トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景
パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
野生の野菜達:Gila e Cicoria
f0101126_3394329.jpg
我が家の近所に週に何回か野菜を売りにくるおじいさんがいます。しかも路上。屋台とかではなく、とあるアパルタメントの入り口の階段にビニール袋に3種類くらいの野菜を入れて、じーーーーっと座っているのです。ずっと気になっていたのですが、なかなか食べるチャンスがなかったのですが、ついに先日おじいさんに声をかけてみました。

私「この野菜、どこから取ってきているの?」
爺「カンパーニャだよ。朝行って採ってくるんだ。」
私「んじゃ、これ、野生なの??」
爺「そうだよ。うまいから食ってみなよ。」

この日に売っていたのは3種。Gila(ジーラ)、Cicoria(チコーリア)、Finocchio(フィノッキオ)。ん?Gila??聞いたことないな~。


私「Gilaってなに??」
爺「ん~、、、なんだろ?とにかく野生の野菜だよ。カンパーニャにはたくさんあるよ」

ん~、食べてみたい!ということで、私はGilaとCicoriaを購入。ちなみに写真左側、葉が星型のがGila。

さっそくランチに食べてみました♪ 今日はシンプルに茹で野菜。ナベにお湯を沸かし、たっぷりの塩を入れます。そこに洗った葉を歩チャン。イタリア人は野菜はクタクタにゆでます。私も、イタリアで食べる野菜はなぜかクタクタが好き(●^o^●)日本で食べるときはシャキシャキが好きなんですけどね、、、なんでだろ?クタクタに茹でたら、軽く水気を切ってそこにオイルとレモン!ん~、ホロ苦さがたまらないっすぅぅぅぅ~♪さすが野生の野菜。味は濃くワイルド。繊細、という言葉があまりに似合わない、力強い野菜でした。

おじいちゃんは火曜日と金曜日のみにやってくるそう。これからは毎回買ってしまいそうだ、、、、。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-03-30 03:40 | シチリア:野菜・果物
パレルモのメルカート
f0101126_6521627.jpg
今日はパレルモのメルカートに行ってきました。
パレルモにはメルカートは3つあります。
サンドメニコ教会の脇の道を入っていったところにある、Mercato Vucciria(ウッチリア)、駅から一番近い巨大な市場、Mercato Ballaro(バッラロ)、そしてマッシモ劇場裏にあるMercato Capo(カポ)
今日行ってきたのは、ウッチリア。入り口には香辛料をあつかうスパイスやがあり、小分けされてビニール袋に入ったスパイスが所狭しと並んでいます。パレルモには港が古くからあるため、外国からの香辛料の伝来は古くから盛んでした。お店の前は色々な香辛料の香りが混ざった、なんとも言えない特有の香りが、、、。(なんとなくアラブを彷彿させる香りでした、個人的には、、、)
そして、その奥につづくのは、シチリアの太陽を浴びて育った野菜やフルーツ達!!色鮮やかで元気な野菜やフルーツが並びます。

f0101126_6531397.jpg


山積みになったカルチョーフィ!!


f0101126_6534988.jpg


春の味覚、ソラマメ!!シチリアでは取れたてのソラマメを生食したりもします。



市場を突き進むとやがて小さな広場に突き当たります。現在は季節外れなせいか、ここは閑散としていました、、、、。そんな閑散とした広場の一角でただひとつの屋台がPane con Mirza(パーネ コン ミルツァ)!シチリア弁では、パーネ・カ・メウサと呼びます。仔牛の脾臓をパンにはさんだパニーノ。食べる前にレモンを一絞り。ん~、うまい!!!この市場に行ったら是非お試しを!!(写真がないのは、、、ここにたどり着く前にカメラを地面に落とし、、、液晶が半分写らなくなってしまったのです(涙)しかし、何時間後かに急に液晶は全画面表示になり、、、復活!!次回パレルモ行ったときに撮って来ます。)
この先にはさらに細い道が続き、、、いくつかのお店が続きますが、やがて大通りに突き当たり終了。この細い道にはスナック屋さんがあり、ここではパレルモ風スナックが味わうことができます。

かつてはものすごい賑わいを見せていた、、、というこの市場も、現在は観光名所のようになってしまい、地元の人たちは少なくなってきたとのこと。なんだか残念な気持ちに、、、。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-03-28 06:54 | シチリア:メルカート
夏時間になりました
f0101126_32037.jpg
イタリアは3月26日の午前2時、夏時間になりました。

なぜだかは分かりませんが、26日、午前2時が夏時間の変わり目だそうです。つまり、午前2時→午前3時、となります。なので、昨晩は1時間睡眠時間が減りました(笑)
今まで8時間だった日本との時差も7時間になります。
さて、夕方、空を見てみるとなんとすごくきれいな色!カメラをもって早速外に出ました。午後7時半。近くの椰子の木があるPiazza(ピアッツァ)からはバイオレット色の空が見えました。(ちなみに写真は色の修正など、一切していません。)そして、Piazzaには今までの日曜日よりも多くの人達が、ベンチに座りながらおしゃべりをしていました。みんな、なんとなく春を感じているのでしょうね。ちなみに今日は午後8時まで明るかったです。夏時間になった日に、突然春がやってきた感じです。気分もウキウキ♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-03-27 03:20 | シチリア日記
最高の贈り物!!自家製オリーブオイルと自家製トマトソース。
f0101126_282367.jpg
下の記事と同日のお話です。

マンマに「スタージュ終わったんだよ~」と言ったときのこと。
「あらそ~、じゃ、時間がたくさんあるわね。家で料理するの?するならこっちにおいで。」
といって連れて行ってくれたのが、、、自家製オリーブでつくったオリーブオイルが保存されている蔵。「今日ボトル一本あげるわ。あ、あとトマトソースもいる??」と、、、。皆さん、記憶にあるでしょうか?去年の夏、トマトソースをビン詰めしている光景を、、、。そして、オリーブ摘みをしたときの私の興奮振りを、、、(笑)そう、このオリーブオイルとトマトソースはそのときのものなのです!!
スタージュ中はあんまり時間がなかったため、自炊することは稀。確かにいただいても使うチャンスが少なかったのですが、仕事が終わった今、毎日でも料理を作りたい、と思っていた矢先の出来事。本当にうれしぃぃぃぃ~!!!友人に「宝物もらっちゃった(●^o^●)」というと、「ずいぶん簡単なもので喜ぶんだね、、、(^_^;)」と、不思議そうな顔。そりゃそうです、地元の人にしてみれば普通のことでも、私からしてみれば自分で摘んたオリーブで作ったオリーブオイルなんて味わうチャンス、日本ではほとんどありえませんから、、、、。
オリーブオイルはでっかい陶器のカメに入っていました。なんでもマンマの姑の代から使われているものだそうです。そこからペットボトルに移して、、、、。黄金色に輝くオリーブオイルからはとてつもなくいい香り♪トマトソースはもともとビン詰めしてあったものを、ザックザック紙袋に、、、。大小あわせて8本くれました。
マンマ~~~、本当にありがとう!!!(●^o^●)美味しく食べるからね~~~!!!
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-03-27 02:14 | シチリア:食全般
畑を始めました
f0101126_2041835.jpg
イタリア留学日記からご愛読いただいている方にはおなじみの「友人宅」。とりあえず、初めてご覧になる方の為に、ちょっと説明を。
私のトラーパニでの強い見方、カルロくんの実家はトラーパニから少し離れた小さな街、Fulgatore(フルガトーレ)、カンパーニャにあります。(ちなみに本人ははトラーパニで暮らしています) カルロくんの実家には畑があり、ここではたくさんの季節の野菜や果物が育っているのです。私はちょこちょこ連れて行ってもらって、野菜の成長を観察しています。

さて、昨日も行ってきました、カルロくんの実家。そして、ついに、、、、自分の畑を開始したのです!!実家の畑の一画、小さな土地を貸してもらえるとのこと。畑は初心者のため、まずは「ルーコラ」と「バジル」と簡単なもの。毎日は私が面倒を見ることができないのですが、マンマとパパは、
「僕達がしっかりみておいてあげるからね~」
と。
でも、やっぱり自分でも毎日成長を見守りたいわ~、と思うのですが、私の家にはには庭がないため、後日プランターで栽培を開始する予定です。

まず種を蒔く前に、畑を耕します。クワでセッセカ、セッセカ、、、、とパパがあっという間に耕してしまいました(^_^;)耕しながら、土の中にある石やゴミを取り、ついに種まきです!どこに何を蒔いたか分からなくならないように、バジルを蒔いたほうには木を切って棒みたいにしてを立てました。最後に水をたっぷ~~りあげます。この後、冬季はビニールなどをかぶせて保温をしてあげるそうですが、現在は必要なしとのこと。
「2週間くらいで芽がでるはずだよ」
とのこと。ん~楽しみ!!!!

f0101126_2044722.jpgこの日、畑で新しいものを発見しました。たしか先週はなかったような気がするけれど、、、というか多分小さすぎてわからなかったのかも。これは「ジャガイモ」。去年の12月ごろに、ジャガイモを土の中にたくさん埋めたそうです。そのジャガイモが冬眠から覚め、芽が出てきたのです。収穫は6月ごろだそうです。たくさんできることを祈りましょう!土の中からゴロゴロとでてくるジャガイモ、、、想像しただけでステキだわ~♪ って、自分の畑じゃないっつ~の(^_^;)
とにかく、自分の畑も実家の畑も両方、たくさん収穫できますように、、、。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-03-26 20:05 | シチリア:ドミンゴ家の畑
イタリア料理留学日記から引越してきました。
f0101126_735187.jpg
皆さん、こんにちわ。

イタリア料理留学日記から引っ越してきました。

初めてこのブログをご覧になる方の為に、簡単に私のプロフィールを、、、。

2004年9月、シチリアのお菓子を勉強するためにイタリアに渡ってきました。マルケ州にあるスローフードマスタークッキングにて3ヶ月間、イタリア郷土料理、オリーブオイル、ワインの基礎知識や食材の基礎知識を学んだ後、スタージュに出発!

■シチリア、モディカ、「Dolceria Bonajuto(ドルチェリア ボナユート)」でモディカ菓子とモディカチョコレートを学ぶ

■シチリア、トラーパニ、「Pasticceria & Bar Angelino(パスティッチェリア&バール アンジェリーノ)」で、パレルモ風のターボラカルダと料理を学ぶ

■シチリア、エリチェ、「Pasticceria MariaGrammatico(パスティッチェリア マリアグラマティコ)」にて、アーモンド菓子を中心にエリチェに伝わる伝統菓子を学ぶ

と、2005年1月にモディカでスタージュを開始し、ずっとシチリアでお菓子や料理の勉強をしてきました。私の専門はシチリア菓子。ですが、シチリア菓子だけではなく、シチリアの食文化を中心に研究中です。現在は、シチリア最西端の街、トラーパニ在住。

日本では何をしていたかって?かれこれ食の仕事に携わってから、10年以上が経ちました。
詳しくはこちらを参照。

スタージュは終わったものの、働いている最中見逃していたものがたくさん残っています。特に見逃していたのは「季節感」。スタージュの合間にバカンスはあったものの、スタージュ期間中は意外と忙しいので、街を歩いたり田舎を散策したりする時間があまりありませんでした。なので、まだまだここトラーパニに残り、じっくりと研究をしていく予定です。いつまで残るかって?ん~、、分かりません(^_^;) 今年いっぱいは確実、できれば来年も、できれば再来年も、、、できれば永住?

このブログでは、シチリアの食の事を中心に、トラーパニでの生活の様子をご紹介していきたいと思っていますので、イタリア料理留学日記同様、末永くよろしくお願いいたします♪

*****追記******

自分では明確に書いているようなのですが、どうも「このスタージュが終わり、完全に日本に戻ってしまう」と勘違いされる方が多いいようなのですが、、、

私のシチリア滞在はまだまだ終わりません!

5月には一時帰国をするものの、6月にはまたシチリアに戻ってきます。なので、「残りの時間を、、、」といっても、まだまだ何ヶ月も、(いや何年かも、、)残っているんですよ(^_^;)
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-03-25 04:39 | プロフィール