トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景
パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:シチリア:野菜・果物( 38 )
コブシより大きい巨大レモン、チェードロ!
f0101126_16415958.jpg

昨日、仕事で行ったパレルモの街で↑こんなものを屋台で売っていました。
f0101126_16424763.jpg

でっかいレモンね~~~!という感じですが、これは「レモン」じゃなくて「チェードロ」。シチリアではサラダにして食べたり、食後にフルーツのようにして食べます。酸味はレモンより少なく、白い皮の部分が多いのが特徴。面白いのは実の部分よりも、この皮の部分を好む人が多いところ。

そして隣にもっそりおいてあったのがこちら。↓
f0101126_16484247.jpg

春~初夏にかけて出てくる細い細いアスパラガス!これ、リゾットやフリッタータにして食べるのですが、これまた極美味。↓のチコリアにせよ、細いアスパラガスにせよ、春の訪れを感じさせる野菜達。あ~~~、春ですね~~~♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2010-03-05 16:50 | シチリア:野菜・果物
春の大地の恵み
ドミンゴ家ネタの続きです。

↓ドミンゴパパが畑を耕す前に毎回すること、それは「野草摘み」

パパの畑には、種を植えて育てる野菜以外に、たくさんの野生の食べれる草=野草が生えています。畑を耕すと、この食べれる野草達も引っこ抜いてしまう為、その前に収穫します。日曜日、私は用事があってランチ終了後、ドミンゴ家を後にしたのですが、その日の夜にC氏が手にいっぱいの袋を抱えて帰ってきました。それがこれ。↓
f0101126_0412297.jpg


パパが摘んでおいてくれた野草、これは「チコリア」と呼ばれています。既に、土もきれいに掃除されて食べれるところのみでしたが、袋から出して見るとてんこ盛り(笑)ちなみに後ろにあるオレンジもカラーも大量に届きました。(写真に写っているのはほんの一部です。。。)

f0101126_0342046.jpg
さて、この野草達、いつも面白いな~、と思うのがマンマの掃除の仕方。

右の写真をご覧下さい。→

摘んだ時はこの長さの倍くらいあるんです。そして、先っぽをバッサリ!と切り落とします。日本では葉野菜は「葉」を食べるものですが、マンマは「茎や根に近い方が甘みが多くて美味しいのよ」と言います。そして、「先端の方は最初に生えてきたところだから、もう古いのよ。」と。確かに、、、。マンマはチコリアだけではなく、ホウレンソウもこうやって先っぽのほうの古い部分をバッサリ。最初は驚いた私ですが、確かにマンマの言う事に一理あり。根っこに近い部分は確かに甘みが強く、とっても美味しいんです。特に畑のホウレン草。ピンクの部分の根っこ近辺、え!?と驚くほど甘いんですよ。

さて、このチコリア、苦味が強いのでたっぷりのお湯で10分ほど下茹でするのですが、、、下茹でした時点でまだ大きなボウルに入り切らないくらいありました(汗)さて、これをどうやって平らげるか(笑)

■月曜日のランチ → たっぷりのチコリアとサルシッチャ、そしてマンマの自家製トマトソースでパスタ
■月曜日の夜 → たっぷ~~~り!のチコリアにジャガイモと玉ねぎを入れて野菜スープに
■火曜日のランチ → たっぷりのチコリアとサルシッチャ、そして白ワインもたっぷり入れたリゾット+あまった茹でチコリアはそのままオリーブオイルをたっぷりかけて。

ふぅ。3食連続で2人でたっぷ~りのチコリアを楽しみました~~~。本当に大量でした。(やっと終わった~~~・苦笑)

畑の野草達は味も濃く、それだけで本当に美味しく頂くことができます。春のシチリアは野草の季節。これからしばらくの間、色々な野草を食べるのが楽しみです♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2010-03-03 00:38 | シチリア:野菜・果物
ラディッキオを食べる
今日、とっても嬉しい事がありました038.gif

順調そうに進んでいる引越しですが、、、やっぱりここはイタリア(苦笑)家具がまだ全部届いていない、、、以外に様々な事が起きています。その中のひとつがインターネット。ケーブル接続は順調なのですが、Wi-Fi接続が最初の2日はうまく行ったのに、その後からプッツリ途絶えて早1週間ちょっと、、、。我が家にはパソコン3台+iPhoneeがあるため、さすがに全部ケーブルで繋ぐのは厳しいし、iPhoneはケーブルじゃ繋げないし、、、(涙)

諦め気味だった私とは対照的にヤッキになっていたのがC氏。朝、昼、夜、とヴォーダフォンのコールセンターに電話をかけています。(ちなみに、夜中の0:00までやっているんですよー・驚)

が。

毎回言われるのは、「回線を全部引っこ抜いて、リセットボタンを押して、パソコンを再起動して、、、」って、そんなこと100回くらいやったワイ!!昨日は、こっちがキレたら、「ブチッ」という音と共に電話もキレました、、、047.gif 電話を切られた私は怒り大爆発!!!!031.gif

と、ま~、こんな事が続いていたこの1週間でしたが、今日めでたく解決しました~~~~038.gif あ~、これで毎日キレなくて済むわ(笑)



f0101126_0245932.jpg題名と大きく話はそれましたが、今日のランチのお題は「ラディッキオ」でした。ラディッキオと言えば、北の冬の食材。シチリアの冬食材と言えば、、、カルチョーフィ、フィノッキオ、ブロッコリー。新鮮な野菜が並ぶシチリア、そして地元でとれた野菜が並ぶのがシチリアの市場のいいところですが、さすがに食べ飽きるわな(苦笑)今日は、「たまにはカレーもねー」という勢いでラディッキオを購入した私でした。

本当は「Radicchio di Treviso」、トレヴィーソのラディッキオという(→写真参照、よく見えないわ~、というかたはココをクリック!)クルクル先っぽが丸いラディッキオが欲しかったのだけれど、ここシチリアで手に入るわけもないので、普通のラディッキオを買ってきました。

で、買ってきてから何を作るかを考える私(笑)

で、作ったのがこちら。↓


f0101126_0404699.jpg

ラディッキオのリゾットとラディッキオのオーブン焼き。いずれも簡単美味しい!の一品です。

リゾットは、みじん切りにしたたまねぎと千切りにしたラディッキオをオリーブオイルで炒め、しんなりしたらお米を投入。で、野菜のブロードを適宜足しながらお米を仕上げます。最後にパルミジャーノ レッジャーノをドサッ!(←ここがポイント!)と入れて出来上がり~。本場(トレビーゾ?)では、ワインを入れたり、バターを入れたりするらしいですが、私はさっぱりと仕上げたいため、余計なものはナシ。シンプル イズ ザ ベスト、です。

オーブン焼きは、ラディッキオを縦4等分にしてフライパンで10分ほど炒め、オーブン皿に入れて、上に生ハム、モッツァレッラ、パルミジャーノ レッジャーノを乗せてオーブンで20分ほど、焦げ目が付くまで焼きます。

ラディッキオって特有の苦味が美味しいのですが、チーズ類と良く合うんですよね。リゾットもオーブン焼きも結構な量を作ってしまったので、あまったら夜にでも食べるか~、、、と思っていたのですが、2人で完食。食べすぎか?でも野菜だからいっかー。

今日は嵐のように雨&風がやってきたトラーパニですが、問題も解決したし、美味しいものも食べたし、、、夜はゆくり寝れそうです(笑)
[PR]
by sicilia_trapani | 2010-02-11 00:12 | シチリア:野菜・果物
タワワに実る「棗椰子の実」
f0101126_20443771.jpg
クリスマスから続くフェスタフェスタ、、、、!に疲れてしまった2010年のお正月。元旦はドミンゴ家での大パーティーに参加したものの、2日目は家でゴソゴソと片付け。3日目は天気も良かったので久しぶりのサンビート ロ カーポにお散歩に行きました。海岸線を散歩していると見慣れた椰子の木にはタワワに実が成っていました。

「あ~すごいね~、棗椰子の実。」

と、C氏。

「どこ?棗椰子の実。」(私)
「え?見えないの?あの大量の実が、、、、。」(C氏)

考えてみれば、、、「棗椰子の実」って、言葉通り、「棗椰子」「実」な訳ですよね(汗)「棗椰子」という椰子の木になる「実」、、、、イタリア語では「dattero(ダッテロ)」と一言なせいか、私の中では日本語も「ナツメヤシノミ」とあたかも続いている一言、のような感覚でした(苦笑)普段目にする「棗椰子の実」は乾燥されているため色ももっと黒く、あまりに色が違っていたため、何度も見ていたこの風景ですがこれが「棗椰子の実だ」とは、考えてみた事もなかったんですよね、、、。灯台下暗し。

f0101126_2045329.jpg

接近してみると、見慣れた乾燥した細長い「棗椰子の実」の形をしていています。(当たり前か)

それにしても見事な青空だったこの日。暖かい冬が続くシチリアです。
[PR]
by sicilia_trapani | 2010-01-07 20:47 | シチリア:野菜・果物
今年もこんな季節になりました。
f0101126_3454293.jpg

家の庭から今年もこんな風景が見られるようになりました。

今年の春だったか。
あまりにボウボウに雑草が生えている家の庭の手入れを大家に頼んだところ、タワワになる無農薬のオレンジの木もバッサリ!と伐採されてしまった。。。あの時は、

「あぁ~、、、あの新兵器を使ってのオレンジの収穫が出来ないんだ、、、」

と涙したのですが、その後、グングンと背を伸ばしたオレンジの木は、今年も何個か手の届きそうなところに実をつけたのでした!

まだまだスタージュ生活をしていた2006年3月に引っ越してきたこの家ですが、2009年12月を持って引越しをすることとなりました。もう4年近くも経つのですね、この家に引っ越してきてから。この家に宿泊されたお客様の数も数えきれないくらいいらっしゃり、色々な想い出が残るこの家ですが、次のステップアップ!として引っ越すこととなりました♪

12月末までに庭の収穫できそうなオレンジを収穫して、あとは、、、、ドミンゴ家にいって捥いできます。ちなみに、この新兵器は、この家に置いていくつもりです。(笑)
[PR]
by sicilia_trapani | 2009-11-06 03:48 | シチリア:野菜・果物
毎年同じ時期に、同じ事を、同じ風景を見て、、、、
f0101126_1475757.jpg

毎エントリーに、暑~い!暑~い!と書いていますが、今日は若干暑さが和らいだ気がします。気のせい?(それでも暑いですけどね~)

8月15日のFerragostoを超えると、なんとなく太陽の陽射しの色が変わってくる、、、と思うのは私だけでしょうか?6月下旬から8月中旬までのギラギラした太陽の陽射しは透明で、空も海もスコーーーーーン!と青く抜けたような色。それが8月15日を過ぎるとなんとな~く、どことな~く、夕陽のようなオレンジっぽい陽射しに変わってくる気がします。こんな陽射しになってきてから少し経つと、日が暮れるのも早くなってきて、夏の終わりを感じるのです。とは言っても日中はやっぱり暑いシチリア。9月いっぱいは海水浴も楽しめるので、9月の旅行に来る方は水着をお忘れなく!

さて、もう1つ夏の終わりを感じさせる風景、それが「フィーキ ディ インディア」。(↑上の写真)「インドのいちぢく」という名のこの果物、はサボテンの実。上の方に丸く付いている実をシチリアでは食べます。ちなみに、日本語ではこのサボテン、「うちわサボテン」というらしいです。夏も中盤を過ぎるくらいから段々色が赤くなってきて、夏の終わりくらいになると市場に並びはじめます。今日行った海の裏にはこんなにご立派なフィーキ ディ インディアが連なっていて、赤くなってくると、あ~一番の暑さは越したかな~、、、と毎年思うのでした。

イタリアに来てから、自然を観察するようになったのか、自然と一緒に暮らしているせいか、風物詩のように毎年同じ時期に同じ事を同じ風景を見ながらおもうのですよね。こういう小さな気づき、大切にしていきたいものです。
[PR]
by sicilia_trapani | 2009-08-19 01:30 | シチリア:野菜・果物
グレープフルーツの食べ方
f0101126_22461415.jpg

先日スーパーでふっ、と気になったもの、グレープフルーツ。そういえばイタリアに来てからずいぶん食べていない気がするなぁ~、、、。一見するとオレンジにも見えたグレープフルーツ、値札には「Pompelmo rosso」、”ルビーグレープフルーツ”と。ジーーーっと見ていたら、あちらからもジーーーっと見つめられている気がしたので家に連れて帰りました(笑)窓際に置いてみるとコロンとした形がとても可愛く。日本で買っていたグレープフルーツってもっと平べったい感じがしたんんだけれど?(既に遠い記憶になってしまいました、、、)

さて、グレープフルーツ、皆さんどうやって食べます?
f0101126_225255.jpg

我が家では、横半分に切り、皮と実の間に包丁でササっと切り目を入れて、グレープフルーツ用スプーンですくって食べていました。って、、、、あの先っちょが3又に分かれてグレープフルーツをほじくりだすためのスプーン、、、あれってまだあるのかしら?ここイタリアではまず見たことはないけれど、そう言われてみれば日本でも最近見たことないかも?

今回は普通のスプーンで食べたので、ピッ!ピッ!と汁がはねていました(笑)2日連続でワイシャツとネクタイを汚してしまったC氏、、、あ~、かわいそう。

考えてみたら、縦8等分くらいにして食べた方が食べやすい?とか、いっそのことキレイに剥いてしまって他のフルーツとマチェドニアに?とか、色々考えてみたのですが、やっぱりピッ!ピッ!と、飛ばしてでもスプーンですくいたい私でした。汁が飛ばない方法があれば、嬉しいのですけどね(笑)
[PR]
by sicilia_trapani | 2009-04-30 22:57 | シチリア:野菜・果物
アスパラガスとファッロのズッパ
今日は道も空いているし、いつも近くにたむろっている高校生もいないし(うちの近くには高校があります)、、、おかしいな、、、と思ったら、今週末はパスクワ(復活祭)!!今日、木曜日から休暇に入る人が多いんです、、、。このブログでも毎年紹介しているように、トラーパニでは盛大なパレードが行われ、荘厳な雰囲気が漂うこの時期の街は私も大好きなのですが、今年は来週半ばまでに仕上げねばならない仕事があって、ゆっくり見ている時間もなさそうです。

f0101126_22353457.jpg

さて、ここのところご無沙汰していたドミンゴ家ですが、先日、平日昼間にお邪魔してきました。ひひひ、詳しいことは書けませんが”来週半ばまでの仕事”、実はマンマにも協力してもらっているのです。夕方帰りがけに

新玉ねぎいる~?」と聞かれ、もちろん

「いるいる!」。

いつかにも書いた気がしますが、最近はシチリアとは言えどもやっぱり出所がわからない野菜はちょっと避けたいところ。作った人の顔が見える生産物を入手するよう心がけています。「野菜、高いのよね~、最近。」という私の言葉に、「じゃー、畑のチコリア、持って行ったら?」と、嬉しいご提案♪ 現在、ドミンゴ家の畑にはチコリアと呼ばれる野生の青菜がジャンジャン生えています。春はチコリア、フィノッキエット(野生のフィノッキオ)を始め食べられる野草が沢山あり、嬉しい季節でもあるんです。ほうれん草畑の近くに沢山生えているチコリアと、ついでに成長しているのに柔らかいほうれん草、たっぷりと頂いてきました(嬉)その横でパパがなにやらポキ、ポキ。

「これいる~?」

と差し出した手にはアスパラガスが!と言っても、冬の数ヶ月を除いて1年中アスパラガスが生えているドミンゴ家では珍しいものでもなく(笑)数年前に適当に植えてみたところ、毎年毎年同じところからニョキニョキ生えてくるそうです。今回いただいてきたものは結構成長していますが、まだまだ細~い間に収穫して茹でて食べると本当に美味しいのですよ~♪

f0101126_22425617.jpg


今日のランチは、アスパラガスと新玉ねぎをファッロという古代スペルト小麦と一緒に煮込んで食べました。仕上げには、パルミッジャーノをたっぷりと、美味しいシチリアのオリーブオイルをグルリと回しかけ、、、美味美味(幸)ダシは何も入れていませんがアスパラガスと新玉ねぎが適当に溶けていい味を出していました。ファッロは繊維質が多く、体にも優しいと言われています。プチプチした食感が面白くって、じっくり煮込む時間があるときに好んで食べています。

あ、そういえば今日は聖木曜日!キリストの最後の晩餐が行われた復活祭前の木曜日、教会にはお花できれいに飾られた「キリストの聖体安置所」が作られます。私も夜に見に行ってきます。
[PR]
by sicilia_trapani | 2009-04-09 22:44 | シチリア:野菜・果物
ホウレンソウは茹でちゃダメヨ!
土曜日にドミンゴ家にランチを食べに行ったときのこと、

「そういえば、先週のホウレンソウ、どうやって食べたの?」

と、マンマに聞かれました。

「えーっと、半分は茹でてトマトソースと軽く煮て、、、後の半分はペーストにしてリコッタチーズに混ぜてラザーニャ2台作ったよ。超美味しかった~。」

「畑のとれたてホウレンソウは茹でちゃダメヨ~。」

とマンマ。

季節のサイクルにしっかりと従って作っているドミンゴパパの野菜。今が旬のこの時期のホウレンソウは水分をたっぷり含むため、水を入れなくても蒸し煮にすることができると。水で茹でると「甘みと旨み」が逃げちゃうとのこと。で、通常、マンマが作る「ホウレンソウの軽い煮込み」の作り方を教えてもらったのでした。

日曜日、ネット環境でやりたいことがあったため家に残った私。夜に戻ってきたC氏、なにやら手に小さなビニール袋が。

「これマンマから。このホウレンソウで、昨日教えた「蒸し煮込み」を試してみろ、ってさー。」

うぉぉぉぉぉ~!ありがとう!!どうしてもこの時期のとれたてホウレンソウで試してみたかったのです~。ウッシッシ♪

さて、今朝。小さな袋、紐ほどいてみると、、、、

f0101126_16473219.jpg


じゃんっ!小さな袋のなかに、ギューギューに詰まっていたホウレンソウ。先週とまではいきませんでしたが、今週も相当量ありまっせー。パパのホウレンソウ、一株はまだまだ小さくそして柔らかく、、、今が一番美味しい時期です。さて、今日のランチ、早速ためしてみま~す!(美味しそうなものはすぐに食べてしまう修正があり、、、、写真は期待しないでください・笑)でも、全部はきっと食べられないので、、、今回は茹でて少し冷凍しようかなー。あっ!茹でちゃダメなんだった(笑)

ホウレンソウって、本当に色々な食べ方がありますよね~。皆さんは、どうやって食べるのがお好きですか?
[PR]
by sicilia_trapani | 2009-01-26 16:49 | シチリア:野菜・果物
オレンジの収穫が始まりました!
f0101126_18283942.jpg

冬のシチリアの旬といえば、、、「オレンジ」!!

去年のブログ、記憶にある方も多いかと思いますが、、、、私の家の庭にはオレンジの木があります。が、私は庭の鍵を持っていないため、オレンジを収穫することは出来なかったのです(涙)が!去年、C氏が作った「mano ladra(泥棒の手)」で、見事に収穫に成功した訳です!

さて、今年も段々とオレンジが色付き始め、、、いよいよ、収穫が開始です!!

去年から大切に(笑)とっておいたmano ladra、奥の部屋から取り出しベランダに出動。引っ掛けてみたところ、、、ん?ん?なかなか木から離れませ~~ん!まだまだ熟していない為、なかなか木から離れないのです。(泣)そこでC氏登場。

「ナイフとガムテープ持ってきて。」

ん?

そして、数分後、収穫に成功!

f0101126_23462111.jpg


そう、ナイフを固定して引っ張ると、枝が切れる、という単純な仕組み。

f0101126_23475494.jpg


枝の部分を見ると、ナイフできちんと切られています。

オホホホホ~~~!今日は6個収穫しました★ これからシチリアはオレンジの季節です♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-11-20 23:49 | シチリア:野菜・果物