シチリア:ドルチェ・パン
シチリアのドルチェ:Frutta Martorana(フルッタ マルトラーナ)
f0101126_273280.jpg
美味しそうなフルーツ達!!と言ってしまいそうなこのフルーツや野菜達、実は本物ではありません。このフルーツ達、シチリアの伝統菓子「Frutta Martorana(フルッタ マルトラーナ)」なのです。

生地はアーモンドと砂糖からできています。そう、いわゆるマジパン。ここシチリアはアーモンドの産地でもあり、特にAvola(アボラ)という、シチリア東側の下のあたり(シラクーサの下あたり)で取れるアーモンドは世界有数の超一級品!そんなアーモンドから作られるマジパン(イタリア語ではPasta di Mandorla=パスタ ディ マンドルラ)は、甘いながらもアーモンドの味がしっかりとして、美味しい一品♪
今では1年中、どこのパスティッチェリアでも見かけられるこのドルチェ、かつては、11月2日の「死者の日」(日本で言うお彼岸?)にお供えものとして食べられていたそうです。

私がかつて働いていたエリチェのパスティッチェリア Maria Gramatico(マリア グラマティコ)はこのフルッタ マルトラーナでイタリア中にも知られていますが、職人のその技は、、、超一級でした。彼らの隣に座って、教えてもらえたことをとても光栄に思っています♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-05-17 02:07 | シチリア:ドルチェ・パン
シチリアのドルチェ:Cassata Siciliana(カッサータ シチリアーナ)
f0101126_3312413.jpg
カンノーリと並んでシチリアのドルチェとして知られるのがこの「カッサータシチリアーナ」。写真を見ただけだと、かなりカラフルで「どんな味がするのだろ~、、、?」とお思いの方も多いと思います。見たことはあるけれど、、、という方も多いと思います。
カッサータ シチリアーナの構造は意外とシンプル。下から、、、スポンジケーキ→リコッタクリーム→スポンジケーキ。周りの緑の生地はマジパン。その上から全体にグラス(糖衣)がかかっています。そして、上に飾ってあるのはフルーツの砂糖漬け。
いや~、聞いているだけで甘そうですが、、、実際甘いです(笑)ただ、リコッタチーズに入っている砂糖の量がお店によって違うので、甘さ控え目(といっても甘いですが)のお店では美味しくいただくことができます。
もともと、パスクワのお菓子なのですが(そう言えば、「パスクワのドルチェ」の欄にも書いたような、、)、現在は1年中、パスティッチェリアにはあります。しかし、夏は暑さのため羊や牛の食べる草が枯れてしまい、美味しい草を食べることができないため、良質の乳が取れません。このため、夏のリコッタは味が落ちます。美味しいカッサータが食べたい!と思ったら、真夏ではなく秋~春先にかけてのリコッタの美味しい時期に味わってください♪

しかし、コレを食後に食べるシチリア人の胃はどうなっているのか、、、?
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-04-29 03:31 | シチリア:ドルチェ・パン