トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景

パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
近況報告と感謝の気持ち
皆様、いかがお過ごしですか?

すっかり更新が滞っていますが、私は元気です(笑)
日本の湿気で体にカビが生えていましたが、それもここのところ続いた快適なお天気のおかげで、やっと乾きました(笑)

ここのところ、「人」に会う日々が続いています。不思議なもので、ラ ターボラ シチリアーナを立ち上げてから、たくさんの支援者が出てきて、人と人との不思議な「縁」を実感しています。同じ志を持つもの、違う仕事をしつつも共感するものがある人、様々な出会いを体感中です。
それとともに、イタリアで色々と助けてくれ協力してくれる人々、日本で陰ながら支えてくれている家族や友人、なんだか突然皆さんにお礼を言いたい気分になりましたので、この場を借りて、、、

皆さん、いつもありがとうございます<(_ _)>
そして、これからもよろしくお願い致します。

[PR]
by sicilia_trapani | 2006-09-30 02:17 | 日本に一時帰国
トラーパニの風景が日本でみれます!
ふっ、と気がついてみたら随分更新をサボっていたようですね、、、笑
元気に日本で生活しています。トラーパニへのNostalgia(郷愁)を持ちつつも、、、日本ではやる事が盛りだくさんなので、毎日セカセカと活動しています。

さて、本日初めて「You Tube」というサイトの存在を知りました。世間では相当ウワサになっているようですが、IT先進国ではないイタリアにいる私は当然知りませんでした、、、、。ちなみにこのサイト、誰でも自分で作った動画や録画したTV番組やアニメなどなど、、、なんでもアップできるそうです。そして、誰でも閲覧可能。ん~、なんだかすごいサイトだ。
私が最初に検索をかけてみたのは当然、、、

Trapani

さてさて何がでてくるのかな~、、、、と思ったら、な、なんと去年の秋、トラーパニで行われていた世界でも有名なアメリカズカップの予選、ルイビトンカップの様子!去年ルイビトンカップが開催されていた9月、ちょうどバカンス時期(わたしにとって)だったので毎日のように様子を見に行っていました。まさに、まさにそのときの様子が、、、、!トラーパニシックの私にはとっても嬉しい映像♪ ご興味があるかたはコチラからどうぞ。

なんでも、アノ、NIKE(ナイキ)もここだけで見れる、3分間のコマーシャルを流したそうです。それにしても、恐るべしWebの世界、、、。

ところで、海外にお住まいの方々、このサイト、「You Tube」、ご存知でしたか??
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-09-25 03:39 | 日本に一時帰国
突然石焼ビビンバが食べたくなった!
f0101126_162238.jpg
先日の夜中のこと、パソコンで仕事をしていた最中、なぜだかわからないのだけれど急に石焼ビビンバが食べたくなりました。翌日のランチはビビンバだ!と1人で勝手に決め、近所で食べられるところが無いかどうか、早速チェックを、、、、。(おいおい、仕事はどうしたんだ、、、笑)
こういう時に実感するインターネットの偉大さ!夜中のなのに、情報検索ができるぅぅぅ~♪ 15年前は、調べたいものがあったら本屋に、、、、。ということで、夜中の情報検索は不可能だったのに。

さて、それはいいとして、実家からチャリで10分ほどのところに、美味しげな韓国料理店を発見。1人でいくのもなぁ~、、、と思い、さっそくにメール。(って、同じ家に住んでいます 笑)というのも、まだ時差ボケが治らず結局イタリア時間(日本時間マイナス7時間)で生活しているため、朝は遅いのです、、、(^_^;) 翌日も気がついてみたら11:30!(汗)母に、「メールみた??」と聞いたら、、、、あれ?すでに出かける準備が完了している、、、、(笑)メールを見て、すでに準備をしていたそうです、ははは。

さて、前置きが長くなりましたが、夜中から食べたかった石焼ビビンバ、ようやく翌日のランチに食べる事が出来ました!今回は、和食もさることながら、アジア料理やカレーなどに強く惹かれます。食べたのは、「ビビンバ&チジミセット」。期待通りの美味しさでした♪ 
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-09-20 01:06 | 日本に一時帰国
Dolce Mania の更新が復活しました。
私のネット情報発信の原点とも言える「DOLCE MANIA(ドルチェ マニア)」の更新が再開しました!

そもそもドルチェマニアは、イタリアから現地のドルチェ情報をお届けすべく始めたのですが、イタリアで度重なるパソコンのトラブル、そして通信速度の遅さ(携帯電話接続なので)、などが原因で、結局イチから全部アップしなければいけない状態だったのに、重いホームページを全部アップするなど不可能、、、ということで、更新が不可能なままでした。

前回の帰国時(2006年6月)は、様々な用事や仕事が重なり、これまた更新する時間も無ければ、長い間アップしていなかったため、アップするための設定なども忘れてしまい、メモした書類も見つからず、、、、。
今回、やっとのことで復活しました。

これからは、引き続き、イタリアからのドルチェ情報をアップしていきたいと思っています。現在、新しいコーナーなども考えています。
このシチリア時間ブログ、ラ ターボラ シチリアーナに続き、ドルチェマニアもよろしくお願いいたします<(_ _)>
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-09-18 21:58 | 密かなる別の活動
洋食は和食??
f0101126_242165.jpg

今日は午前・午後と、2連チャンで友人に会いました。2人とも会うのはすごく久しぶり!
特に午前中に会ったYちゃんとは、8年前くらいに一緒のお店でケーキを作っていた事がありました。私がお店を辞め、しばらくは連絡を取っていたもののその後、だんだん音信普通になり、、、そして、去年、私のブログを見つけたYちゃんが「もしかしてREIちゃん?」と言うメールをくれたのです。彼女は、4年前にニース移住していました。意外と近いところに住んでいたのです(笑)しかし、イタリア(又はフランス)での再会は結局実現できず、今回、同時期に一時帰国となったゆえ、8年ぶりの再会となったのです。いや~、楽しかった!8年という時空を感じさせないおしゃべり、海外在住者ならではの色々なお話、、、、そして、なによりオメデタいのが、彼女、オメデタなのです!ダンナ様はニース在住イタリア人。幸せそうな彼女を見て、私も幸せな気分になりました。元気な赤ちゃんを産むんだよ~~~♪
------------------------------------------------------------------

さて、そんな彼女と行ったのが浅草の洋食屋さん「ARIZONA(アリゾナ)」。永井荷風も通った、、、というウワサ。私が頼んだのは、永井荷風も注文したという「チキン レバー クレオール」(写真)。デミグラスソースで中にレバーが煮込まれていて、、、。不思議な一品でした 笑

洋食って、「洋食」と書くけれど「和食」だよね、と言うのが、今日の結論。

洋風にアレンジした和食。洋食屋さんのメニュー、けっして海外に行っても目にすることはありませんよね?皆さんは、どう思いますか?

洋食と言う名の和食を食べた後は、雷門仲見世通りを散策、浅草寺と観光をしました。浅草寺の煙を頭にかけ、写真も撮っちゃいました 笑 日本情緒、満喫♪

そして、夜は他の友人と23:30まで話し続け、、、、結局今日は、10:30に待ち合わせをしてから、30分の移動時間をはさみ23:30まで、なんと12時間以上話しっぱなし!(@_@;) 喉が若干痛くなりました(^_^;)
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-09-16 02:44 | 日本の食文化
時差ぼけ??眠れない、、、、(@_@;)
現在、朝4時15分。

いまだ眠くありません、、、、、。

イタリアは-7時間の時差のため、現在、夜9時15分。
そりゃそうだ、夜9時にはさすがに寝ない、、、、。

昨日は、朝4時ごろに眠くも無いのに強引にベッドに。おそらく30分~1時間後にようやく眠れた模様。そして、起床は、、、、朝11時。それが故に今日も眠気が襲ってきません。

あ~、、、、、このままイタリア時間で生活しちゃおうかな? 笑
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-09-15 04:17 | 日本に一時帰国
いざ日本へ!(映画編)
さて、11時間のフライト、何をして過ごしていたか、というと、、、。まずは、パソコン(笑)溜まっていたメールの返信やら、ホームページのプチ修正、仕事、などなど、、、。そして、読書、映画、、、、今回は狭いシートでキツキツながらも、意外と時間が早く過ぎていきました。

今回見た1本目の映画「Saint Ralph(日本語題名→リトルランナー)」

14歳の少年が、昏睡状態の母親を救い出すために奇跡を信じ、奇跡を起こすためにボストンマラソンに優勝する!というお話。
最初は皆に「ボストンマラソンに優勝する、、、」なんて、バカにされながらも、奇跡を信じ練習を続ける少年。結局、ボストンマラソンでは2位(それでもすごい!)という結果に終わりましたが、少年は「奇跡を起こす」以上に大事な事を見つけた、、、、。
不覚にも泣いてまいました 涙 
この映画でテーマになっていたのが、キリスト教の教え。イエス様は奇跡を起こすためには「祈り」「純潔」「信じる心」が必要だと。キリスト教信者ではない私にはいまいちピンと来ませんが、、、、笑
しかし、この映画、イタリア語バージョンが無かったため、日本語で聞いてみたのですが、この訳と感情移入の無いセリフが最高に笑える!!!!ルフトハンザに乗った方、是非、「日本語」でご覧ください 笑

さてさて、3本目は「南極物語」。南極に取り残されてしまった犬たちが、人間の迎えを待ちつつ、逞しく、そして、結束して生き延びていく、、、、そして、ついに、人間の助けが、、、、!!
これまた、お涙頂戴ストーリー(^_^;) さすがに泣きはしませんでしたが、、、、。大体ストーリーはわかっていたし(想像しやすいです、このタイプ)、この手のタイプは結局、ハッピーエンドで終わるので安心してみていられました。上映最中に朝食が配られましたが、食べながらでもしっかり楽しめるストーリー。(集中力に欠けてもOK!!)

イタリアに戻るときの映画は何かな~?ちなみに、戻りはスイスエアーを予定しています。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-09-14 00:19 | イタリアを旅する
いざ日本へ!(機内食編)
f0101126_074960.jpg

さて、前回、アリタリアで帰国したとき、13時ごろの出発で、離陸早々に軽めのランチが提供されました。しかし、「軽め」その後、10時間ほど放置された後、やっと朝ごはんが到着、、、、、(@_@;)10時間の間、餓死するかと思いました(笑)もちろん、言えばなんかくれるのでしょうが、、、、、。そして、アリタリアのサービスの悪さにも辟易。

「お水を持ってきてもらえませんか?」
「後ろにあるからご自由にどうぞ。」

うっそーーーーーー。飛行機でこんな事言われたの初めてーーーーーーー。

さて、今回、パレルモ→ローマ間では、1時間弱のフライトと短いため、飲み物だけが提供されました。パレルモの空港で朝食を取らなかったため、おなかが空いていたので、ローマで軽くコルネットとカプチーノ。
次の、ローマ→ミュンヘン間では、お昼時(13:10出発)だったこともあり、1時間半弱と短いフライトでしたが、パニーニが出てきました。ドイツパンの間にチーズが挟まった妙に素っ気無いものでしたが、ドイツパンは何気に美味しかった♪チーズは味のしないよくわからない物体でしたが、、、、(^_^;)
そして、ミュンヘン→成田間。離陸後、まもなくスナックと飲み物、続いて、夕食(なのかな?)が出てきました。このルフトハンザビン、全日空との共同運航ということもあり、機内食には和食が!(写真)

・いなり寿司にお稲荷さん
・ソバ
・ポークカツカレー


今回の日本食、第1号はなんと機内食でした、、、(^_^;) カツカレー、美味しいとも美味しくないとも言えないような一品でしたが、妙に懐かしい感じがしました。
そして、約6時間後に朝食。ナゾのスクランブルエッグにポテト。パンにフルーツと軽め。

しかし、前回の餓死状態に比べ、今回は常に満腹状態、、、(@_@;) ルフトの機内食、ものすご~くまずい、と聞いていたのですが、それほどまずくもありませんでした。美味しいか?といえば、疑問ですが、、、、(^_^;) ヤケドしそうなくらいアツアツだったのは嬉しかったかも♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-09-14 00:10 | イタリアを旅する
いざ日本へ!(飛行機編)
本日13日、24時間かけてやっとこさ、日本に到着しました、、、今回の旅の行程は、

パレルモ→ローマ→ミュンヘン→成田

パレルモ→ローマ間はアリタリア、ローマ→ミュンヘン→成田間はルフトハンザで飛びました。
トラーパニからパレルモまでは友人に送ってもらったためラクチンラクチン♪約40分でパレルモのプンタライジ空港にに到着。(かなり飛ばして40分です!)
今回の荷物は、、、

トランク大 27キロ(機内預け)+トランク小 17キロ(機内持ち込み)の計44キロ

かなり減らしたはずなのに、、、、。ま、前回の60キロに比べれば相当少ないですが(笑)

一番の難関は、アリタリア。国内線・国際線問わず、異常に荷物のキロ数については厳しいアリタリア。いままでも何度も苦い思いをしています。(なのに、懲りずに44キロも、、、(^_^;)) さて、パレルモでチェックイン。順番は待つこともなくすぐにやってきたものの、カートからトランクから降ろすときにどうも重そうに見えたらしく、、、、

「手荷物もここに乗せてくれる?」
と。

「ここ」とはもちろん荷物の重さを量るところ、、、、汗
仕方なし、乗せるか、、、、。ピーン、44キロ、、、、、。

「重いわね~、、、、、このまま通す訳にはいかないわ。それに、この17キロのトランク、機内持ち込み無理よ。」
「でもトランク2個は送れないでしょ?」
「超過料金を払えばいいわよ。オマケして10キロ分にしてあげるわ。(本来は預け20キロ+手荷物6キロらしい)」
「10キロでいくら?」
50ユーロよ」

50ユーロか~、、、なんだか面倒くさくなり、つい払ってしまいました(笑)

さて、アリタリアでダメだったということは、ルフトハンザも、、、、汗

パレルモ→ローマは時間通り出発、時間通り着。ローマでは早速、ルフトハンザのチェックインカウンターへ。さて、順番がやってきました。ラッキー!だ!そう、この国はさすがイタリア。男性職員は女性職員に比べ、キチキチしていなくてチェックもゆるいと思うのです。(あくまでも個人的主観です 笑)まずは、トランク大をボーーーンと。27キロ。なんにも言われず。やったーーーーー!と思っていたら、

「手荷物ある??見せてもらえる??」

がーーーーーーん。

恐る恐る、「これだけど、、、、」、と見せると、案の定、

「ここに乗せてみて。」
「ここ」とはもちろん荷物の重さを量るところ、、、、汗
仕方なし、乗せるか、、、、。ピーン、44キロ、、、、、。

ル「ん~、、、、重いね~、、、、超過料金、オマケして5キロ分にしてあげるからさ、払ってもらえる?」

やっぱり、、、、。

「5キロ分でいくら??」
150ユーロだよ」

、、、、、。今回は払う気がしない、、、、。

「じゃーさ、この手荷物から5キロ分減らせば、追加料金払わなくていい?」
「でもその荷物どうするの?」
「捨てるわ。」
「OK。じゃ、ここで荷物抜いちゃってよ。」

よーーーし。ガサゴソガサゴソ。2キロ分の塩(笑)と1,5キロ分の本を取り出したところで、OKをもらいました。
さて、取り出したこの荷物、捨てるとは言ってもとりあえず、チェックインカウンターを去らないと、、、、。

「ねぇ、とりあえずさ、トランクの中にもう一回入れてもいい?あっちで捨てるからさ。」
「わかったわかった、いいよ(苦笑)」

そのあと、この荷物をどうしたかは、、、、、ご想像にお任せします(笑)
やっぱり男性は優しいわ~♪

さて、今回のフライト、パレルモ、ローマ、ミュンヘンともに、全て定刻どおりの出発&到着!(!驚!)
ミュンヘンの空港では、乗り継ぎ時間が1時間を切っていたため、結構焦りました、、、汗 そして、ミュンヘンの空港の広いこと広いこと!そして、きれいだわ~。イタリアの空港とは大違い!!(笑)でも、やたらと人が少なく、、、。チェックインを済ませているので、飛行機は待ってくれる、とわかってはいるものの、走る走る、、、、、。出発10分前にやっと搭乗口に到着(汗)本当に汗をかきました。

ローマ→ミュンヘンのルフトハンザの機体はとっても新しく、シートもゆったりしていて超快適!もしかして、ミュンヘン→成田の11時間の旅も、これと同じ機体なら結構ラクチンかもぉぉぉ~♪
と、期待を寄せて、走って乗った成田行き、がーーーーーーん。超狭い、、、、、。オマケに足元には救命用具、、、。脚が思うように伸ばせません 涙 しかし、耐えるしかなし。ごそごそ、ごそごそ、と常に動きながら、体が固まらないように、、、、。11時間、無事に耐える事ができました。笑

ふぅ。やっぱり日本は遠いな~、、、、、。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-09-14 00:04 | イタリアを旅する
秋の味覚、Borlotto(ボルロット)がメルカートに並び始めました。
f0101126_19201094.jpg

明日、日本に!というのに、朝から悠長に散歩などしてしまいました、、、(@_@;)
が、そのおかげ(?)でメルカートに秋の味覚を発見!

白と赤の斑模様のこのマメ、イタリア語では「Borlotto(ボルロット)」といいますが、日本語では「うずら豆」
ボルロットは鞘ごと食べるのではなく、中のマメのみを食べます。ここシチリアでもマメ類は食べるものの、マメ食いの本場はトスカーナ。トスカーナの伝統料理にはマメ料理がたくさんあります。
シチリアでもこのマメ、煮込んでZuppa(ズッパ=スープ)にしたり、煮込んで裏漉してパスタのソースにしたり、、、、。
こんな暑いのに、食材はしっかり秋の色を見せてきました。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-09-11 19:23 | シチリア:野菜・果物