トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景
パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
花山椒
f0101126_1644424.jpg
カテゴリーを「日本の食文化」としながらも、”とんかつ”に”うどんすき”、、、、「グルメのブログですか?」という声が飛んで来そう、、、という中、今日はまさに「日本の食材」のご紹介です。

昨日、友人から山椒をいただきました。なんでも、お母様が朝、蓼科から持ってきた採れたての山椒。たくさんの葉をつけた山椒はとってもご立派♪ そして、なんと、花もついていたのです!そう、花山椒!

「花がつく時期の山椒は香りがよく葉も柔らかくて美味しいのよ~♪」(友人お母様談)

おっしゃる通り、新聞紙に包まれた山椒を開けた瞬間、ほわ~~~んと山椒の香りが漂ってきました。とってもいい香り♪ そして、触ってみると、、、あれ?とげがない??なんでだろ?気になったので、ネットで検索してみると、次のように書かれていました。

普通の山椒 → 鋭く大きなとげがある。
朝倉山椒 → トゲが無い。香りが強いが辛味はあとまで残らないという名品。


(引用→食材辞典)

な、なんと、、、名品!どおりでご立派なはず。本当に、木も枝も葉も花も、、、見た目が立派なのです。
そして、山椒に花がつく時期はとても短いらしく、この時期に収穫できたとしても、流通することはほとんどないそうです。なんと、、、素敵♪

私はどう調理したらよいかわからないため、現在、頼んで佃煮を作ってもらっています。あ~、どんな味に仕上がってくるのか、、、ワクワク♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-05-31 16:44 | 日本の食文化
うどんすき、、、もしかして初めて食べた??
f0101126_15152686.jpg
イタリアを出発してから、1週間が経とうとしています。色々とやることも多く、ものすご~~くめまぐるしく忙しい中、和食、きちんと食べてます。

とんかつに続く和食は「うどんすき」。しかし、そもそも、「うどんすき」の定義ってなんだ?

うどんすき=「うどん」+「すきやき」

と、勝手に解釈していた私。しかし、友人に「え~、違うんじゃない?」と言われ、、、(^_^;) じゃ、定義はなんなんだ?

f0101126_15153958.jpg今回食べに行ったのは、神楽坂の「鳥茶屋」。日本の雰囲気の漂う、素敵なお店。イタリア人を連れてきたら喜びそう♪ そして、頼んだうどんすき、なんと麺が、、、太い!イタリアの太い手打ちパスタ”パッパルデッレ”のよう!食感は太い讃岐うどん。コシがあって美味。そして、薄めの関西風だし汁。あ~、おいしい~♪

イタリアも日本も麺文化ということでは共通しています。イタリアは材料は硬質小麦と水(卵が入っているものもあります)がメインで、材料は大体同じだけれど、形状が短いもの、長いもの、ねじれているもの、幅広のもの、、、やたらたくさん。それに対し、日本はうどんは小麦、蕎麦はソバ粉、そしてイタリアのパスタ、中国麺も食べたり、、、形状は大体細くて長いのですが原材料が違ったり、、、、。

同じ麺文化でもやっぱり違う文化を形成してきている西洋と東洋。むぅ。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-05-30 15:18 | 日本の食文化
フクダカヨさんの展示に行ってきました。
f0101126_1292860.jpg
以前の私のブログ、イタリア料理留学日記のイラストでもお世話になった友人のイラストレーター、フクダカヨさんの展示会に行ってきました。
今回はフクダさんをはじめ、写真、家具、うつわ、などなど、、計7人の合同のイベント。テーマは「おうち」。柳橋にある築60年の日本家屋で、「おうちにあったら楽しいもの」を並べた展示会。フクダさんからは「レイちゃんも”お菓子”で参加しない?」と以前に誘われたものの、帰国予定が不明だったため、お断りしたのです。参加していたら、楽しかっただろうな~。

さてさて、まずは門くぐるとこんな木漏れ日の射す素敵な空間が、、、、。
f0101126_1201160.jpg


家の中は本当にシックな雰囲気。日本家屋というものの、床が木でできていたり、どこかモダンな雰囲気を醸し出していました。天井、床、柱などなど、、、すべてにおいてとっても凝ったつくり。全部、写真でお見せできないのが残念です、、、。その家屋内には、うつわ、家具、写真、、、そして、フクダサンの絵、などなど、たくさんの素敵なモノが並んでいました♪
f0101126_1251727.jpg


2階に上がってみると、、、うぁぁ~素敵!!なんと、モダン調(?)の部屋から続く、大きなテラス!そして、目の前には隅田川が、、、、。お部屋には、様々な骨董(だと思われる)の椅子があり、座ってお茶を飲んでいる人もいれば、テラスで涼んでいる人もいれば、、、、。お客様なのに、自分の家でくつろいでいるかのような雰囲気。

この家、何でも以前”市丸さん”という方(私たちの世代でいう松田聖子のような人だそうです 笑)が住んでいたらしいのです。そして、この市丸さん、65歳以上の人に聞けば、必ず知っているくらい有名だったそう。電話代の横には、「○○タクシー」というタクシー会社のほか「人力」という文字があったのが印象的。そう、人力車を呼ぶための電話番号 笑 時代を感じさせます、、、。

本当に素敵だったこの展示会「おうち」、皆さんにも是非!と言いたいところですが、今日で最終日だったのです、、、。次回の展示会の時には、またこのホームページでもお知らせします♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-05-29 02:28 | 日本に一時帰国
久しぶりのトンカツ ♪
f0101126_1401891.jpg

日本に来たら食べたかったもののひとつ、それは「トンカツ」
イタリアにも「Cotoletta(コトレッタ)」と呼ばれる、トンカツに近いものがあります。違いは、、、、

①コトレッタは日本のトンカツよりも薄い
②コトレッタは衣にパルミジャーノやパセリを入れる
③コトレッタにはもちろんキャベツの千切りは添えない(笑)

しかし、調理方法はほぼ一緒。衣をつけて揚げる。これが基本。

ではトンカツのルーツは日本ではないの?と思い、ちょっと調べてみました。すると、、、意外な事にトンカツのルーツはヨーロッパだったようです。

------------------------------------------------------------------------------
明治時代に「煉瓦亭」の二代目木田元次郎氏が日本人の口の合うように、、、と、ヨーロッパのいわゆるコトレッタを日本風にアレンジしたのが始まりと言われている。この時点では、ヨーロッパのように薄切りの豚肉が使われていた。そして、その後、お客さんの要望により、厚切りの肉に変えてみたのが、現在のトンカツの原型。
------------------------------------------------------------------------------

私は、トンカツは日本で独自に発展したものだ、、、と、思っていたのです。が、大きな間違いでした 笑

さて、今日は久々に兄との再会でした。「まいせん」で食べたトンカツは、久々の日本の味。美味しかったです♪ しかし、このブログに突然のトンカツの写真、、、なんだか違和感あり 笑
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-05-27 21:51 | 日本の食文化
日本でのテーマ
このブログ、「シチリア食文化研究日記」というタイトルなのに、、、、更新どうしようかな~、、、と、ずっと考えいました。日本に一時帰国中の期間、何をアップしようか、、、、そこで考えたのがこの2つ。

①日本で見つけたシチリア
②日本の伝統食文化


①に関しては、そのまま。日本で見つけた、シチリア食材やシチリアに関すること。
②は、なぜ突然日本の食文化なのか、というと、、、、日本にはイタリア同様、古くから伝わる伝統的食文化があり、自国の文化をきちんと知ることも大切だな、と思ったため。
イタリアにいると、「日本の歴史と文化」について聞かれることがよくあります。が、中には七期不足のため、答えられないこともあったり、、、、(T_T)他国の文化の勉強もいいですが、やっぱり自分が生まれ育った土地の文化を知ることもても重要。

その他、きままな日記風の記事もあるかと思いますが、1ヶ月間、日本からのレポート、ちょっとシチリアからは遠くなりますが、引き続きよろしくお願いします♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-05-27 01:50 | 日本に一時帰国
日本は、、、すごい!
f0101126_1393175.jpg

無事に日本に着きました!
と、言いたいところですが、、、(^_^;) 荷物、本当に大変でした(ーー;) 結局、ローまでチェックインの際、トランクが重すぎ(なんと35キロ!)で、とめられ、中身を出す羽目に、、、。こういう事態も予測して、トランクの中には手荷物用のバックと、チェックイン時にとめられた際に取り出すものをまとめておいたため、10キロほどの荷物を抜くことは簡単でした。が、、、、。手荷物が重い、、、、(T_T) しかし、ここまできたら意地でも持って帰る!!と、半ば執念を燃やし、結局荷物は無事に全部日本にもって帰りました(^_^)v それにしても重かった~~~(~_~;)

さて、久々の日本、感想は、、、、

「、、、、、、、」

トラーパニとの気候の違い、空の色の違い、空気の違い、、、、。本当に別世界。到着したその瞬間から、

「トラーパニに帰りたい!」

とホームシック気味に、、、(涙)

到着してから3日目の今日、まだなんだか日本にいる実感が湧きません。まわりはみんな日本人、みんな日本語を話しているし、、、。不思議な感覚。

さて、この1年8ヶ月のうちにいろいろなことが変わったようで、、、、。

今日初めて「スイカ」なるものを購入。最初は「イオカード」を探していました(笑)で、無事にスイカを買ったはいいけれど、、、、

どうやって使うの?????

改札でみんなが通り抜ける姿をジーーーーっと観察。そして、自分も恐る恐る、、、、パシッ!やった~、無事に通り抜けた!!

しかし、すごい、すごすぎる日本、、、、!何がすごいって??それは、、、

人口密度。

帰国した当日は表参道、その翌日は渋谷を抜けて田園調布、そして今日は渋谷。満員電車に街の人口密度の高さはすごすぎる、、、、!

あぁ、、、トラーパニの青い空と青い海がなつかしい、、、(涙)ということで、せめて写真でも見て癒されることにしました。まだまだあと1ヶ月近く、日本での生活は続きます、、、、。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-05-26 23:40 | 日本に一時帰国
ただいま、日本に帰国中!
今朝、トラーパ二の空港を無事経ち、現在ローマのフィウミチーニ空港にいます。

今回は、荷物も多く、なにかあったらスッタモンダ!だと思い、5時も待ち時間があるのですが、ローマ在住の友人達にも誰にも声をかけず、、、。トラーパニの空港で、手荷物で持ち込もうと思っていたものが、今日の便がB737と小さめだったため持ち込めず、預けなおした事を除けば順調に行っています。結局、トラーパニ→ローマは超重量級の荷物を2個預けたことになります。嬉しいハプニングでした(笑)
さて、ここローマでのチェックインが今回の帰国の最大の難関!!荷物は大きなトランクが1つと小さなトランクが1つ、それにパソコン。トランクはどちらも重量級、、、(笑)すんなりと通ってくれることを願うばかりm(__)m アリタリア便に乗るのですが、かつて2度ほど止められたことがあり、、、(@_@;) 一回はイタリアから帰国するとき、このときはイタリア語がまった~く分からないふりをしていたら、チェックインカウンターの人が諦めてくれました(^_^)v 今回も、、、、!(笑)

何はともあれ、あと、18時間後には日本です。トランクともども、無事に着くことを祈りつつ、、、笑
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-05-23 16:22 | イタリアを旅する
硬質小麦(グラノ・ドゥーロ)がそろそろ収穫期を迎えています
f0101126_22421088.jpg
シチリアはパスタやパンの材料となる硬質小麦(グラノ・ドゥーロ)の大生産地。パンも100%グラノ・ドゥーロで作るし、フリット(揚げ物)の衣にもグラノ・ドゥーロを使います。そして、シチリアの人たちはグラノ・ドゥーロとは呼ばずに「Macinata(マチナータ)」と呼びます。Macinata=製粉された、細かく挽かれた、という意味なのですが、シチリアでは粉=グラノ・ドゥーロを指すため、Macinata=グラノ・ドゥーロ」を指すわけです。
さて、冬に種まきされたグラノ・ドゥーロたちは、スクスクと育ち、そろそろ収穫時期を迎えています。6月~7月にかけてが収穫時期だそうです。2週間ほど前にはカラだった穂の中にも、小麦がしっかりできてきていました。
ちなみに、このグラノ・ドゥーロの畑は、ドミンゴ家の畑の隣の家のものです。
イタリアの粉について詳しくは、こちらもご参照下さい。

シチリアは連日30度を超える日が続き、すっかり夏モードになってきました!
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-05-22 22:45 | シチリア:食全般
ドミンゴ家の畑にご挨拶を、、、。
f0101126_18354362.jpg
日曜日は帰国前にドミンゴ家のみなさんと畑に挨拶をしに行ってきました。
春にたくさんのソラマメやグリーンピースなどを収穫した畑は、現在夏・秋の収穫に向けて色々な植物(食物?)が成長しています。現在、成長しているものは、、、

・ワイン用のブドウ(写真)
・オリーブ
・洋ナシ
・イチジク
・カキ
・白プラム
・ズッキーニ2種
・ナス
・ジャガイモ
・ニンニク
・玉ねぎ
・トマト

などなど、、。

私が種を蒔いたバジルは何故か芽が1つしか出ず、、、(T_T)ルーコラは順調に成長しています。帰国したころにはボウボウになっていそう、、(^_^;)

今日のランチはマンマの手打ちパスタ、ブジアーテでした♪クルクルっと巻かれた形をした手打ちパスタ、サルシッチャとトマトのソースで美味しくいただきました。

f0101126_18361930.jpg食後はたっぷり食べたランチのカロリーを消費!と、近所を散歩。トラーパニは既に35度にも達する暑さ!!散歩していても、、、暑い暑い(@_@;)散歩途中に見つけた、アーモンドの木、実が成長中でした。きれいだな~♪
あ~、この壮大な景色とも1ヶ月間、お別れかと思うと、なんだかさびしい気分になってしまいました(涙)

ドミンゴ家の皆さん、そして、畑クン、Ci vediamo fra un mese!!
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-05-22 18:36 | シチリア:ドミンゴ家の畑
エリチェはいい天気!!
f0101126_23181710.jpg
今日、久しぶりにErice(エリチェ)に行って来ました。何故かというと、、、、5月23日~6月21日まで一時帰国するため、以前働いていたエリチェのパスティッチェリア マリアグラマティコに挨拶がてら、お土産のドルチェ達を購入してきました。
商品構成は相変わらず変わりませんが、私が働いていた夏より忙しそう!エリチェはすでに観光シーズンが始まっていて、たくさんの観光客がいました。この街はなぜかドイツ人が多いのです、、、。どうしてだろ?

エリチェの街も、私が働いていた冬とはまったく表情を変え、今日は雲一つない快晴!!とてもいい天気でした♪写真は天空の城?とも思わせるような、エリチェのかつてのお城。ここエリチェはトラーパニからバスで30分、ケーブルカーで15分なのですが、標高は750メートル!ゼロメートル地帯のトラーパニから一気に登った山の頂上に広がる中世の町なのです。街は小さいものの、城壁に囲まれた石畳の続く、とってもロマンチックな街で好きな街の一つです。

■マリアグラマティコで働いていたときの様子、冬のエリチェの様子はこちらから。↓

「イタリア料理留学日記」
http://dolcemania.exblog.jp/

では、1年8ヶ月ぶりに日本を満喫してきます♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-05-20 23:10 | シチリアを旅する