トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
Bellissimo S...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景

パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:トラーパニ観光( 5 )
夜も美しいトラーパニ
f0101126_1559368.jpg

ここ数日、暑い暑い日が続くトラーパニ。アフリカ大陸からの風、シロッコが吹き、気温がグングン上昇。日中は暑い暑いトラーパニも夜になると少し気温が落ち着きます。久しぶりの夜の散歩に出かけました。

夜は橙色の電灯が灯るトラーパニ。昼とは全く違う顔を見せます。チェントロストーリコ(メインストリート)にはバロック調の建物の間にポッカリと月が浮かんでいました。(写真上@Via Garibardi)

f0101126_15595612.jpg

(左)これは1500年代に作られたと言うトラーパニの城壁の一部。丸くなっているのは、海を渡ってやってくる敵を見張るため。トラーパニはかつて城壁に囲まれていた街だったそうですが、現在はほとんど残っていません。ここは、その昔(紀元前)フェニュキア人のお城があった場所と言われています。
(中)街の階段を利用して客席が作られています。
(右)23:00を過ぎた頃から、人が出てきます。一番上の写真と同じ通りのようですが、こちらはCorso Vittorio Emanuele。

f0101126_1602937.jpg

(左)今日は遅めの夜ゴハン、22:00。昔私が働いていたお店、Angelinoへ。
(中)ショーケースにはたくさんのお惣菜やターボラカルダが並んでいます。が、私達が注文したのは、、、、
(右)鶏胸肉のグリルとインサラータ(サラダ)。これ、イタリア人の典型的な夕食です。イタリア人は夕食にパスタをを食べるのを嫌います。昼→炭水化物、夜→たんぱく質、これが基本。

f0101126_1605554.jpg

(左)夕食後、港側に移動して散歩してみると、こちらにも月がぽっかり。
(中)Piazza Garibardiに鎮座する、ガリバルディ将軍。前には強さ、自由の象徴、ライオンが鎮座しています。
(右)更にチェントロストーリコに。月が2つ?ではありません(笑)いつも動いていない時計です。

7月のトラーパニはバカンス客も増えてとても活気があります。といっても混雑ぅ~、という程の混乱も無く、ノンビリと散歩が楽しめます。いつもは何の気なしに散歩しているトラーパニですが、こうして写真で見てみると夜も美しいですね、トラーパニの街。(地元ビイキ・笑)観光にいらした方、是非夜も散歩してくださいね。

<お知らせ>
時々、寄稿させていただいている「料理通信アンバサダーブログ」に、今日付けで「トラーパニの塩」について書いた記事がアップされています。古代塩の製法について説明してありますので、ご覧ください♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-07-14 16:01 | トラーパニ観光
トラーパニのマドンナがいる場所。
ようやく天気も安定して、暖かくなってきたトラーパニ。連日20度を越える陽気が続き、太陽の下は段々暑くなってきました。イタリアの家は石造りのため家の中は結構涼しく、今の季節は外の方が暖かいので、ここのところ時間を見つけては散歩に出ています。既に何百回と周ったトラーパニですが、ここ数年見ていなかったもの、それは「トラーパニのマドンナ」

シチリアはキリストの父である「Giuseppe(ジュゼッペ)」とキリストの母である「Maria(マリア)」に対する信仰がとても厚く、「Giuseppe」、「Maria」という名前を持つ人が圧倒的に多いところからも信仰の厚さが伺えます。トラーパニには「トラーパニのマドンナ」と呼ばれる大理石で聖母子像が新市街の「Santuario di Mria SS. Annunziata(アンヌンツィアータ聖所記念堂)」に奉られています。

記念堂までは、トラーパニ新市街のメインストリートであるVia Fardella(ヴィア ファルデッラ)をひたすらまっすぐ歩くこと約20分、左側に大きなベネトンが見えてきたら(Piazza Martini Ungheria)、右に斜めに入っていく道、Via Conte Pepoli(ヴィア コンテ ペポリ)に入ります。そのまま直進すること約10分、右手に見えてくるこんな建物、、、

f0101126_171022.jpg


これが、アンヌンツィアータ聖所記念堂。ちなみに、周りは公園のようになっているので遠くからは上の部分だけが見えます。

1315年~1332年の間にに写真の左部分の聖所が建てられましたが、1760年には全面改装されました。右側の塔の部分は1650年に建設。

f0101126_17265625.jpg



f0101126_17271745.jpg


内部はとってもシンプル。

f0101126_1729320.jpg

真っ白なのが印象的。

この聖所、これで終わりではありません。祭壇の左右にある通路から奥まで行ってみてください。すると、、、素晴らしいチャペルがあるのですっ!そして、、、

f0101126_17341030.jpg

トラーパニのマドンナはここにいます。

トラーパニのマドンナは何処から来たか、、、、ギリシャのキプロス島から1188年に着いた、、、と言われています。そして、トラーパニにたどり着いたマドンナはムスリム支配が終了した後、たくさんの奇跡(ミラクル)を起こした、、、と言われ、今でもトラパネーゼからは厚い信仰を受けているわけです。実際、聖所に入ってすぐのところには、いつも誰もいませんが、奥にいくと座りながらずっと祈りを捧げている信者がいつもいます。トラーパニのマドンナは、FerAgosot(フェルアゴスト)の翌日8月16日、年に1回のお散歩にでかけます。お神輿のようなものに担がれ、トラーパニの街を1周、練り歩きます。トラーパニのマドンナはとても穏かな顔をしていつも微笑んでいるんですよね。

聖所のとなりには、「州立ペポリ博物館」があります。ここには、トラーパニの伝統工芸である「珊瑚細工」が展示されています。元修道院だった場所でもあるので、内部の建築も興味深く、言ってみる価値ありです。ちょっと前までは、カラバッジョの絵が展示されていたのですが、既に終了してしまいました。博物館は9:00~13:30までしか開いていないでご注意を!

アンヌンツィアータ聖所までトラーパニ旧市街から歩いて約30分かかりますが、新市街にはお店が並び、聖所の近くにはキッチン道具屋さんがあったり陶器のお店があったり。Via Conte Pepoliには路上に野菜が並ぶマーケットやスーパーもたくさんあります。ショッピングをしながら散歩しながら聖所まで行く、というトラーパニの午前中の過ごし方もいいでしょう。時間に余裕のある方は是非行ってみてください。
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-04-16 17:29 | トラーパニ観光
わかりにくいトラーパニのインフォメーションの場所
トラーパニには春がやってきた??と思わせるくらいのポカポカ陽気♪ 昨日は太陽の下に温度計を置いてみたら、なんと30度を突破っ!(太陽の真下ですよ、真下。)日影部分は18度程度でした。(15:00)今日は、11:00くらいに、しつこく温度計を太陽の下に置いてみると、、、なんと、、、50度を越えていました(@_@;)温度計が壊れたのか??(午後に試してみたら、やっぱり35度には上がっていました、、、、)ちなみに、体感温度は20度程度でしょうか?(真夏のように暑いわけではありませんよ~。)

こんな天気の良い日は、お散歩へ!通常、朝はメールのチェックや返信から始まり、書類を作ったり、電話をしたり、、、と仕事をして過ぎていくのですが、今日は少し余裕があったためお散歩へ出かけました。家にいる間は、頭から仕事が離れないため、朝のお散歩は私のリフレッシュタイムでもあるのです♪

お散歩をしている途中に友人と会い、一緒にBarでColazione(朝ごはん)をした後、私は1人プラプラと散歩。メインストリートのある一角に、「Turisumo Infometion」(英語とイタリア語が混ざっていますが、、、)と書いてあるのを発見。あれ?インフォメーション、移るの??

そう言われて見れば、現在のトラーパニのインフォメーション、と~っても分かりにくい場所にあります。トラーパニのインフォメーションは1年前ほどに前の場所から引越しをしたのですが、地球の歩き方などの日本のガイドには、未だ昔の場所が載っているし、、、、。見つからないインフォメーションって意味がないような、、、(^_^;)

という事で、今日はインフォメーションの場所をご紹介します(笑)

まずは、トラーパニのメインストリートVia Trrearsa(ヴィア トッレアルサ)を港の方に直進。港に到着する20メートルほど手前にこんな光景が見えてきます。

f0101126_21422958.jpgf0101126_2143303.jpg
(左)まずこんな光景が見えます。この右側の大きな木が見えたら、もっと右に目をやると、、、。
(右)さらにこんな光景が。

インフォメーションは、上の右の写真の右端にある、白い建物。近づいてみると、、、。

f0101126_21472484.jpgf0101126_21473742.jpg
(左)あら、ステキな建物が、、、。
(右)そう、この建物がトラーパニのインフォメーションなのです。

やっぱり分かりにくいですよね、、、。

この建物、「Casina dell Palme(カジーナ デッレ パルメ)=椰子の木の小さな家」と呼ばれ、かつてトラーパニの有力人が集まって夏の夜を過ごした場所だそうです。1927年に建てられたこの建物、1900年代後半(つまり最近)まで、本当に使われていたそうです。2006年に修復され、現在のような姿に。

f0101126_21593966.jpgf0101126_21595772.jpg
(左)中には小さな劇場もあります。ここでコンサートや劇なんかが行なわれていたそうです。
(右)これがインフォメーションのある建物。

f0101126_2221061.jpg(←左)近づいてみると、建物の上部は凝った細工がしてあります。とてもカワイイ建物なのです♪

今日、新しく発見したインフォメーション(?)は、同じくVia Trrearsa沿いにあるのですが、もっと分かりやすい場所。考えてみたら、今の前にあったインフォメーションもとても分かりにくい場所だったのですよね、、、。

トラーパニの街は非常にキレイに修復されていて、特別な見所があるわけではないのですが、とても快適な街。その上、夏にはファビニャーナ島、マレッティモ島、レヴァンツォ島などの海のリゾートの船の発着地でもあり、その他、セジェスタのギリシャ遺跡、マルサラワイン、塩田、モツィア島の自然保護区などなど、、、西シチリアの観光の拠点としては、最適な場所。

しかし、、、当のトラーパニ観光局は、イマイチ宣伝活動に興味なし。以前、お客様のために地図を20部ほどもらいにインフォメーションに行ったら、

「そんなに在庫が無いわよ。まとまった数が欲しければ、観光局本局に行って頂戴。」

との返答。え~~~、地図の在庫が少ないインフォメーションって、、、(@_@;) 確かに季節は冬だったんですけどね、、、、。

もっともあまり人が多くなくって落ち着いたところが気に入ってこの街に住み着いたので、観光客であふれる(そんなことは有り得ないと思いますが、、、)ようになっても困るのですが(笑)

インフォメーション、夏に向けて引越しをしたら、又、このブログでお知らせします。
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-02-26 21:39 | トラーパニ観光
トラーパニの新しい海岸
f0101126_17304329.jpg


トラーパニの街中に新しい海岸が出没しました。

先日いらしていたお客様とトラーパニを散策中、「あれ?なんか、前と様相が違うな、、、」と思っていた港と反対側の海。と思ったら、新たな海岸となっていました!

旧魚市場があった場所(メインストリートのVia Torrearsaを港とは反対側に直進した突き当たりの海)から、海岸へは階段で下りれるようになっていました。上の写真を見ても分かるように、海岸は本当に通りに面して出来ています。右側の石の上はスグに道路です。そういえば、去年の冬辺りから、ずっと海の中に石を積み上げていたんです。何をしているのかな~、、、とずっと思っていましたが、”波除け”を作っていたんですね。現在はまだ日焼けが出来るような気候ではないのですが、トラーパニ市民が散歩をしていました。

f0101126_17365567.jpg


高校をサボっている高校生でしょうか?(笑)海を見ながら愛を囁いていました。(本当ですよ)女の子の腰についているスクーターのヘルメットがかわいらしい~♪ 左側に見える壁は、"Muro di Trapani(トラーパニの壁)"と呼ばれ、1800年代から残っている壁だそうです。トラーパニはかつて、城壁で囲まれていたそうです。次から次へと現れる外敵から街を守る為、街を囲むように城壁があったそうです。今ではそんな面影も無く、壁もほとんど残っていませんが、左側の壁は貴重な昔の壁の一部。

f0101126_17423892.jpg

こちらは、海岸を逆(?)からみた図。左側に丸く見えているのが、階段がある海岸の入り口。こうやってみるとトラーパニって本当に半島っぽいですね。先日言っていたトラーパニに見える2つのクーポラ、見えますか?探してみてください(笑)

トラーパニの海岸は、街からは少し離れた場所にあって、街に宿泊しながら海水浴をするのはちょっと難しかったのですが、今年の夏からは街に宿泊しながらでもここで海水浴が出来そうです。

さて、シチリアに戻ってきて以来、ず~~っとバタバタしていて、オマケにインフルエンザにかかり(1ヶ月も治りませんでした 涙)、、、、。今週になってようやく時間が出来て、思いっきり寝たら体調も復活っ!さて、今日も天気が良いので、カメラを持って街散策に行って来ようかな!
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-02-21 17:33 | トラーパニ観光
気になるクーポラ
トラーパニを遠くから見ると、大きなクーポラが2つ見えます。一つはカテドラーレ(街で一番重要な教会)のクーポラ。はて、もう一つは?

f0101126_23452271.jpg


もう一つは、Chiesa di Sanfrancesco d'Assisi(サンフランチェスコ ダッシジ教会)のクーポラ、とここまでは私も知っていたのですが、この教会、入り口もとても分かりにくい場所にあり、尚且ついつも閉まっている為、トラーパニに来てからの2年半、入ったことがありませんでした。先日、お客様と一緒にトラーパニの街を散策中、この教会がどうしても気になり、周りをウロウロとしてみました。すると、、、なんと、入り口が開いているではありませんかっ!

早速中に入ってみました。

f0101126_23481487.jpg


中はとってもシンプル。床の大理石の市松模様が真っ白の壁のアクセントとなっています。朝の教会はもクーポラの部分から光が入ってくるように設計されている為、優しい太陽光が入ってきます。

なんてことのないシンプルな教会ですが、どっしりとした落ち着いた感じが気に入りました。

イタリアには小さな街にも何気なくステキな教会があるのが街を散策していても楽しいところ。そういえば、トラーパニにはたくさんの教会があるのですが、まだちゃんと教会巡りをしたことがないような気も、、、。時間があるときに、街中の教会を制覇してみようかな。
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-02-14 23:43 | トラーパニ観光