トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景
パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Cous Cous Festa 2009!! @ San Vito lo Capo
f0101126_043683.jpg


季節の変わり目だからか、、、大きく天候が崩れていたトラーパニ、昨日からようやく058.gifとなりました!天気が悪かったときは、もう秋だな~、、、と思わせる気温だったトラーパニですが、太陽が出たら暑い暑い!突然夏が戻ってきたトラーパニです(笑)

さて!毎年9月末にトラーパニから約40キロの白い砂浜の街、サン ビート ロ カーポで行われる「Cous Cous Festa(クスクスフェスタ)」に行ってきました。去年の今頃はちょうど日本に帰国中で行くことができなかったんですよねー。フェスタは火曜日から開催していたものの、火・水・木・金と天気があまり良くなく、突然晴れ間が広がった土曜日の夜、19:00ごろに着いてみると、、、、な、なんと、、、、既に人の山。もちろん駐車スペースも見つかるわけがなく(涙)30分以上ウロウロして、ようやく見つけました、、、。(見つかってよかった。)そしていざクスクスへっ!

と思ったものの、、、すごい人、人、人、、、、、っ!そんな中をかき分けかき分け、ようやくクスクスをゲット!

f0101126_0145928.jpg

f0101126_0254152.jpg

f0101126_0295774.jpg
f0101126_0302461.jpg

f0101126_0305489.jpg


私のチョイスは最後の写真、「鶏肉とヒヨコ豆のクスクス」。あっさりしていて美味しかったのですが、もう少しコクが欲しかったところ。もう一枚は、一緒に行ったお客様がチョイスした「野菜のピッカンテ」。ピッカンテと言うからには辛いの?と思ったら、、、「ぜんぜん辛くないですぅ~」、との事(笑)そして、今回、私達の中でのクスクス大賞はC氏が食べた「海の幸とココナッツのクスクス」!実はこれ、2年前にも食べて美味しいなぁ~、、、と思った一品。ちなみにブラジルからの出品です。ココナッツのコクと海の幸って、とっても合うんですよね。各クスクス、違う列に並ぶため、自分がクスクスを受け取り気が付いた時にはC氏が半分以上食べてしまっていたため、写真はありません(笑)

ちなみに、10ユーロで、お好きなクスクス一皿、グラスワイン(赤か白、選べます)、ドルチェを食す事ができます。

土曜の夜、そして久しぶりの雨が降らない夜とあって、この日の夜は真夏の夜並み(もっとかも、、、)の人がいたサン ビート ロ カーポ。街の入り口には何台もの大型バスが止まり、一体どこから来たの??人に酔ってしまった私は、クスクスを食べて散歩をして、、、すっかり疲れてしまいました(@_@;) しかし、シメのジェラートはしっかり食べました。(シチリアの夏の夜のシメと言えばジェラートです!)

人酔いはしたものの、夏の終わりのフェスタは、真夏を思い出させてくれて、なんだかちょっと嬉しい感じでもありました♪

現在のシチリア、暑かったり涼しかったり、、、。天候によって随分気温が変わるので、暑さ対策も忘れず、そして上に羽織るものもお忘れなくお持ちくださいね。
[PR]
by sicilia_trapani | 2009-09-28 00:34 | シチリア日記
魚市場で働く男達
トラーパニの魚市場、とっても活況!なのは大漁だった日の翌日。海がシケた日の翌日は、、、並んでいる魚が少なく。それでも威勢のいいオヤジ達の掛け声で活況は活況です(笑)

お客様がいらっしゃる度に魚市場をご案内するため、すっかり魚市場のオヤジ達と仲良くなってしまった私。

「よっ!ネーチャン!今日は何を買っていくんだい???」

と、そこら中からお声がかかります(苦笑)

料理教室ではお客様のご要望でメニューが決まっているため、その日のメニューに使う魚を探すのですが、まずは市場を一周。目指す魚と、そうじゃない魚もイキが良さそうな魚を持っているオヤジを探します。トラーパニの魚市場は、漁師直販。自分達で釣って自分達で売るスタイル。水揚げされて間もないので、ピクピクと動いている魚や、ニョロニョロと逃げ出しそうなタコ(つまり生きている)もいます。

市場の中はすっかり男社会。魚を売るのが男なら、魚を買うのも男!時々友達のオヤジと会うと、「あそこの魚屋、今日は良い魚、持ってるぞ!」とか、「あそこのオヤジからは買うなよ」とか、なかなか良い情報を提供してくれます(笑)

魚を売るオヤジ達は、自分でも漁に出ているため、私の色々な質問に的確に答える知識者(私にとっては)。料理方法まで教えてくれるから有難い。魚市場では魚売り用のきったないエプロンをしてガラガラ声で叫び、サービス精神旺盛なオヤジ達、時々夕方に街で会うと、小奇麗な格好をしてハニカミながら挨拶をするオヤジ達、なんともかわいいじゃないかー。

市場でカメラを向けると、思いっきりカメラ目線のオヤジ達(笑)今回、一挙大公開!

f0101126_1551255.jpg

f0101126_1553295.jpg

f0101126_1554894.jpg

f0101126_156497.jpg

f0101126_156204.jpg

f0101126_1563645.jpg

f0101126_1565125.jpg

f0101126_157729.jpg


みんな、いい顔しています。
[PR]
by sicilia_trapani | 2009-09-22 01:57 | シチリア:メルカート
今が旬!「Capone(カポーネ)」
f0101126_035414.jpg

最近、トラーパニの魚市場にほんと~にたっくさんいる魚、イタリア語では「Capone(カポーネ)」、さて、日本語名は??

<答え>

「シイラ」

すみません、質問まで書いて、答えをアップする時間が無く、遅くなっちゃいました(汗)

今の時期のトラーパニの魚市場ではCapone、こと、シイラが並んでいます。この魚、マンマに聞くと

「昔は珍重もされていない青魚だったのよ~。1キロ10ユーロとは随分出世したものね」

と。

マンマも「青魚」と言っていましたが、こちらで調べたところ、あんまり青魚っぽくない身ですね。新鮮なら刺身に??むぅ、今度見かけたら試してみようかな、、、。

ここトラーパニでは「焼く」「茹でる」だそうです。日本ではあんまり聞かない「茹で魚」ですが、イタリアではよく食べます。

トラーパニの魚市場は漁港からあがった魚がすぐに並ぶので、本当に新鮮な魚を買うことができます。日本の魚屋さんではあまり見かけない魚も多く、「なんだろうな~、これ」と思っていた魚も多いのですが、すっかりそのままにしていた私。これからも珍しい魚があったらブログでアップしますね。(ってシイラって珍しくない?東京ではあまり見かけませんでしたが、、、)
[PR]
by sicilia_trapani | 2009-09-20 00:04 | シチリア:肉・魚
トラーパニを襲った集中豪雨
f0101126_585957.jpg

9月16日、トラーパニには歴史的にも記録に残る(であろう)集中豪雨に見舞われました。

この日、私はお客様4人をお連れして、カンティーナ2軒+塩田見学、そしてその後アグリジェントにお送りするよていでした。お客様4人中、3名様はアグリジェントに、そして1名様はトラーパニに戻るため、2台の車で出発、する予定が、、、、。暴風雨の中家を出て、午前9時、出発予定時間にアグリジェントに向かうお客様3名様をピックアップするためにご宿泊先ホテルの前に車で到着するものの、、、、あまりの雨、雷、その上、大きな粒の雹が降ってきて、20メートルほど先のホテル入り口までも歩いて行けない状況に。仕方が無いので、車の中で待機。シチリアの雨は10分も待つといつも小降りになるのです。ところが、、、、10分経過、、、20分経過、、、30分経過、、、小降りにならないどころか、状況は悪化(@_@;)そして自分が乗っている車のタイヤ半分くらいが水に埋まっているし、、、、(キャー!)ただ、30分も連絡を取らずにお待たせしているお客様に申し訳なく、雹が止んだ時点で車から降りてホテルに行くことを決意!と思いつつも、あまりの雨になかなか車から降りれず、、、、(怖いくらい降っていたんです、、、)ようやく意を決して出ようと思ったら、運転席からはいきなり20センチほどの水が溜まっていたため出られず、助手席に移動してちょっと高くなっている歩道に着地してホテルに駆け込むと!!

ホテルの中、水浸し、、、、、、、、、、。

トラーパニの4ツ星ビジネスホテル、レセプションの上から雨漏りが始まり、私が到着するちょっと前までは「滝」の様だったそうです、、、、。レセプション横にあった階段から水は地下にくだり、地下1階のレストランも水浸し、、、。恐るべし大雨。(ゲリラ豪雨とはこういう事をいうのですね、、、、)お客様と無事ご対面もできましたが、雨は一向に弱まらず。約1時間後、ようやく山は通り越したように思えたので、出発!!

しかしそこで見たものは、、、、、、、。

川のようになってしまった道路(@_@;)水がないところ、水がないところ、探して走ってもそんな道はなし!こんな光景、確か数週間前にトルコの水害のニュースで見たような、、、、。まさに水の中を走る車になってしまいました。ゆっく~り、ゆっく~り、進むものの、行く先はどんどん水深が深くなり、恐怖を覚えた私。車高が低めの私の車はタイヤの大半が水の中、という状態でした。このままでは事故を起こすかも、、、と思い、車が停められそうな場所を選び私の車を置いて、定員5人の車に6人乗り込み先に進むことに。(こんな日に違反を切る警察官はいないでしょ~)

f0101126_594746.jpg(→右の写真は、パレルモ市街で水に浸ってしまった車)トラーパニを抜けると、幸い、大きな水害はなく、マルサラまでゆっくりながらにたどり着くことができ、ワイナリー見学も駆け足でなんとか2軒回ることができました。(ミラクルだー!)その後も6人でアグリジェントまで無事に辿り着き、トラーパニに戻ってきました。

もしかして私の車、水に埋もれているかも、、、、(@_@;)と心配していたのですが、ラッキーな事に車は無事。家に帰れるー!と思ったのですが、、、、。水はまだまだ引いていませんでした。朝同様、ズブズブと水の中をゆっくり前進、一方通行を逆走しつつ、なんとか家の前まで辿り着きました。。。。。(車って水の中を走れるんですね・苦笑)家の中は幸い被害がなく。

事故もなく、無事に全プランを終了してトラーパニに戻ってきた、、、思わず神様に感謝した1日でした。


f0101126_5105874.jpg今日の新聞を見てみると、トラーパニ市街部のほとんどが浸水、水没した車も多く、大きな被害があったようです。こちらは倒れた大木の切り株。昨日の風でなぎ倒された大木ですが、残った枝などが落ちて被害を避けるため今朝ばっさり切られたそうです。こんな大木が倒れたとは、、、いったいどれだけ強い風が吹いていたのか。自然の脅威です。

しかし、本当に怖かった今回の集中豪雨。今日も街の至る場所で、家に入ってきた水をかきだす作業をしていました。道路は大方整備され、夕方には普通の状態に戻ったトラーパニですが、今回の被害は相当大きかったと思われます。


今日は昨日の大雨がウソのように晴れていたトラーパニでした。。。。
f0101126_583696.jpg

[PR]
by sicilia_trapani | 2009-09-18 05:11 | シチリア日記
秋のドンナフランカはブドウの収穫!
f0101126_213256.jpg

今日は打ち合わせでマルサラ近くにあるアグリツーリズモ「Donna Franca(ドンナ フランカ)」に行ってきました。

ワイナリーを併設するDonna Francaは、この時期収穫の真っ盛り!写真はアグリツーリズモの真正面のブドウ畑。すべてBIO栽培です。人里離れたブドウ畑のど真ん中にあるDonna Francaは夏の賑やかさも既に去り、シーンと静まりかえっていました。ここのところ、猛烈に忙しい私にとっては心休まるひと時となりました。(って仕事で行ったんですけどね・笑)

f0101126_2172665.jpg

こちらは白ブドウ。トラーパニ近辺は太陽光線が強く、尚且つ、風も強いため、高く伸ばすのは厳禁。私の背の高さも無いくらいの高さです。

f0101126_2194784.jpg

黒ブドウ。木の上の方に成っているブドウが無いの、分かりますか?剪定の時に、きちんとブドウが影に成るように計算されているそうです。

さて、以前にもお知らせした10月21日開講のドンナフランカ クッキングスクール、第一回目の講座が開講決定しました!6泊7日のプランでは、料理を学ぶだけではなくシチリアの食文化を色々と体験できる充実のプランです。プランではこんなことができます。

1. 宿泊 6回
2. 料理レッスン 5回 (昼食)
3. マルサラワインワイナリー見学と試飲
4. オリーブオイル工場見学と試飲
5. 塩田見学
6. ドンナフランカカンティーナ見学と試飲
7. トラーパニとエリチェ観光
8. セジェスタ観光
9. シチリア名産品試食
10. 朝食 6回
11. 軽めの夕食 3回
12.工場見学、観光の移動費(専用車)・通訳費

むぅ、ラ ターボラ シチリアーナのプランを全て網羅したようなプランとなっています(笑)

今日、打ち合わせに行ったところ、今年のシェフは国立料理学校で教える本格派シェフと、家庭料理が得意な女性のシェフ、と2人もシェフがいるそうで(笑)レストラン向け料理も家庭料理も両方学ぶ事ができそうです。10月下旬はオリーブの収穫時期だから収穫体験もできるし!なかなか楽しそうで、私も今からワクワクして準備をしています!

受付は9月末をもって締め切りますので、ご興味がある方はお問い合わせ下さい。詳細は、こちら、お問い合わせはこちら

さて、オリーブの木 オーナー制度もたっくさんのお問い合わせをいただきまして、誠にありがとうございました!予想外の反響に、メールの対応が忙しくなり自爆した私でした(笑)ラ ターボラ シチリアーナにお問い合わせいただいている方、少しメールの返信が遅くなっていますが、順次返信しておりますので、少しだけお待ち下さいね。

それにしてもドンナフランカは本当に落ち着く場所、、、。忙しい日常から行くと、まるで別世界。次回の打ち合わせが既に楽しみである私でした(笑)
[PR]
by sicilia_trapani | 2009-09-15 02:21 | ラ ターボラ シチリアーナ
エリチェの陶器屋さん
8月にはアテンドやらプライベートやらで、何度となく登った山の上の石畳の街、エリチェ。中世の街並みがとってもかわいく雰囲気もロマンティックな事でも知られるエリチェですが、隠れた陶器の生産地でもあります。伝統柄が多いエリチェの陶器ですが、去年、とってもユニークな絵付けをする陶器作家のお店がエリチェにオープンしました。

f0101126_6502623.jpg
すっかり私が移りこんでいる上の写真(笑)大きな魚の柄のボウルが印象的なように、ここのお店のテーマは「魚」??外にも店内にも、魚の柄の陶器がたっくさん並んでいます。
f0101126_6504876.jpg


魚ばかり?かと思えば、こんなアート系の作品もあります。
f0101126_6511269.jpg


全体的にビビッドな色使いと、ちょっとコミカルな絵付けが見ているだけでも楽しい陶器屋さんです。個人的に気になるお皿はこちら。
f0101126_6513350.jpg

働くおじさんシリーズ(笑)写真のお皿は、ブドウの収穫(手前)と魚売り(奥)。そのほかにも麦を収穫していたり、ロバにのって収穫物を運んでいたり、漁に出たり、、、色々な働くおじさんがいます。パスタ皿としてちょうど良い大きさのお皿なので、いつか全種類揃えてみたいです。

お店の場所は、エリチェの街の入り口、トラーパニ門をくぐり、メインストリートでもあるコルソ ビットーリオ エマヌエーレの坂を上る途中、右手にあります。入り口は細い道を入ったところにありますが、メイン通り沿いにショーケースがあるので、すぐに分かるはずです。このお店、11月ごろまでは開いていると思いますが、確か冬季は休業となってしまいますので要注意。ちなみに、トラーパニでは購入不可能です。

私はこの日、やっぱり魚柄の小皿を購入♪ 鮮やかな青とオレンジがキッチンで楽しい雰囲気を醸し出しています♪

<店舗データ>
Toti Taormina
Via S.Francesco,1 Erice(TP)
TEL : 339.2919588

<オマケ>
この日、エリチェからはこんな美しい夕暮れを見ることができました。雲に隠れた夕日が放つ光線が、なんとも言えず幻想的です。
f0101126_6551843.jpg

[PR]
by sicilia_trapani | 2009-09-12 06:49 | シチリアを旅する
今月のDancyuはパスタ特集!
今月5日に発売されたDancyuはパスタ特集です。名だたるシェフが定番パスタからオリジナルパスタまで、レシピがたくさん載っています。

そして、私も一品、シチリアの味をご紹介させていただきました。

「イタリアで拾ったお役立ちマンマの味」というコーナーに、シチリアの冬の定番パスタ「カリフラワーのパスタ」を掲載させていただきましたこれは、今もラ ターボラ シチリアーナのマンマのレッスンでお世話になっているWマンマから教わったレシピ。クタクタに茹で上げられたカリフラワーがおいしさの秘訣。簡単に作れるイタリアの家庭の味です。同じコーナーには人気のライターさんがイタリアで食した想い出の味のレシピがあります。パスタ好きの方、必見でーす!

さて、今日のトラーパニ、昨日の天気予報どおり、夕方から雨がっています。そして激しい雷も、、、。まとまった雨が降ったのは3ヶ月ぶりでしょうか、、、。農作物にとっては恵みの雨です。こうして少しずつ雨が降っていき、少しずつ少しずつ秋に近づくシチリアですが、日中はまだまだ暑く(汗)シチリアにいらっしゃる皆さん、朝晩には少し涼しくなるのでカーディガンなどを羽織るもの、そして日中は暑いので暑さ対策&日焼け対策をお忘れなくお持ち下さい。
[PR]
by sicilia_trapani | 2009-09-11 01:00 | 密かなる別の活動
エリチェの夕暮れ
f0101126_5255.jpg

暑い暑い!と書き続けてきた今年のシチリアの夏、おとといくらいからようやく涼しい風が吹き始めました。6月以降一滴も雨が降らないシチリアですが、9月の初めに「Prima Pioggia(プリマ ピオッジャ)」と言われ、猛暑の終わりを告げる雨が降ります。この雨が降ると、気温が少し下がり朝晩には涼しい風が吹き始めるのです。Prima Pioggiaはオリーブの実の生育にも大きく関係し、今の時期にきっちりと雨が降るとオリーブの実は大きく成長していきます。去年は9月に雨が降らなかった為、オリーブの実が一気に熟成した為、収穫の時期が早くなり10月上旬には収穫が始まっていました。(通常は中旬~下旬にかけてです)

さて、写真は日曜日にアテンドでエリチェに行った時に撮ったもの。夕暮れ時に写真を撮ったのですが、真夏には出てこない低くエリチェを覆うような雲がありました。今日もアテンドでエリチェに行ったのですが(この夏、何回行った事やら・笑)、今日は黒っぽい雲がかかっていました。そろそろ雨が降るかな??

エリチェは標高750メートル、山の上にある石畳の街なのですが、大きな雲が出てくるととっても幻想的。この日は、大きな雲の反対側には、真っ赤な夕陽が落ちて行っていました。
f0101126_522582.jpg

[PR]
by sicilia_trapani | 2009-09-10 04:59 | シチリア日記
まだまだ暑いシチリアです
f0101126_1622444.jpg


すっかりブログの更新が滞っております、、、、。9月に入っても相変わらず忙しく、その上、オリーブオイルの木 オーナー制度にたっくさんのお問い合わせを頂き嬉しい悲鳴を上げておりました。お問い合わせいただきました皆さん、どうもありがとうございました。

さて、一旦は落ち着いたかと思ったシチリアの夏、それはたったの2日間でした、、、(汗)現在、また暑さが戻ってきて、連日暑~い暑~い日々が続いています。今年のトラーパニは湿気が多く、まるで「日本の夏」。というと、お客様から「日本の湿気はこんなもんじゃありませんよ」と言われますが。。。考えてみたら5年以上、日本で夏は過ごしていないので、どれだけ湿気があったか、体感として忘れちゃいました(笑)

9月のトラーパニはバカンスモードは既に解消。渋滞も日々増え、中心地に駐車場を探すのも一苦労(汗)こうなってくると、あ~、夏も終わりかな~、、、、なんて毎年思います。ですが、今年のトラーパニ、やっぱり観光ブーム?トラパネーゼ達はすっかりバカンスから日常に戻りつつありますが、チェントロ(中心地)にはまだまだたくさんのバカンスに来た人達で賑わっています。海水浴もまだまだ可能です!

上にアップした写真は、トラーパニの旧市街と新市街の中間地点にあるクエストゥーラ(警察署)の裏の海。トラーパニは半島のような形をしているため、3方向が海で囲まれています。南の海は港なので泳ぐことはできませんが、半島の先端近く、そして北側の海(上の写真は北側の海です)は、海に沿って大体どこでも海水浴が可能です。トラーパニはシチリア9県のうちの1つの県庁所在地。海に近い街は色々あれど、街(県庁所在地があるくらいの都市)と海がこんなに近くて、そして海がきれいで海水浴も楽しめる街は意外と少ないと思います。普通の生活をしながら、きれいな海を見ることもできるし、、、海がすっかり生活の中に溶け込んでいるところが気に入ったのかもしれませんね、私。

さて、来週も料理教室三昧の私。きれいな海を見て癒されながら、がんばりまーす(笑)
[PR]
by sicilia_trapani | 2009-09-06 16:24 | シチリア日記
オリーブの木オーナー制度の詳細が決定!
今日から9月ですね~。(しつこいですが)暑かったトラーパニ、9月の声を聞いたとともに若干過ごしやすい天候となりました!朝晩は湿度もだいぶ下がりクーラーなしで過ごせるように♪ クーラーはあまり好きじゃない私ですが、今年の夏はクーラーがないと逆に体がおかしくなっちゃいそうなくらい暑かったのです。(って本当にしつこいですね~、私)

さてっ!先日募集したブログ読者限定「オリーブの木 オーナー制度」。価格が決定致しました。お問い合わせいただいた皆さんには、9月1日22:00頃に詳細を記載したメールをお送りしております。試しに自分の他のメールアドレスに送ってみたら、しっかし「迷惑フォルダー」に届いていたこのメール、、、(汗)届いていらっしゃらない方は、迷惑フォルダーを確認後、それでも届いていなければ、改めてご連絡をいただけますようお願い申し上げます。(お手数おかけします!)ブログでの価格の提示は行わない為、ご希望の方はこちらからお問い合わせをいただけますようお願い致します!今回は20本限定とさせ頂いたのですが、既に数名の方がお申し込みをしてくださいました!ありがとうございま~す♪

実は、詳細メールに添付した書類にオリーブ農園などの写真を添付したかったのですが、、、写真を載せたファイルは重すぎてメールで送信できませんでした(@_@;)なので、ブログの場をお借りしてこちらにアップします。

f0101126_22335534.jpg*こちら今回の企画立案者であり、オリーブオイルスペシャリストであるAlberto Galluffo(アルベルト ガッルッフォ)氏。


f0101126_22383964.jpg*シチリアで唯一、イタリアでも数少ないという最新鋭の機器を設備した搾油所にて。


f0101126_22401458.jpg*オリーブの木の知識からオイル作り、そしてテイスティングまで幅広く深い知識を持つアルベルト氏は、業界でも引っ張りダコ。大手メーカーのコンサルタントも勤めます。

f0101126_22433468.jpg*今回皆さんにオーナーになっていただくオリーブの木の畑。全ての木はチェラスォーラ種。写真では分かりにくいかも知れませんが、今年は豊作、たわわに成っています。


f0101126_22472863.jpg*収穫は手作業で行われます。こうしてハシゴと熊手(?)を使って手で落としていく作業は、一見楽しそうですが結構大変(汗)


f0101126_22495619.jpg*オリーブは下にあらかじめ敷いてあった網の上に落とされ、これまた人間の手によって集められます。オリーブオイルって、製品になっちゃうと分からないけれど、手間がかかるものなんですよね。。。。


*写真撮影 OKAJIMA NAOMICHI

来年には、オーナーになっていただいた皆さんに、オリーブを摘みに来て頂いたり、出来立てオリーブオイルを使った料理講習会をしたり、、、。既に頭は来年のアイディアでいっぱいの私でした(笑)

オリーブの木って、なぜか魅惑的なんですよね、、、。100年を超えて生き延びることができるオリーブの木。彼らは私達の営みをじーっと見守り続けているのでしょうね。オリーブの木を見ていると、なんだか心が落ち着き神聖な気分になるのは私だけでしょうか。

ではでは、皆様からのお申し込み、お待ちしております!
[PR]
by sicilia_trapani | 2009-09-01 22:58 | オリーブについて