トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景

パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧
シチリアのドルチェ:Cassata Siciliana(カッサータ シチリアーナ)
f0101126_3312413.jpg
カンノーリと並んでシチリアのドルチェとして知られるのがこの「カッサータシチリアーナ」。写真を見ただけだと、かなりカラフルで「どんな味がするのだろ~、、、?」とお思いの方も多いと思います。見たことはあるけれど、、、という方も多いと思います。
カッサータ シチリアーナの構造は意外とシンプル。下から、、、スポンジケーキ→リコッタクリーム→スポンジケーキ。周りの緑の生地はマジパン。その上から全体にグラス(糖衣)がかかっています。そして、上に飾ってあるのはフルーツの砂糖漬け。
いや~、聞いているだけで甘そうですが、、、実際甘いです(笑)ただ、リコッタチーズに入っている砂糖の量がお店によって違うので、甘さ控え目(といっても甘いですが)のお店では美味しくいただくことができます。
もともと、パスクワのお菓子なのですが(そう言えば、「パスクワのドルチェ」の欄にも書いたような、、)、現在は1年中、パスティッチェリアにはあります。しかし、夏は暑さのため羊や牛の食べる草が枯れてしまい、美味しい草を食べることができないため、良質の乳が取れません。このため、夏のリコッタは味が落ちます。美味しいカッサータが食べたい!と思ったら、真夏ではなく秋~春先にかけてのリコッタの美味しい時期に味わってください♪

しかし、コレを食後に食べるシチリア人の胃はどうなっているのか、、、?
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-04-29 03:31 | シチリア:ドルチェ・パン
カルチョーフィにも性別が??
f0101126_18332454.jpg
先日のドミンゴ家のBBQで作ったカルチョーフィの炭火焼、準備をしているカルチョーフィを覗くと、あれ?ひとつだけ違う種類がいる。通常、つぼんでいるはずのガクが、全部開いている。できそこないかな~、、、?なんて思ってシゲシゲと見ていると、マンマが、

「これはFeminile(フェミニーレ=メス)なのよ~」

と。

え?カルチョーフィに性別が??

いや、種類の名前だそうです。その他のものはRomano(ロマーノ)種。フェミニーレは、ロマーノに比べて、やわらかく味も美味しいそうです。今回、たくさんのカルチョーフィの中にただひとつあったフェミニーレですが、いただくときにはきちんとGet しました(笑)
味は確かに、、、美味しい!ロマーノよりも繊細な味がします。言葉では表しがたい、、、。味を比べてみれば、確かにロマーノは男性っぽい味。フェミニーレは女性。

エリチェとトラーパニの間にあるヴァルドエリチェというところで多く栽培されているらしいですが、メルカートなどでは見たことはありません。たしか、ドミンゴ家の畑にあといくつか残っていたはず、、、、。今週末も、、、狙いに行くか 笑
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-04-28 18:34 | シチリア:野菜・果物
シチリアのドルチェ:Cannoli(カンノーリ)
f0101126_19405236.jpg
シチリアでもっとも知られているドルチェのひとつ、カンノーロ。シチリアに旅行した方なら一度は見かけたはず。
さて、このカンノーリ、かつてはカーニバルの時期に食べられるドルチェだったようです。カーニバルの時期、イタリア全土で揚げ菓子が見かけられます。カンノーリもその一派なのでしょう。カーニバル後はキリスト教上では肉を食べない「節食」の時期に入ります。その前の食いだめとも思われるのがカーニバルなのですが、ゴローソなシチリアーニは揚げ菓子だけでは飽き足らず、そこにリコッタクリームを詰めて食べた、、、あくまでも私の想像の世界です(笑)

カンノーリという名前の由来は「Canna=葦」だと言われます。カンノーリの筒状の部分は現在は木やアルミの筒の形をした型に生地を巻きつけて揚げるのですが、この型、以前は葦の茎の部分を使われていたらしいのです。そこから「Cannoli」という名前が付いたのでしょう。
ここトラーパニを含むパレルモ近辺のカンノーリは大きさが半端なく大きいことで有名。写真のリンゴや洋ナシと比べていただけるとわかるように、1本の長さは約25センチほど。決してリンゴが小さいわけではありません(笑)リコッターチーズも地域によって様々。ここでは羊乳のリコッタチーズを使用しますが、以前住んでいたモディカでは牛乳のリコッタチーズを使っていました。これはモディカ近辺では牛の飼育が盛んなため。牛乳のリコッタチーズは羊乳のリコッタチーズに比べ、比較的軽く優しい味。個人的には牛乳リコッタが好き♪

ちなみに写真のカンノーロ、しっかり食事を食べた後にド~~~ンと食卓に運ばれてきます(^_^;) ははは、、、、私は、当然一本は食べ切れませんでした、、、(^_^;)
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-04-26 19:41 | シチリア:ドルチェ・パン
この時期、イタリアではBBQ
f0101126_18215230.jpg
パスクワ終了後のこの時期、シチリアではとっても良い天気が続きます。というのは、この時期(パスクワの日が毎年違うため、ちょっとずつ時期はずれるのですが、、、)、ここシチリアではすでに夏モードになるのです。そのため、雨が降ることは少なく、日中は既にタンクトップでも大丈夫なくらい気温が上がる日が多いのです。そして、日曜日にはキャンプ場や自分の家でBBQ(バーベキュー)をするのが慣わし(?)だそうです。
先週のパスクワの翌日(Pasquetta(パスクエッタ)と呼びイタリアでは休日)には、日本から来てくれた友人、Tちゃん夫妻も含め、トラーパニの友人達と総勢10人でサン ビート ロ カーポ近くのキャンプ場にBBQに行きました。そして今週の日曜日はドミンゴ家のBBQに参加してきました。
シチリアのBBQはとってもワイルドでステキ(●^o^●) 庭にいきなり炭を並べ点火。準備は以上(笑)日本のようにBBQセットなんかは使いません。細かい小道具は一切なし!

f0101126_18224624.jpgさて、今日のメニューは、、、

◆カルチョーフィーの炭火焼(写真上)
◆採りたてソラマメとグリーンピースのフリッタータ(写真右)
◆ラザーニャ
◆豚肉と仔牛肉の炭火焼
◆カンノーロ


f0101126_18234369.jpg炭で焼いたのはカルチョーフィと肉、後のものは台所で準備されました。炭火で焼かれたカルチョーフィもドミンゴ家の畑で採れたもの。このカルチョーフィ、本当にやわらかくて甘いのです。そして炭の遠赤外線効果(?)も加わり、なんとも言えず美味しい!!おなかがいっぱいにも関わらず、2コも食べてしまいました。そして、絶品だったのがフリッタータ。な~んにも特別なことはないのです。ソラマメ・グリーンピース・卵・塩・胡椒、材料はコレだけ。それでも、天然の美味しさが凝縮されていました。ちなみに、ドミンゴ家では卵も庭で飼っているニワトリが産んだものを使います。更に、食べる鶏肉も庭で飼っているもの(^_^;)(写真左)網で焼いた豚肉と仔牛肉はさすがに自家製ではありませんでしたが、炭独自の香りがついていて、これまた美味♪満腹だ~~~、、と思っていると最後に出てきたのは巨大カンノーロ!!ふぇ~、、、、もう食べられません(@_@;)と言いながら、しっかり食べてしまった自分が怖い、、、、、(T_T)

f0101126_18242681.jpgさて、この日の朝、マンマが「グリーンピースがそろそろ大きくなってきてしまったわ~。今日、収穫しちゃわないと、、、」といっているのを聞いて、私と友人は大喜び!「私達が収穫するよ!!!」と大張り切り!(●^o^●)食後、少し休んだ後、早速畑に出て、収穫収穫♪ 確かに、グリーンピース、ほとんどのサヤが既に成長。パカッと開けてみると、確実に1週間ほど前に見たものよりマメも成長して、固くなりかけているものもありました。これ以上成長してしまうと、中の皮が厚くなりすぎるためマメが苦くなってきてしまい美味しくなくなってしまうそうです。確かに、先々週収穫したものは、小粒だったけれどとってもやわらかくて甘かったもんな~。パパ、マンマ、私、そして私の友人Tちゃん、4人でバケツ4杯分の収穫♪(写真右)その後は、グリーンピースのサヤをみんなで剥きました。グリーンピースは一回茹でて、ジップロックのようなものに入れて冷凍するそうです。そうすると、1年中、グリーンピースが食べれるわ~、とマンマが言っていました。冷凍すると鮮度が落ちちゃうだろうな~、、、と思い、私も先週いただいたグリーンピース、一部を実験的に冷凍してみたのですが、驚くことに甘みを残すまま保存が可能!!日本で売られている、冷凍グリーンピスを想像していたのですが、まったくの別物。とすると、あの日本の冷凍グリーンピースは何なんだろうか、、、、?

あ~、充実した1日だったわ~♪BBQに収穫、そしておしゃべりをしている間に既に夜。最近は20時くらいまで明るいので、時間の感覚がなくなってしまいます。今日は、マンマがソラマメをバケツ一杯分、プレゼントしてくれました。さて、これで何をつくるかな。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-04-23 18:24 | シチリア:野菜・果物
マメゴハンを作りました
f0101126_17164170.jpg
先日収穫したグリーンピースでマメゴハンを作ってみました。
実は日本ではマメゴハンが食べられなかった私、今回もちょっと不安を残しつつ味見。

いや~、まったく別物!!

マメゴハンと言ってもお米を炊いたのではなく「茹で米」。イタリア米を塩を入れたお湯でゆでます。お米が茹で上がる直前にグリーンピースを入れてザルに上げて水を切り、出来上がり♪仕上げにオリーブオイルやパルメザンチーズをかけても美味しいですが、何もかけなくても美味♪とってもシンプルで、グリーンピースの甘みがダイレクトに味わえる一品に仕上がりました♪

新鮮な素材って、手を加え過ぎないほうが美味しいのだな~、、、とまさに実感。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-04-21 17:17 | シチリア:パスタ・リゾ
順調に成長しています♪
f0101126_22112470.jpg
ずいぶんご無沙汰してしまったプランター日記、ブログは更新していませんでしたが、順調に成長しています♪
上の写真はミニトマト。「間引きしろ~!!」という声がどこからか聞こえてきそうですが、、、(笑)最近、時間に追われて間引きをサボってしまいましたが、本日、写真を撮った後にブチブチと抜きました。それでもまだ結構プランターには残っています。最終的には2本くらいに、、、しないと、トマト収穫の夢は果たせないらしいのですが。

f0101126_22115111.jpgバジルも順調に成長。葉と葉の間からはあたらしい葉(?)が出てきて、なんとなくバジルの形を成してきました。あ~、夏にはバジルペーストが楽しめるわ~♪
一緒に蒔いたイタリアンパセリも、モッサモッサと繁っています。大きくなるのが待ち遠しいわ♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-04-19 21:48 | プランター観察日記
採りたてのグリーンピース!!
f0101126_17251735.jpg
ドミンゴ家の畑でグリーンピース収穫に参加しました(●^o^●)

マンマ達は既に週に何回か少しずつ収穫しているそうですが、私は週末に初挑戦!この時期、本当に大きくなったばかりなので、粒はまだ小さいのですが、やわらかくてとって~も甘い♪畑で収穫しながら、生でボリボリ食べてしまいました(^_^;)バケツいっぱいに収穫したグリーンピース、今回は全部私がいただいて帰ってきました!!
写真は収穫した直後に田舎で撮ったのですが、太陽の光を浴びるグリーンピースはキラキラ輝いて、まるで宝石のよう、、、、♪ とってもきれい♪ さて、このグリーンピースで何をつくろうかな~(●^o^●)
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-04-18 17:25 | シチリア:野菜・果物
収穫が始まりました!!
f0101126_16252724.jpg

f0101126_1627576.jpgさて、昨日のパスクワはドミンゴ家で一緒に過ごしました。1週間ぶりの畑、かなり成長しています。すでにグリーンピースやカルチョーフィ(写真右)の収穫は始まっていました。お昼には、畑で採れたカルチョーフィを食べたのですが、、、かなりおいしい♪しかし、例のごとく、大好物のカルチョーフィ、あまりに美味しそうだったので写真を忘れてしまいました、、、(^_^;)なので、料理の方は後日「マンマの料理」としてご紹介します。

f0101126_16255285.jpg左の写真は、成長中のソラマメくん達。あと1週間くらいで収穫可能なくらい成長しています。ソラマメは空に向いて伸びるから「空豆」。グングン空に向いています。重くなると下を向き始める、、と聞いたのですが、ドミンゴ家のソラマメ、かなり大きくなっていますがまだ空を向いています。よっぽど太陽が好きなのでしょうね~♪ソラマメの畑を歩くと、すでに青いソラマメの香りがプ~ンとしてきます。本当に収穫が待ち遠しいです。


f0101126_16263358.jpgソラマメの畑の中には大きな木が一本。先週は花が咲いていたのですが、今週は良く見ると小さな実をつけてました。(写真上)ん~、何の実だろう?形からするとイチジク?「マンマ~、これ何の木??」「それ、洋ナシよ~。」えぇぇ~????これ、全部洋ナシになるのか???だとしたら、ものすご~~~い量の洋ナシが、、、、、。これから観察します。
そして、右の写真はイチジク。既に大きくなっています。去年はマンマは収穫したイチジクでマルメラータ(ジャム)を作っていたのですが、ほんとぉぉぉぉに美味しく、毎日、朝食や軽い夜ゴハンに食べていて、大きなビンを何本も消費してしまいました。(^_^;)先日、最後のビンを食べ終わってしまい、かなりガックリ、、、だったので、今年もたくさん収穫できることを期待!!

本日パスクワは快晴!とはいかないものの、まずまずの天気。気温はグングン上昇して28度くらいまで上がりました。すでに暑い、、、。今日パスクワの朝、街の中にはスーツ姿の男性陣がたくさん。イタリアではクリスマスやパスクワは正装して、教会のミサに行きます。若者のの間では、ずいぶん信仰心が薄れてきた、というものの、まだまだキリスト教信仰はあついようです。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-04-17 16:27 | シチリア:ドミンゴ家の畑
トラーパニのミステリに大興奮!
f0101126_2326895.jpg
さて、先日もアップしたトラーパニの「Processione dei Misteri(聖劇の行列)」、14日の金曜日~15日の土曜日にかけて行われました。見物にいった私は、、、大興奮!!!!
14日の朝、何気なくテレビをつけて部屋を片付いていたところ、テレビから「トラーパニのミステリが、、」という声が。テレビを見ていると、なんとトラーパニの行列について説明しているではないですか!!テレビのチャンネルはいわゆる地方局ではなく、RAI UNOという日本でいうところのNHKに相当する、全国ネット。ひょ~~~。

f0101126_2328587.jpgそして、心待ちにしていた14:00、そう教会からミステリが出るところ、この時間ちょいと用事があって行くことができなかったのですが、15:30ごろ、街中に出陣!!どこかな~、、と思って探していると、チェントロのほうから音楽が。音楽が流れる方角に向かってすすんでいくと、いた!!ミステリ!!先日、教会で見たときは、まだ生花などが飾られていませんでしたが、今日はお花達にきれいに囲まれています。ミステリを担ぐのは、マフィアばりのごつい男達(写真左)、ミステリの前には、各ミステリ異なる衣装を付けた子供達や女性、そしてごつい男達にミステリは担がれ、後ろに続くのは音楽隊。この音楽隊、各ミステリに1隊ずつ、付いているそうです。そして、流れる音楽は、、、「葬送行進曲」。ちょっと物悲しい音楽ではあるものの、まさにゴッド・ファーザーの世界、、、、♪流れる音楽とミステリ、、、これがなんともマッチして、妙な感動が、、、。一番上の写真はチェントロ ストーリコを練り歩く図です。しかし、行進はとって~~~もゆっくりなため、1台を見終わるには15~25分必要。そもそも、ミステリが全部で終わったころには17:00近くになっていました(^_^;)

f0101126_23284112.jpgさて、カメラのメモリーもいっぱいになってしまい、充電も切れかかっている、、、ということで一度家に退散。その後、再出陣したときには陽が落ちかかっていました。旧市街のチェントロから新市街のチェントロに向けて進んでいったミステリは、新市街の入り口で一休み。そして、20:30、再開されました。夜のミステリはライトとキャンドルでライトアップされ、とっても幻想的、、、。そして、街には溢れかえらんばかりの人・人・人~~~~!!夜、0時くらいまで友人達と街をウロウロしながらミステリを見物していたものの、かなり長時間にわたり見物しているため、眠気が、、、(@_@;) なので、とりあえず帰って寝ることにしました。

翌日、ぐっすり寝たため、スッキリ!そして、また出陣(笑) ミステリが教会に入っていく姿を見るため。新市街を練り歩き、旧市街に戻ってきたミステリは212:00にミステリが置かれているプレガトリオ教会に戻ります。チェントロを再度練り歩くミステリを見ながら教会に、、、。わぉ!すごい人だぁぁぁ~!なんとか、人ごみをかき分けかき分け、教会の前近辺まで到着!すでに、いくつかのミステリは中に入っていった様相。教会に入っていくミステリは1台ずつ、時間をたっぷ~りかけて入っていきます。一度入ったかと思ったら、、、ん?また出てきた、、、(^_^;)前に進んだかと思ったら、、、ん?後ろにさがっている、、、(^_^;)これを何度も繰り返した後、ついに教会に入っていきます。所要時間15分。最後のミステリは「マドンナ」。このときには、ものすごい人が集まってきていました。マドンナが入る前にはトラーパニのカテドラルのプレーテ(祭司)が、お祈りをささげ、その後、教会に消えていきました、、、、。

それにしても、思ったより美しくすばらしい儀式に感動。

そう、このミステリ20台は、キリストの最後の1日をあらわしたものだそうです。罪が言い渡され十字架にかけられ、そして死ぬまで、、、。19台目はキリストの棺、そして20台目はキリストの母、マリア様が嘆く、、、。キリストは金曜日に亡くなり、日曜日に復活したため、金曜日~土曜日にこのミステリの行列が行われるそうです。そして、日曜日は家族でキリストの復活をお祝いします。

写真をもう少し見たい方は、、、こちらを。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-04-15 23:29 | シチリア日記
1年中レモンがなる木
f0101126_5202552.jpg
ドミンゴ家の畑のレモンの木には冬にはたわわに実を付けていました。先日マンマに「レモンいる~?」と言われ、たんまりといただいてきました。あ~、もうレモンの季節も終わりか~、、、と思い木を眺めていると、あれ?小さな緑の実が付いている、、、ん?季節、終わりじゃないの??
このレモンの木は「Quattro Stagione(クワットロ スタジォーネ)」、4つの季節、つまり1年中、実をつけているレモンの木らしいのです。現在、黄色い成熟したレモンの実、緑の新しい若い実、つぼみ、そして花も咲いています。ひとつの木に盛りだくさん、、、(^_^;) 写真は、黄色い実、小さな緑の実、つぼみ(左の黄色いレモンの上にひとつ)が写っています。4つすべて一緒に写真に撮れなかったのが残念。写真にはつぼみがひとつしか写っていませんが、木にはたくさんありました。
それにしても、毎週毎週、いろんな変化がある畑だな~ 笑 しかし、勉強になります。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-04-14 05:20 | シチリア:ドミンゴ家の畑