トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景
パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
トリノに移動!
f0101126_8125833.jpg

明日、10月27日(金)にスローフード協会の食の大イベント、Salone del Gusto(サローネ デル グスト)に行くためトリノに移動しました。パレルモからミラノ・マルペンサに、そこでお客様と合流してトリノに、、、、。

トリノは思ったよりも寒くなく、到着したのは夜の11時過ぎだったにもかかわらず、コートは要らない常態。
ホテルは中心地に程近い、Grande Hotel Sitea(グランデ ホテル シテア)。シングルの部屋ですがたっぷりの広さと、マッサージつきのバスタブ!!今日は13:00にトラーパニを出てから、イタリアの中なのに9時間の移動をしていたので嬉しい♪

今日はゆっくり休んで、明日に備えます。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-10-27 08:13 | イタリアを旅する
今年もドミンゴ家のオリーブ摘みに参加しました♪
f0101126_83280.jpg

トラーパニにはここ数日、夏のような天気が戻ってきました!!日中はタンクトップでも暑いくらいの真夏日(@_@;)

引き続きお客様がトラーパニに滞在していらして、マンマに料理を習ったり私が料理を教えたり、、、楽しい日々を送っています。

さて、先日、お客様と一緒に去年に引き続き、ドミンゴ家のオリーブ摘みに参加してきました!

今年はオリーブがたわわに実っているのですが、先週にものすごい風と雨が降りオリーブがたくさん地面に落ちてしまっていました。なのでまずは、地面に集めるためのネットを敷く前に落ちたオリーブを拾います。これが結構な重労働(@_@;) そして落ちたオリーブを拾い終わった後に、下にネットを敷いていよいよオリーブ摘み!
オリーブ摘みにあまり技術は必要なく、手でボボボボボ、と上から下に引くとオリーブがボロボロボロと落ちていきます。高いところはハシゴに登り取ります。そして、全部取り終わったら下のネットをたぐり寄せオリーブを集めて大きなバケツにドドドドドー、と流しいれます。や~~~、天気もいいし楽しい!この日は、9:00~13:00まで、約12本のオリーブの木から130キロのオリーブを収穫
f0101126_841126.jpg

パパの話によると、1リットルのオリーブを作るのに5キロのオリーブの実が必要だそうです。ということは、130キロ集めても26リットル。なんだか、オリーブオイルがとっても貴重なものに思えてきました、、、。

f0101126_844983.jpg労働のあとは楽しみにしていたお昼ゴハン!マンマは昨日の夜にレンティッキエ(レンズ豆)のズッパ(スープ)を作っていて、それにスパゲッティーを砕いて入れたパスタ、それに「分厚い豚肉のグリル、オレガノ風味」。ん~、労働のあとの食事は美味しい!!いつもは「おなかいっぱ~い(@_@;)」となってしまうのですが、この日はガッツリと食べました 笑 来週は、また他の農園にオリーブ摘みに行きます♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-10-27 08:11 | シチリア:ドミンゴ家の畑
今日は快晴!
f0101126_151861.jpg


シチリアに無事戻ってきました!

しかし、到着早々、雨、雨、雨、、、、。4日目の今日、やっと快晴となりました!今日は、日中は30度近くまであがり、タンクトップでちょうどいいくらい。これでこそシチリア~~~♪

さて、更新もサボって、何をしているか?というと、、、、。
ラ ターボラ シチリアーナのお客様をお迎えして、毎日楽しく教室を開催しています♪ 今日は、シチリアでは初めての私のドルチェ教室を行いました。
作ったのは、、、、

・ジェノベーゼ(エリチェの伝統菓子)
・ビスコット ディ フィーキ(シチリアのクリスマスのお菓子)
・クレーマフリット
・タルト

の計4品。所要時間:約3時間、でした。

写真は、焼成前のビスコット ディ フィーキです。

明日は、マンマのクスクス教室!美味しいクスクスが食べれるのが楽しみです♪


● シチリアでシチリア料理を学ぼう!→ ラ ターボラ シチリアーナ
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-10-23 01:53 | ラ ターボラ シチリアーナ
スイスを出発!!
スイスを出発してローマに向かいます!
スイスからローマに向かうには、アルプス山脈を越えなければいけません。大気が不安定なのかな~、、、などと、少し心配に思って外を見ていると、なんと、、、、も、ものすごくきれいな景色が、、、、、(@_@;)(@_@;)(@_@;)
まず見えたのは、スイスの家や森など。まさにハイジの世界でかわいいわ~♪そして、アルプスにかかる前にがいくつか見えました。17:15発の便だったので、湖に夕陽が反射しとっても美しい、、、、。そして、アルプス!!あまりに美しかったため、写真写真!と思い、急いでカメラを取り出した瞬間、あっ!サングラスが頭から落ちた!焦って、ソワソワ拾っているうちに、ベストショットは逃したものの、ものすごい美しさ、、、、うっとり。まさに、アルプスに射す後光

f0101126_1731542.jpg


そこからは、雲のショーが始まりました。アルプルを越えたあたりからは、更に高度を上げ雲の上を走行。雲の下は当然天気が悪いのでしょうが、雲の上には夕陽が射しています。雲はウワウワした綿のようで、下が全て雲で覆われているため、地面?、と一瞬錯覚を起こします。雲の果てには雲の上の地平線が、、、、、。真っ白なフワフワ雲に射す夕陽、一刻一刻と色を変えながら、雲は形を変えながらまさにショー。写真、夢中になってたくさん撮ったのに、質感が伝わるものが無くて残念!!いや~、本当に美しい風景を見ました。

f0101126_17332589.jpg



ところで、スイスエアーの機内食(スイス→ローマ間ではグリュイエールとピクルスのパニーニでした)、表示には

f0101126_17353714.jpg


・英語
・ドイツ語
・フランス語
・イタリア語
・スペイン語(??かな??)

と、5ヶ国語で「召し上がれ!」と書かれていました。スイスは色々な言語が地方によって話されているらしく、それならではの配慮。

そして、こちらは食後に出たチョコレート。包みもかわいく、そして美味しかったです♪

f0101126_17374539.jpg


スイス→ローマ間の1時間のフライト、パニーニは美味しかったし景色は美しかったし、、、、なんだか得した気分でした♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-10-19 17:45 | 日本に一時帰国
スイスに到着!
さて、今回スイスエアなので、チューリッヒで乗り換えてローマを目指しました。
チューリッヒで降りて移動を始めた瞬間、眼に飛び込んできてのがこちら。チョコレートの販売ブース。さすがチョコレートの国、スイス。山積みにして売っているのね~、と思って眺めていると、あれ?あれ??
なんとこのブース、試食コーナーだったのです。かわいいスイス人(多分 笑)の女の子がニッコリとしながら、「ご試食はいかがですか?」(英語です)と。それにしてもトリュフを一粒、塊のチョコレートもかなり大きいものを試食で配っていました。太っ腹。

f0101126_1727628.jpg


さて、このコーナーの端っこには、カカオのマメもきちんと展示されていました。ん~、ステキなブースだったわ♪

f0101126_17285528.jpg

[PR]
by sicilia_trapani | 2006-10-19 17:29 | 日本に一時帰国
シチリアに戻っています!
f0101126_1724454.jpg
家を朝の6:00に出発してから約24時間、やっとシチリアに着きました!

といいたいところですが、、、、まだローマです(笑)
戻りの便はスイスエアー。座席の部分のチェック模様がシックでカワイイ♪♪(写真参照)テレビも個人の座席についています。(ちなみに日本に戻ったときのルフトハンザは個人用テレビ無し)
長いフライト時間、またしても映画を見まくり。そして、感動してまたしても涙、涙、涙、、、、笑

あと一息でシチリア!!
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-10-19 03:00 | 日本に一時帰国
手作りの干しイチジク
f0101126_144224.jpg

トラーパニを発つ前にドミンゴ家のマンマがせっせと作っていたもの、それは、Fichi secchi(フィーキ セッキ=干しイチジク)

「今年もイチジクが豊作だったわ~♪ これはね、クリスマスの時まで保存してNatale(ナターレ=クリスマス)用のドルチェを作るのよ♪」

そう、シチリアではクリスマスの時にBuccellato(ブッチェッラート)という干しイチジクを使ったお菓子が作られるのです。

干しイチジクは皮をむいて半分に切ったものを2つ合わせて乾燥させています。大きな板(1,5メートル四方くらい)にひしめき合うイチジクたち、昼間は天日に干され、夜は家の中で休みます。乾燥したら、糸で通して更に空気に触れるようにどこかにかけて置くそうです。
トラーパニ戻ったときにはすでに糸に通されているだろうな~♪

マンマと一緒に、クリスマスにドルチェを作るのがいまから楽しみです♪

さて、話は変わって、、、
シチリアで学ぶシチリア料理 ラ ターボラ シチリアーナを6月に立ち上げ、おかげさまで予約もボチボチ入ってきました。今年の冬には車を購入し、更に面白い訪問先(アルティジャナーレ(職人手法の)作り手さん)を探しつつ、来年春~は色々なコースも組んでみようかと、、、。
現在、日本にいながら、色々と頭で想像をめぐらせる毎日(笑)

しかし、最終的な目的地は「料理教室」だけでは無いのです。私の夢は、

シチリアでアグリツーリズモ!!

トラーパニ近郊に畑つきの小さなアグリツーリズモを構えるのが私の夢。ここでは、ゆっくりとした空間と時間の流れ、そして美味しい食事が味わう事が出来ます。食事はもちろん畑で取れた野菜達が中心。ご希望の方には料理教室も行います。
場所はできれば、やっぱり海に程近いところ♪ 畑を希望するため、海のすぐ近く、、、とは言いませんが、、、、。
いつになるかはわかりませんが、きっと叶えて見せます、私の夢♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-10-16 00:53 | シチリア:野菜・果物
ドライトマトのオリーブオイル漬け
f0101126_20471116.jpg


シチリアで買ってきたPomodori secchi(ドライトマト)が大量に残りました。

シチリアのメルカート(市場)で売っているドライトマトは、お土産屋さんなどで売っているものよりも水分を含んでいて、このまま日本においておいたら、カビが生えてしまいそうなので、オイル漬けを作ることにしました。
作り方はいたって簡単。水で戻す必要も無いほど水分があったので縦に細長く刻んで、ニンニク(ヌッビア産の赤ニンニク)、赤唐辛子と共に、瓶の中に適当に詰めていきました。最後にオリーブオイルをヒタヒタになるくらいまで注ぎ出来上がり。

2週間もすれば、ピリカラのパスタソースが出来上がっていることでしょう♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-10-14 20:47 | シチリア:調味料
あれ?第2位??
私がトラーパニから朝レポーターをしている朝時間.jpのアクセスランキングで、なんと、第2位になっていました♪

朝時間のホームページはコチラ

2つのホームページ(ラ ターボラ シチリアーナドルチェマニア)とこのブログ、これだけでも、結構更新に追われることもあるため、朝時間.jpの更新は毎週水曜日、週1回の更新、と自分で決めました。更新回数も多くないため、これでいいのかな~、、と不安に思っていましたが、今回、朝時間.jpが初めて行ったアクセスランキングでは第2位♪とても嬉しく、励みになりました。

この企画、なかなか面白く、世界中の”朝時間”が覗く事ができます。私が好きな朝レポーターはこの方。世界の辺境を旅をしているらしいです。写真もきれい。

これからも細々と、週1回の更新をしていきますので、よろしくお願いします(*^_^*)
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-10-13 10:03 | 密かなる別の活動
私がスタージュしたお店、トラーパニ 「Bar Angelino」
f0101126_22564755.jpg
写真は、カンティーナ フローリオでケータリングの仕事をしたときのもの。右がオーナーのアンジェロ、左が長男のペッペ、厨房を仕切ります。

2軒目にスタージュしたお店は、現在も住んでいる街、トラーパニにある「Bar Pasticceria Ristorantino Angelino(バール パスティッチェリア リストランティーノ アンジェリーノ)」。すごく長い名前のとおり、”バール”であり”パスティッチェリア”であり”リストランティーノ”なのです(笑) お菓子もあれば、料理も食べれるし、簡単に食べることのできるターボラカルダ(後ほど詳しく説明)もあり、、、。とにかく何でもあります(笑)

トラーパニの港のすぐ近くに位置するアンジェリーノは、地元の人や船で旅行する人で大賑わい。特に夏の忙しさは、、、殺人的。
”アンジェリーノ”とは、オーナーの”アンジェロ”の通称。お店は、オーナーと奥さん、そしてその4人の子供たち(3男1女)、そして10人程度の従業員で構成されています。厨房は、長男のペッペが仕切り、その他、お菓子担当、ターボラカルダ担当、料理担当と3人の料理人(全て男)が働き、お皿を洗ってくれるピーナが唯一の女性。
バールには、2男のジョアッキーノ、3男のジャンピエロ、1姫のアントネッラが時間帯別に勤務。その他、バリスタ、カメリエーレ等々、朝6:00~夜1:00まで開けっ放しという脅威の営業時間に合わせてシフト勤務しています。

オーナーのアンジェロはパレルモ出身。そのため、お店には、”パレルモ風””トラーパニ風”の両方の料理が並んでいます。
ここでの私の目的はズバリ、

パレルモ風ターボラカルダの習得。

パレルモには、ターボラカルダと呼ばれる、スナック的な気軽なおつまみがたくさんあります。例えば、、、、

・ヒヨコマメの粉と水を練って固めてから、切って揚げたPanelle(パネッレ)
・一度は見た事がありませんか?Arancini(アランチーニ)こと、ライスコロッケもパレルモ出身
Croche(クロケ)。ジャガイモを潰して、形を整えてから揚げます
・小さなピッツァという名前の、Pizzette(ピッツェッテ)

などが代表的ですが、その他にもたくさんのターボラカルダがあります。

初めて、アンジェリーノに行ったのは、2005年4月、スローフードのトラーパニ代表、
Franco Saccaに連れられ、お店拝見。入ってすぐにあるショーケースに並ぶターボラカルダ達を見て、「よし!ここでスタージュしよう!」と即決しました。

実際にスタージュを始めたのは6月。この時期のトラーパニといえば、既に真夏モード!ひょー暑い暑い!お店のシフトは、朝が8:30~15:00、いったん家に帰って休憩後、夕方17:30~仕事が終わるまで(笑)通常は、早いときで22:30、遅ければ0時、1時、、、、。
スタージュをしながら、料理やお菓子を学ぶのも当然目的の1つでしたが、私にとってはお店で働くだけではなく、街を見たり、イタリア人が実際にどんな生活を送っているのか?家では何を食べるのか?そういった、イタリア人の生活の実態を見ることも1つの目的だったため、お店で働き始める前に「朝(8:30~15:00)だけのシフトでもいい?」と打診。とりあえず、6月いっぱいはOKということで了解をもらいました。

「ターボラカルダとシチリアの伝統料理を勉強したい」と告げてあったので、最初はターボラカルダを学ぶことに。しかし、真夏の厨房の暑さは殺人的、、、、(@_@;)おそらく50度くらいに達していると思います。ひょーーーーーー。しかし、そんなことをいっている場合ではなく、とにかく仕事を覚えたい!という一心でした。1ヶ月もすると、自分の仕事はきちんとこなせるようになり、次々と色々なことを学びました。
アンジェリーノで働いた期間は3ヶ月、しかし今まで見たこともなかったような料理を色々と学ぶ事ができたような気がします。

といいながらも、今思い出すのは、本当に暑かったこと(@_@;)それと、この時期にアンジェリーノの息子達を介して出会った友達たちと、夜のディープな遊びの世界に毎日繰り出していたこと(笑)。でも、朝は8:30にしっかりお店に。睡眠時間は平均3~4時間!夏はすごく頻繁にホームパーティーをやったり外に食事に行くため、ほぼ毎日外出していたように思います。こんなことをしながら、家庭料理を学んだりイタリア人の実態を観察したり、、、。お店で働くだけではできない体験をいっぱいしました。しかし、よく体力が持ったな(笑)

では、ここからは写真です。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-10-11 22:45 | トラーパニお勧めのお店