トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
Bellissimo S...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景

パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
2008年、師走の独り言
クリスマスの旅行記を書いていたのに、また中断してしまいました(笑)

さて、今年も最終日。今イタリアは朝9:00頃ですが、日本時間は既に17:00。本当にあと少しですね。トラーパニは本日晴天。暖かい年越しとなりそうです。

さて、2008年は、私にとって本当に良い年となりました。

年明けは、日本にあるイタリア大使館からの「労働ビザが発行!」という一報から始まり、、、、。年明けすぐ(確か2日っ!)に労働ビザを大使館に取りに行きました。一度でも試した方はお分かりかと思いますが、イタリアでの労働ビザ、本当に大変なのです、、、。しかも、どこにも所属せずの(つまり雇われず)取得は時間がかかっても取れればラッキー、というくらい。そんな、ビッグなニュース(私にとっては・笑)で始まった2008年は、仕事も少しずつですが幅が広がり、色々な新たな分野にもチャレンジ!な年でした。

プライベートでは、ビザ問題があったためずっと叶わなかったパートナーのC氏との日本旅行も、ビザが発行されたため、ついに実現!(それまでは、私が日本にいる間は、C氏がイタリアに残ってビザの諸所の事を行なわなければならなかったので、、、。)20日間、思いっきり楽しんだのでした。「いよいよ結婚!?」と、多くの方に質問されましたが、そういう訳ではありません(笑)日本へ連れて行きたかったのは、私が生まれ育った場所を見て欲しかったから。そして、私を理解してもらう上でもやっぱり一度実際に日本に行って、色々な事を感じて欲しかったから。日本の文化、って、ヨーロッパのそれとは大きく違うので、私の言っている事が理解できない(言葉の問題じゃなくて、感覚的に)事が、多くあると思うんです。今年はやっとそれが叶った年となりました。

そして、ビザ問題が解決しない為、ずっと控えていた旅行も今年はたくさんしました。4月にはチンクエテッレへ、5月にはスペインの北の海岸、コスタブラーヴァへ、7月にはセリヌンテへプチバカンス、夏の間は近くのファビニャーナ島やマレッティモ島で週末バカンスを楽しみ、そして9月下旬からはC氏と日本へ!今年の旅行の締めくくりは、現在書いている「アマルフィー海岸 クリスマス旅行」です。プライベートでも良く旅をしたけれど、仕事でも1月、3月、11月と、各1週間ずつシチリアを周遊、その他にも日帰りや1泊でのシラクーサへの仕事などがちょこちょこと、、、。いやいや、本当に良く旅をした1年でした(笑)

トータルしてみると非常に充実した1年であったのに、人間の「欲」とは怖いもので、、、(笑)あれほど喜んだビザ取得から早1年。現在、こうして「普通に暮らしている事」が「普通」となってしまっている今日この頃。そして、どんどん「欲」も膨らみ、、、、。そこで、2009年は「感謝の年」にしたいと思います。楽しく健康に生活できている事に感謝、いつも近くで私を支えてくれているC氏と家族に感謝、遠くても暖かく見守ってくれている日本の家族に感謝、いつも忘れずに連絡をくれたり気にかけてくれる友人に感謝、トラーパニまで来てくださるお客さまに感謝、とにかく感謝の念を忘れずに過ごしたいと思います。(ま~、できるか否かは別として・笑)

毎年年末になると自分のブログを遡り、「あ~、こんな事があったな~、、、」と1年を振り返ります。ブログって本当に便利なツールですよね~。日記じゃ写真は残らないし(笑)今日31日は、そんなことを氏ながらノンビリ過ごします。

最後になりましたが、、、、

いつもこのブログに遊びに来てくださる皆様、本当にどうもありがとうございます★2009年もどうぞよろしくお願いいたしますっ!

では、皆さんも良い年末年始をお過ごしくださいね~っ!
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-12-31 16:59 | シチリア日記
2008年 クリスマスの旅 その1 ~ 古代都市ポンペイ遺跡
やっとこさ、まとまった時間が取れそうなので、クリスマスの旅行の記事をアップしますっ!

今回の旅行、私の親友でもあるTチャンがVietri sul Mare(ヴィエトリ スル マーレ)というカンパーニャ州サレルノ近くの街に陶器修行に行く!というところから計画が始まりました。修行が終了するのが丁度クリスマス前。当初は私もお客様がいらっしゃる予定だったのですが、結局そのお客様がキャンセルとなったためクリスマスを一緒に過ごす為、Vietri sul Mareまで迎えに行く、というのが最初の計画だった訳です。せっかくそこまで行くなら、アマルフィー海岸も旅行する?なんてことになり、結局C氏もTチャンのご主人も参加しての旅行となったわけです。アマルフィー海岸からは車で南下する予定だったので、私達はトラーパニからローマにひとっ飛びっ!そしてレンタカーを借りて旅は始まりました。

私とC氏がTチャンに会う前にまず向かったのがポンペイ遺跡。ローマから約250km、車で約2時間。2千年以上前にはここには街があったのですが、ヴェスヴィオ火山の噴火により、街は姿を消したのです、、、。

まず私達が向かったのは「マリーナ門」。ここは海側にあることから名前が付き、ポンペイの街の中心地だった「フォロ(公共広場)」に一番近い門です。まずは入り口で入場を払い(11ユーロでした)、ポンペイの街に入ります!

f0101126_215890.jpg
マリーナ門。

マリーナ門をくぐってすぐ左に見えてくるのが、Tempio Di Apollo(アポロ神殿)
f0101126_219456.jpg
ポンペイで一番古い神殿らしく、

神殿内には2つのブロンズが。(いずれもコピー。本物はナポリの博物館にありそうです。)こちらはアポロ像。
f0101126_2121943.jpg

後姿もステキ~♪
f0101126_2122331.jpg


アポロ神殿の前にはBasilica(バジリカ)
f0101126_2124313.jpg
紀元前2世紀半ばに建てられ、ここではかつて裁判が司られ、商業取引の場として使われていたそうです。こんな昔から、裁判や商業取引か、、、。

バジリカを後にすると、すぐ左手に現れるのがForo(公共広場)
f0101126_2129997.jpg
背景にはヴェスヴィオ山がきれいに見えます。昔の街の中心だった巨大な広場には、現在は犬がゴローンと2匹、のんびりと日向ぼっこしていました(笑)一番古い部分は紀元前2世紀に建てられたそうです。

さて、フォロの東側を通りまっすぐ行くと、そこはMacellum(昔のMercato=市場)
f0101126_21585711.jpg
影になっているため、見難いですが真ん中には12個の石が円形に配置してあります。ここには木製の板が置かれて屋根の支柱がおかれていたそうです。

メルカートの外側にもこんなスペースが。
f0101126_2231119.jpg
一つ一つのブースに分かれています。きっとここでもモノが売られていたのでしょうね~。

さて、フォロの北側にはテルメ(大浴場)があった模様です。
f0101126_22495848.jpg
脱衣所、水風呂、低温風呂、そして普通のお風呂などがあったようです。この頃は、男女に分かれていたらしいです。(今は水着着用で男女一緒のところが多いイタリア)

天井にはこんな装飾が。
f0101126_22535016.jpg

こんな像が無数に壁に埋め込まれていた部屋は男風呂だったそうです。

さて、大浴場を出た後はフォロの北側を散策。

かつてのバールのカウンター。ワインなどが提供されていたそうです。
f0101126_2305440.jpg


Attento al cane!!(猛犬注意!!)
f0101126_2322060.jpg
家の入り口にモザイクで埋め込まれています。

Casa del Forno(カーサ デル フォルノ)
f0101126_237380.jpg
名前の通り、かつてのPanificio(パン屋)さん。左の大きな石は、粉をひくためのもの。右奥には今と同じような薪のオーブンがあります。

こうしてグルリと街の中心地を回ってみると、2000年前に今と同じような生活をしていた事に驚くばかり、、、。今回は入場したのが既に15:00。現在イタリアは17:00頃には暗くなってしまうので、2時間ほどしか見学時間が無く、見学できたのはフォロ周辺とフォロの北側、そしてフォロ東側の大劇場があるあたりのみでした。次回来る事があったら、1日をポンペイ見学にあてて全体をゆっくりと散歩してみたいものです。

期待以上におもしろかったポンペイの遺跡、2000年前にタイムスリップしてきた気分です。
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-12-30 21:30 | イタリアを旅する
貴族の館で学ぶシチリア伝統料理教室
アマルフィー旅行記の前にもうひとつ(笑)

来年から新しい仕事に着手します。

レガレアーリというパレルモから1時間ほどのところにあるワインで知られる小さな村。そこにある貴族の館で行なわれているシチリア伝統料理教室があります。教えるのは、ここで生まれ育ったAnna(アンナ)とその娘Fabrizia(ファブリッツィア)。アンナはスイス・ローザンヌのフィニッシングスクールにも通っていたという生粋のお嬢様。もうおばあちゃんなのに英語も堪能。娘のファブリッツァは、ヴェネツィアやローマで美術の展示会のコーディネータを長年していたのですが、やっぱりシチリアの伝統を伝えて行きたい!という血が騒ぎ始めたらしく、去年からコーディネータの仕事はきっぱりとやめて料理教室に従事しています。

そんなファブリッツァから電話がかかってきたのは今年の8月。私が以前にスタージュをしていたモディカのドルチェリア ボナユートの息子、ピエロパオロを通じて私の事を知ったそうです。それから数週間後に初めてファブリッツァと会い、色々なディスカッションを繰り広げました。その後も電話やメールで、日本での可能性を模索、検討していたのです。そしてようやく、お互いの方向性が合致し、「よし!前に進めよう!」となったのが11月下旬。それから、私はホームページを作り始め、、、、先日、ようやく完成しました。

↓こちらをクリック!
f0101126_23273041.gif


私はこの料理教室の日本向け広報、予約代行、そして必要があれば通訳まで、日本向けの窓口を一気に引き受ける事になりました。これからの課題は山盛り。どうやって日本で宣伝していこうか、、、メニューの翻訳、申し込みに向けてのフォーマット作り、、、、考えたらキリがありません(汗)ホームページもこれから写真やレッスンの様子の写真などを少しずつアップして、より皆さんの想像が膨らむようにしていきたいと思っています。

皆さんからの色々な意見も聞かせていただければ、と思っています。

さて、次回は、ようやくアマルフィー旅行記!(笑)
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-12-29 23:28 | 密かなる別の活動
「便利」って、、、、、。
クリスマスも終わり、今年も残すところあと3日となりました。もうすぐ2009年、早いですね~。

クリスマス前は、子供のプレゼントやお世話になった人に贈るプレゼントを買う人々で街は賑わいます。トラーパニの通常のお店の営業時間は、食料品店やスーパーは午前の部が9:00~:00、午後の部が16:30~20:00と二部制(笑)その他のお店(洋服屋とかアクセサリー屋とか、、、)は、朝10:00頃に開き、あとは食料品店と一緒。そして日曜日は、全てお休み。毎年、クリスマスの時期になっても、バカンス時期になっても30分間くらい営業時間が延びたりするくらいで、このスタイルを続けてきたトラーパニですが、、、。

今年は異変が起きました(笑)

とある大型店舗は、お昼のお休み(13:00~16:30まで)をなくして、更にこの時間帯に来た人には100ユーロごとに20ユーロのクーポン券をプレゼントっ!という事で、もちろんこの時間帯が賑わっていたのは言うまでも無く。今日、日曜日は通常、全て閉まっているはずなのに、今日はやっぱり開いている店が多く。

ローマやミラノでは、既にお昼休みを長くとるお店も少なく、日曜日も開店のお店が多いようですが、ここトラーパニも10年後(って随分先ですが・笑)には、そういうお店が増えてくるのでしょうね。

24時間、街が動いている便利な日本に住んでいる皆さんから見ると、13:00~16:30までお店が閉まってしまい、尚且つ、日曜日もお休み!なんて、不便なの~~~、、、と思われるかもしれませんが、これも慣れてしまえば全く不便も感じず、、、、。お店の営業時間に生活を合わせればいいだけのことであって、私は13:00~16:30の間はランチしたり、家の片付けをしたりする事にしています。逆に、日本に行くとスーパーやデパートも10:00からの開店なので、朝早く起きてもそれまで待たねばならず、返って不便だな~、、、と感じることもしばしば。

日本って、あらゆることにサービスが行き届いていて、お店の営業時間も長く、「便利」ではあるのですが、そこまで「便利」である必要ってあるのかな?、とたまに思うことがあるのです。「便利な社会」にするために、夜遅くまで働く人がいて、夜遅くまで働く人のために、夜中に働く人もいて、、、。

なんて事を考えてしまった、日曜日の朝でした。

今日のトラーパニは天気も良く、厚手のセーターを着ていれば、コートなしで歩けるくらいのポカポカ陽気となりました♪ そろそろ、アマルフィーの旅行記でも書くかな、、、。
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-12-28 19:44 | シチリア日記
正統派イタリア流クリスマスの過ごし方
今年もクリスマスが終わり、最後のイベント(?)大晦日を残すのみとなりました。

アマルフィー海岸を旅行していた私ですが、クリスマス前にはトラーパニに戻り、クリスマスは正統派の過ごし方をしました。

25日の朝、まずは教会へ。大体10:30ごろから始まる25日朝のミサは13:00頃まで続きます。カトリックではクリスマスのミサは計3回行なわれます。第1回目は24日の夜11:30頃から始まり、25日の0:00のキリストの誕生した瞬間(?)を祝います。そして、第2回目は朝日が上がる頃6:30頃、第3回目は10:30頃~13:00頃まで、キリストの誕生を祝い続ける訳です。私は今年は第3回目のミサに参加。すっかり気分だけクリスチャン(笑)冗談はさておき、ミサって不思議な空気が流れているのです。クリスチャンでは無い私ですが、1年間が平穏に終了した事を感謝し、目には見えない何かの力に感謝する、1年を振り返るいい機会でもあります。ちなみに、第1回目と2回目のミサはテレビの実況中継で見ました。

そして、ミサの後はファミリーでクリスマスの昼食に続き、ファミリーで過ごすのがイタリアの伝統的クリスマスの過ごし方。イタリア人にとって一番大切なのは25日の昼食だそうです。(地方に寄っては24日の晩餐が重要な場所もあるようですが。)私はドミンゴ家でクリスマスを過ごしました。去年のクリスマスは私は日本にいたため、1年ぶりのドミンゴ家クリスマス。今年は、日本から親友夫妻が遊びに来てくれたので私にとっては一層嬉しいファミリークリスマス★13:00頃に私達が着くと、既に昼食の準備はほぼ完了していました。

f0101126_2513133.jpg
ドミンゴ家はクリスマスとパスクワ(復活祭)のみに登場するテーブルクロスとナフキンがあります。真っ白のコットンのクロスとナフキンの縁には手の刺繍が施されています。

f0101126_2515847.jpg
今年のランチには大量のラビオリが準備されていました。準備されていたのは2種類。中にラグー(牛肉の煮込み)が入ったタイプと、リコッタチーズ+ほうれん草が入ったタイプ。面白いのはそれを一緒に茹でて食べちゃうところ!ちなみに右のラビオリは、丸い生地を左手で持ちながら右手で編みこんで行きます。パスタの生地が2重にギュッ!と引っ付くところが無い為、ラビオリがフンワリと仕上がります。マンマの娘、マリアピアの得意技なのですが、意外と難しく、3年以上経ってもまだ習得できない私です(って真剣にやっていないのですけどね~。笑)イタリア人でも出来る人はどんどん少なくなっているとの事。いつか習得するぞ!

f0101126_2522068.jpg
ラビオリはシンプルに夏に作った自家製トマトソースで。実はこのラビオリ、、、、。

マンマが24日に1人で半日がかりで大量に作ったのですが、、、。いつもなら冷蔵庫に入れておくらしいのですが、今年はあまりに大量すぎて冷蔵庫に入りきらず家の中で一番寒い部屋に置いておいたそうです。ところが、夜に露が降りたのか、水分を吸ってしまって下の部分が並べておいたプレートに引っ付いてしまった訳です(涙)パスタを茹でる前にはキッチンにはマンマと娘マリアピアの険悪な雰囲気が、、、(苦笑)

「ま~、ま~、味が美味しければいいじゃん」

と能天気な私。マンマはこんな事は初めてだそうで、相当ガックリ来ていました。

しかし、お味は、、、予想通り、激ウマ★旅行中、ずっと外食していた私は、やっぱりどんな美味しいレストランよりも家庭のお味は美味しいのね~、、、と再確認するのでした。

f0101126_2524724.jpg
パンを皆に切り分けるパパ。今日はパパもネクタイ姿でした。いつものコッポラ(シチリアベレー帽)がかわいいです。

f0101126_2531543.jpg
メインは牛肉の煮込みとグリーンピースとマッシュルームの蒸し煮。牛肉は肉汁を使って作ったソースが絶品。グリーンピースは去年、庭で収穫したものを生のまま冷凍したものを使ったようですが、甘くて美味しい、、、。その後カルチョーフィの蒸し煮、フルーツと続き、最後のデザートは、、、、

f0101126_2534236.jpg
じゃん!パネットーネ ファルチータ。パネットーネにクリームが詰められチョコレートがトッピングされています。誰だ?つまみ食いしているのは、、、(笑)そして、最後はカッフェで締めくくり。ゴチソウ様でした<(_ _)> クリスマスと復活祭、お食べ地獄でいつも死にそうになっていますが、今年は比較的軽かった気がします。毎回私達の声、「多すぎる!!」という声が届いたのでしょうか(そんな訳ないか・笑)

食事が終わったのが既に15:30。この後は、恒例の何にもしないでボーっとする(笑)つまり団欒タイムです。夕方からは、大体カードゲームが始まるのですが、今年は「トンボラ」というビンゴに似ているゲームで盛り上がりました。あまりに盛り上がりすぎて写真を忘れてしまいました、、、(汗)

こうして過ぎていった、2008年のクリスマス。ドミンゴ家の皆さんと親友夫妻に囲まれて、イタリア滞在中で一番楽しいクリスマスとなった訳です。訪れてきてくれたTちゃん&Mクン、どうもありがとねっ!

イタリアではクリスマスは日本のお正月にも似た雰囲気が漂います。25日の間に何度、「あ~、2008年も終わってしまった、、、」と、思ったことか(笑)いやいや、あと数日残っています、2008年。残りは壁が塗った家を少し改装して終わりかな。

アマルフィーの写真は、時間があるときにアップします。
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-12-27 02:54 | キリスト教と食文化
Buon Natale !!
f0101126_7374933.jpg


クリスマス前にトラーパニに戻ってきました。アマルフィー海岸の小さな街達はクリスマスのイルミネーションが灯り、とっても美しく、、、アマルフィーのドォーモは夕陽を浴びてキラキラ輝いていました。

たくさんのメールとコメントをいただき、どうもありがとうございます。クリスマスが終わったらお返事を致しますので少々お待ち下さい。

それでは、皆さんも良いクリスマスをお過ごし下さい、、、、Buon Natale!!
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-12-25 07:38 | イタリアを旅する
ポジターノの夜明けです
f0101126_1746260.jpg


昨日トラーパニ空港を出発して、ローマに到着。車で南下してポンペイを見学、その後サレルノの街を散歩。アマルフィー海岸のグネグネ道をひた走り、ポジターノに到着しました。写真はホテルのバルコニーから美しい夜明けです。
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-12-21 17:55 | イタリアを旅する
日本からもクリスマスプレゼントが届きました♪
先週、今年最後のお客様が終わり、あ~少しゆっくりできるかな~、、、なんて思ったのも束の間。突然、家の壁が塗り替えられる事になり、会社のお会計もしなければならず、、、、なんだか結局、お客様がいるときより忙しい1週間でした(笑)

壁はすっかりきれいになり、色も真っ白⇒オフホワイト(というより薄い黄色?)に変えたため、以前よりホンワカした雰囲気になりました。目がすっかり慣れてしまったため、壁だけ見ると白く感じますが、白のままに残しておいた天井と壁との差を見ると色の差は歴然。その他、ソファーカバーを注文し、クッションなども衣替え。家具も少し移動して、、、、大きな変化はありませんが微妙な模様替えとなりました。

そして、今日、会社のお会計仕事をしている最中にピンポーン、と鳴り、出てみると日本からの小包が届きました。中を開けて見ると、、、、、ジャン!

f0101126_23272019.jpg


以前にラ ターボラ シチリアーナに来てくださったお客様、Yさんからの贈り物でした!メールは頂いていたものの、こうして手元に届くと本当に嬉しいものです♪ 有田焼のレモン絞り(すごくカワイイ♪)、手荒れ用クリーム&手袋、そして日本でも作ってくださった料理の写真付きカードが入っていました。手荒れ用クリーム、先日母と電話で「日本には良いクリームが色々あるわよー。」なんて話していたところでした。なんとタイムリー!Yさん、本当にありがとうございました★

ラ ターボラ シチリアーナのお客様としてトラーパニに来てくださった方の中には、今でも仲良くさせていただいている方が多くいらっしゃいます。メールで近況してくださる方も多く、本当にお客様に恵まれているな~、、、と、皆さんに感謝するばかりです。忙しさにかまけ、こちらからなかなかご連絡を差し上げる事も出来ませんが、お時間がありましたら是非是非近況報告のメールなど、してくださいね!

私は明日(20日)から1週間ほど、お休みをいただきます。前半戦は、この前もブログに書きましたがアマルフィー海岸に旅行、そこで日本から来ている友人と合流してトラーパニまで車で降りてきます。そして、友人が出発する26日まで、トラーパニでクリスマスを過ごします。メールの返信が遅れる可能性がありますが、26日以降、順次返信致しますので、少しお待ち下さい。

それでは、皆さんも良いクリスマスをお過ごしくださいね!
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-12-19 23:34 | シチリア日記
Babbo Natale(サンタクロース)がやってきた!
昨日、C氏の家で1人でお留守番をしていると、「ブブブー」、とブザーが鳴り、誰かと思ってみてみるとC氏の友達、ニコラ君がなにやら大きな箱を持って立っていました。

「クリスマスのプレゼントを持ってきたよ~っ!」

と。

f0101126_212331.jpgイタリアではクリスマス前にお世話になった人に贈り物をする、という、日本で言えば”お歳暮”のような習慣があります。定番は大きなカゴに盛りだくさんに入ったワインやパネットーネや食材達。C氏の家には毎年数個の巨大カゴやワインの詰め合わせが届きます。

ニコラ君は幼馴染でもあるけれど、仕事でもお付き合いのあるC氏の大切な友達。そして、毎年”お歳暮”を持ってきてくれます♪ C氏と知り合った年は、トスカーナのワイナリーBanrfi社のブルネッロ ディ モンタルチーノの詰め合わせ(赤ワイン、グラッパ、モスカート、オリーブオイルを始め、色々なものが入っていました)、その翌年は確か、Banfi社の詰め合わせに加え、トラーパニ食材セット(ボッタルガとかマグロ缶とか色々、、、)、そして去年はAmedei社のチョコレート詰め合わせ(1年分くらいのチョコレートが入っていました、、、)でした。毎年毎年、私好みのプレゼントがやってくるのでナニゲに私もこの時期を楽しみにしているのです♪

さて、今年はなにやら大きな箱が2つ、「何これ??」と効くと、

「まーまー、開けてからのお楽しみ!」

と言いつつ、クリスマスツリーの下に置いて立ち去っていきました。(イタリアではプレゼントはツリーの下に置いておいて25日に開けるのです)

むぅぅぅぅ~、、、、気になる。なんだ、中身は??

C氏が帰って来て早速開けてみました。中身はジャン!こちら!!

f0101126_2135453.jpg
わーいいいいいい!!エスプレッソマシーンだーーーーー★

なんでも、Illyから新しいエスプレッソマシーンが出たらしく、、、、。カプセル式のエスプレッソマシーンです。赤い丸っこいフォルムがとってもかわいい★もうひとつの大きな箱には、色々な味が楽しめるカプセルのセット(全部でカプセル170個分が入っていました!やった!)、そして、カップが、、、、
f0101126_2173470.jpg
よく見るとなんだかエッチですが(笑)上の写真にも写っているカップ、ソーサーの絵を鏡面のカップが反映するのです。(写真を撮っていた私の手もすっかり写っていますが) 確か、スペインのダリ美術館でも同じような作品を見た気がします。

そのほか、恒例のBanfiのワインやDammanフレーバーティーのセットも入っていた、今年の充実クリスマスプレゼントでした~っ!

早速試すのが楽しみです♪ ニコラ君、どうもありがとね~~~♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-12-18 21:11 | シチリア日記
家の壁塗り、途中経過。
昨日から始まった家の壁塗り(細かい事情はこちらを参照)、順調に進んでいます。

昨日はキッチンと入り口が終わり、今日の午前中は寝室大が塗り終わりました。残すところ、寝室小とバスルーム、あとはベランダの手すりとか、、、細かいところ。職人さんはイタリア人なのに(笑)意外と丁寧に、そして1人でサッサと仕事を進めていっています。朝もきちんと時間通りにやってくるし(8:30ですよ~)。きちんと働くイタリア人もいるのですよ、皆さん(爆)

さて、壁塗りとともに少し模様替えもしました。去年までは一組限定だったこの家の宿泊ですが、春と秋はお客様が多く予約が重なるので、今までは私の物置になってしまっていた寝室小もきちんと整備してご宿泊いただけるようにするためです。小さい、と言っても通常のシングルルームよりは広いくらいの部屋。1人のご宿泊なら十分のスペースです。今までも数名のお客様(知らない方同士)がこの家に、他のお客様とご一緒された事があったのですが、やはり「食」に興味を持つ人同士、すっかり仲良くなられて、日本でも交流が続いている、とのお知らせもいただきました♪私としては、ここトラーパニでの出会いが、日本でも続いているなんて、、、本当に嬉しいお話です★ 

今日の午後、そして明日、と壁塗りは続き終了予定。その後は片付けに走ります!
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-12-16 21:03 | イタリア住宅事情