トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景
パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
ラディッキオを食べる
今日、とっても嬉しい事がありました038.gif

順調そうに進んでいる引越しですが、、、やっぱりここはイタリア(苦笑)家具がまだ全部届いていない、、、以外に様々な事が起きています。その中のひとつがインターネット。ケーブル接続は順調なのですが、Wi-Fi接続が最初の2日はうまく行ったのに、その後からプッツリ途絶えて早1週間ちょっと、、、。我が家にはパソコン3台+iPhoneeがあるため、さすがに全部ケーブルで繋ぐのは厳しいし、iPhoneはケーブルじゃ繋げないし、、、(涙)

諦め気味だった私とは対照的にヤッキになっていたのがC氏。朝、昼、夜、とヴォーダフォンのコールセンターに電話をかけています。(ちなみに、夜中の0:00までやっているんですよー・驚)

が。

毎回言われるのは、「回線を全部引っこ抜いて、リセットボタンを押して、パソコンを再起動して、、、」って、そんなこと100回くらいやったワイ!!昨日は、こっちがキレたら、「ブチッ」という音と共に電話もキレました、、、047.gif 電話を切られた私は怒り大爆発!!!!031.gif

と、ま~、こんな事が続いていたこの1週間でしたが、今日めでたく解決しました~~~~038.gif あ~、これで毎日キレなくて済むわ(笑)



f0101126_0245932.jpg題名と大きく話はそれましたが、今日のランチのお題は「ラディッキオ」でした。ラディッキオと言えば、北の冬の食材。シチリアの冬食材と言えば、、、カルチョーフィ、フィノッキオ、ブロッコリー。新鮮な野菜が並ぶシチリア、そして地元でとれた野菜が並ぶのがシチリアの市場のいいところですが、さすがに食べ飽きるわな(苦笑)今日は、「たまにはカレーもねー」という勢いでラディッキオを購入した私でした。

本当は「Radicchio di Treviso」、トレヴィーソのラディッキオという(→写真参照、よく見えないわ~、というかたはココをクリック!)クルクル先っぽが丸いラディッキオが欲しかったのだけれど、ここシチリアで手に入るわけもないので、普通のラディッキオを買ってきました。

で、買ってきてから何を作るかを考える私(笑)

で、作ったのがこちら。↓


f0101126_0404699.jpg

ラディッキオのリゾットとラディッキオのオーブン焼き。いずれも簡単美味しい!の一品です。

リゾットは、みじん切りにしたたまねぎと千切りにしたラディッキオをオリーブオイルで炒め、しんなりしたらお米を投入。で、野菜のブロードを適宜足しながらお米を仕上げます。最後にパルミジャーノ レッジャーノをドサッ!(←ここがポイント!)と入れて出来上がり~。本場(トレビーゾ?)では、ワインを入れたり、バターを入れたりするらしいですが、私はさっぱりと仕上げたいため、余計なものはナシ。シンプル イズ ザ ベスト、です。

オーブン焼きは、ラディッキオを縦4等分にしてフライパンで10分ほど炒め、オーブン皿に入れて、上に生ハム、モッツァレッラ、パルミジャーノ レッジャーノを乗せてオーブンで20分ほど、焦げ目が付くまで焼きます。

ラディッキオって特有の苦味が美味しいのですが、チーズ類と良く合うんですよね。リゾットもオーブン焼きも結構な量を作ってしまったので、あまったら夜にでも食べるか~、、、と思っていたのですが、2人で完食。食べすぎか?でも野菜だからいっかー。

今日は嵐のように雨&風がやってきたトラーパニですが、問題も解決したし、美味しいものも食べたし、、、夜はゆくり寝れそうです(笑)
[PR]
by sicilia_trapani | 2010-02-11 00:12 | シチリア:野菜・果物
パスタと野菜の関係
さて、パレルモからトラーパニに来てくださったこの方から、事前にこんなリクエストが。

「マンドルラ(アーモンド)とアーリオ(にんにく)が入ったトラーパニのパスタが食べたい」

マンドルラとアーリオが入ったトラーパニのパスタ、、、、と言えば、これしかなし。
f0101126_205921.jpg

その名も「ペスト トラパネーゼ」。そして、パスタを囲む半円形のもの、、、これは一体??見ればお分かりかと思いますが、「茄子」です。トラーパニ地方では、

パスタ+茄子(又はジャガイモ)のフリット

というのが、昔の伝統的な食べ方だったそうです。

伝統的、、、というより、以前、王国制だった頃のシチリアは、貴族(とか地主とか、、、)と農民の貧富の差が激しく、農民は「肉」を食べることがなかなか出来なかったそうです。そこで、茄子やジャガイモなど、身近にあるものを油で揚げて、「肉の代わり」に食べていたそうです。「ペスト トラパネーゼ+茄子のフリット」は、パスタ+野菜の代表格。現在もこうして食べる家庭が多いようです。個人的には美味しいな~、、、と思う組み合わせですが、昔の人達は色々工夫を凝らしていたんですね。好きなものが好きなだけ食べれる事って、本当に幸せなんですね~。

単純に「トラーパニのペースト」と名前が付いていますが、これが本当に侮れないのです。材料はトマト、にんにく、バジル、アーモンド、と至って単純。美味しさの秘訣は、

トラーパニ産の赤にんにく

トラーパニから5キロほど離れたNubbia(ヌッビア)という村は、薄皮の部分が赤いにんにくの名産地。このにんにくが美味しいんだな~。。。。スローフード協会が認定している「プレシディオ」という伝統食材にも名前を連ねています。一時はこのにんにくの価値も正当に評価されず、にんにく農家を廃業する人が増えていたところ、スローフードトラーパニ支部が立ち上がり、このにんにくの価値を農家にもイタリア全土にも発信して再復興させた、という伝説(?)もあります。それだけあって、本当に美味しい。

地元では「Pasta con l'aglio(パスタ コン アーリオ)」、つまり「にんにくパスタ」、って呼ばれています。にんにく、、、美味しいのですが、相当な量が入っているため、食べた後はほんのりとにんにくの香りが鼻から、、、口から、、、漂ってきます(笑)とは言ってもやっぱり美味しいんだな~、これが。トラーパニにお越しの際には必食(?)です。
[PR]
by sicilia_trapani | 2010-02-09 20:50 | シチリア:パスタ・リゾ
冬の海もやっぱりきれいだな~。
f0101126_16452116.jpg


春の足音が少しずつ聞こえてきたシチリアです。

引っ越す前はチェントロに住んでいたので海までは徒歩5分。毎日のように散歩に出かけていました。引っ越してきたこの家は、家から遠くに海が見えるのですが、海までは徒歩5分、、、というわけではなく、車で5分。その上、この1ヶ月は引越しに燃えていた(笑)せいもあり、なかなか海をゆっくり見る機会がありませんでした。

昨日はチェントロで用足しをした後、この方がトラーパニにやってくるので待っている間、海辺を散策、久しぶりに海の写真を撮って遊んでいました。

トラーパニの海岸は北側の海にあります。昨日は、北風がビュービュー吹いていたので、海岸がある側の海は大荒れ!普段は地面?と思っちゃうくらい、まったいらな海に白波が立っていました。遠い昔、波乗りだった私は、こんな波のある海を見ているのも好き♪ 波って、ひとつひとつ形や速さが違って、同じ波って2度と来ないんですよね。

空にはたくさんのカモメがたのしそーに空中飛行。
f0101126_164813.jpg

キミ達は本当に自由だね~。(ま~、私も相当自由ですが・笑)

もう、春はそこまで来ています、、、(いや、来ているといいんだけど、、、、・笑)
[PR]
by sicilia_trapani | 2010-02-09 16:52 | シチリアの自然
「お問い合わせ」についてのお知らせ
2月6日(土)、及び、7日(日)にラ ターボラ シチリアーナのホームページの「お問い合わせフォーム」からご連絡頂いたお客様、何故か頂いたお問い合わせの内容をこちらで確認することが出来ません。お手数ですが、必要事項をご記入の上、

info★tavola-siciliana.com (★を@に変えてください)

こちらのメールアドレスまでご連絡いただけますよう、お願い申し上げます。お手数をおかけ致しまして申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by sicilia_trapani | 2010-02-08 04:24 | ラ ターボラ シチリアーナ
大地の恵みに感謝!
昨日、やっとこさガスコンロが使えるようになりました。

本当はシンクも昨日届く予定で、シンクの排水工事と合わせてガスの配管もする予定だったのですが、、、シンク、なんと私達が注文したものと間違ったサイズのものが届いてしまいました(涙)

「でも、料理できないのは困る!!」

との訴えに、とりあえず仮のシンクを置いていってくれたのでした、、、。で、一応、排水工事もガスの配管も無事終了してようやくキッチンで料理が出来るようになりました♪ 先週から、料理が出来ない状況になり、毎日食べているものと言えば買ってきたピッツァとか、アランチーニとか、、、ひじょ~に最悪な食生活が続いていたこの1週間。そして、私がたまらなく食べたくなったもの、それは、、、、

「Pasta con la salsa(パスタ コン ラ サルサ)」


この辺りでは「Salsa(サルサ)」と言えば、トマトソースの事を指します。なので、Pasta con la salsaは「トマトソースのパスタ」、です。え?そんなものが、、、?とお思いかも知れませんが、これがおいしいんです。そしてこれが美味しい秘訣は、、、

ドミンゴ家で栽培された無農薬トマトを使って作ったトマトソース

これです!

f0101126_1595873.jpg


ははは、なんの変哲もないトマトソースのパスタじゃん!って?ブログの読者の方は既にご存知のように、ドミンゴ家では毎年自家製トマトで500キロ以上(!)のトマトソースを仕込みます。このトマトソース、トマトを軽く茹でて皮と種を除いただけで、塩も調味料もなんにも入っていないシンプルなものなのですが、これがまたすんごく美味しいー!んです。私はオリーブオイルでにんにくを軽く炒め、このトマトソースを注いで煮込む事10~15分程度、軽く塩と胡椒、そしてドミンゴマンマのパスタに欠かせない秘密の調味料(ふふふ)を入れて味を調整します。それだけで、ものすごーく美味しいパスタが出来るんです♪このパスタを
食べると、本当に大地の恵みに感謝だな~、、、と毎回思うのでした。

今日は"lasagnette(ラザニェッテ)"と書いてあった卵がたっぷり入ったパスタを使いました。去年の暮れに頂いたお歳暮の中に入っていたピエモンテのパスタですが、普段食べない卵入りパスタ、久しぶりに食べましたがコクがあって美味しかったです♪ とは言うものの、、、先週の引越しで精を使い果たしたのか、2日前にC氏が風邪でダウン。「引越しがんばりすぎるからだよー003.gif」なんて笑っていたのですが、実は私も昨日発熱してダウン007.gif 今日は二人とも食欲が本調子ではなく、控えめのお食事となりました。

さて、毎日何かが起きている引越しですが、、、(詳しいことを言い始めたらキリがないので割愛させていただきます・笑)毎日何かが起こる代わりに、毎日一歩ずつ前進しています。イタリアにしてはひじょーに順調に進んでいますが、、、日本から考えたら考えられない事に驚かされる毎日。ま~、これも刺激があっていいのかも(笑)ボチボチとがんばります。
[PR]
by sicilia_trapani | 2010-02-05 22:00 | シチリア:パスタ・リゾ
室内の温度
皆さんの家の室内は何度ありますか??

引っ越してきたこの家、5階(日本で言うところの6階)部分にあり、日当たりがいいせいか、日中は暖房をつけなくても少し厚着をすればやり過ごすことができます。で、日中、現在午前11:00、暖房ナシの状態でで温度計は「14度」を指しています。ちなみに外の気温は「11度」と今日は肌寒く、曇り時々晴れ。

f0101126_19105657.jpgここシチリアは、「冬」と言っても、日中に10度を切る日は稀だし、太陽が出れば15度以上に上がるし、本当に寒いな~、、、と感じるのは1月、2月だけだし。ということで、家の中の暖房器具があまり充実していません。この家には→こんなタイプの暖房器具が各部屋にあって、スイッチを入れると熱湯が流れて暖かい空気を出す仕組みとなっています。1時間くらい付けていると部屋の温度は1度くらい上昇。たったの1度ですが、家全体の空気が温まるため、ポカポカした感じになります。でもその時点で「15度」。

日本でもイタリアでも北に住んだことがないのでわかりませんが、イタリアの北の家は暖房器具が充実、そして室内も半袖ですごせるほど暖かい、と聞きます。日本も同じで北海道は家の中はあたたかい~、ってよく言いますよね。そう言えば、日本にいた頃、実家のリビングの温度は常に「20度」を越していたっけ、、、。それなのに、「寒い寒い!」と言っている人がいたりして(笑)20度もあったら十分に暖かいのにーーー。そういう私は相当の寒がりなんですけどねー。寒さって慣れるのでしょうか?

今日、四国に住んでいらっしゃる去年トラーパニに来ていただいたお客様からいただいたメールには、

「四国は日中は10度ぐらいまで気温があがります。寒さも、あと数週間で終わりです。」

と、書かれていました。

そっかー、10度に上がると暖かいのか~。シチリアの冬は日中10度を切る日って、ほとんどないのですが、やっぱり暖かいの??皆さんの住んでいる場所は、何度くらいありますか?そして、家の中の温度は何度ですか?

な~んてくだらない事を、朝から考えるのでした(笑)コメントお待ちしていまーす。

<追記>
皆さん、たくさんのコメントをありがとうございました!皆さんのコメントを見ていると、トラーパニ、外の気温はやはり暖かいのかなぁ~、、、と思いました。ちなみに、今日は外の気温も家の中の気温も同じく「15度」。窓を開けていても寒くありません。ちなみにトラーパニ、夜の気温もほとんど変わらず、大体10度~12度くらい。寒いときでも8度。日中気温が上がらない日でも、夜の気温もさほど冷え込まないので、あまり寒く感じないのかも知れませんね。ちなみにイタリア中部~北部から来た人達は「暖かいね~」と言っています(笑)
[PR]
by sicilia_trapani | 2010-02-03 18:49 | イタリア住宅事情
からっぽの家を埋めていく その3
今日も元気に引越し!じゃなくて、引越し後の整理!です(笑)

引っ越してきたものの、、、現在家にある家具は、ベッド、寝室のタンス、キッチン。そしてキッチンは届いたものの、シンクがまだ届いていなくって、、、。シンクが届いたときにガスも一緒に設置する予定なので、現在ガスコンロがまだ使用できず料理ができない状況です(涙)数年前にC氏が使ったことなかった(使う必要がなかった)「電子レンジ」を興味本位で購入。家族揃ってできたてのご飯を食べるのが日常のイタリア人は意外と持っている人は少ないんです。私達も、作り置きしたものを温めて食べる、、、ということがほとんどないため、今まで使ったことは数回、、、という代物でしたが、現在お湯を沸かしたり、買ってきた食料を温めたり、、、今になって大活躍!使えない代物もいつか役に立つものですね(苦笑)

f0101126_22382986.jpg週末に雨&寒い中、猛烈引越しをしたせいか、C氏は昨日の夜から体調を壊し(壊れたのはお腹)昨晩はほぼ眠れなかった模様。私はあまりに疲れたせいか21:00ごろベッドに倒れ込んでから、、、朝まで爆睡!(笑)そして、今日もお腹が壊れているC氏は仕事を休んだものの、午前中ず~っとこんな事を、、、、→

洗濯機の取り外し&分解&塗りなおし&再度取り付け。洗濯機、いつだったか気がフレタノカ、、、扉の部分をゴールドに塗ってしまったC氏、、、。そのときも塗るにあたって、すべてを分解、そして取り付け直したのですが、今回も私のたっての希望で「白」に戻すことに。朝起きてから、洗濯機を水道から取り外し、分解して、、、体調悪いんじゃないの???あ、私の希望だったからいっか。

今回の引越し、家具の到着は遅れているものの、電話(ADSL)、ガスの修理、諸々の修理や取り付け、あまりにも順調でなんだか気が抜けちゃうほど。皆さんのご期待にも沿えずに申し訳ございません(笑)


f0101126_22384414.jpg順調すぎてネタがないので(笑)、私のこだわり&お気に入りを少しずつご紹介したいと思います。今日はここ。←

キッチンのガスレンジ。これは私の独断と偏見で決めました。ガスは6口、と決めていた私。その中でも、鍋やフライパンが効率よく置けそうなものを選びました。(6口あっても、すべての口に鍋を置くことができない、、、なんていうコンロも多々あり)そしてフードは「汚れるよ~~~」という家具屋の意見を完全無視して透明のガラスタイプ。見た目重視(笑)っていいながら写真がないのは、午後にとったらなんだか暗くなってしまったので、後日、シンクが付いたら改めてフードの写真もとってアップします。


何はともあれ、とりあえずシンクが届いて、キッチンが完成すれば、とりあえず普通に暮らせます。この後届く予定のものは、キッチンのテーブル(既に椅子は到着しています・笑)、ソファー、テレビラック、寝室のベッドの横に置く小さな台(これなんて言うのでしたっけ??)、寝室のミニタンス、お客様様ベッド・タンス、、、ひゃ~、まだまだありますね。この先、カーテンに電気カバーにと、まだまだ購入必要なものもたくさんあります。ま~徐々に、、、、と思っている私ですが、猪突猛進のC氏は、すごい勢いで揃えちゃうんだろうな、、、本当にイタリア人か??

では、これからまた、家を片付けマース。
[PR]
by sicilia_trapani | 2010-02-02 22:45 | イタリア住宅事情
引越しかんりょー!!
f0101126_17481156.jpg


やっとこさ、引越しがかんりょーしました!と言っても、荷物をすべて運び出した、、、と言ったほうが正確かも(苦笑)木曜日にキッチンやらベッドやらが届き、金曜日~土曜日で荷物をすべて運びだし、日曜日は旧C氏の家を掃除して引越しが完了しました。なんとか土曜日からは新居で寝ることができ、迎えた日曜日、初めて新居から見る朝の風景は曇り晴れ、、、のような美しい山の風景でした。ちなみに家はエリチェの山の麓近くにあるため、東側の窓からはエリチェが、西側の窓からは遠くに海がうっすらと見えます♪

イタリアに来てから早5年半。最初はイタリアに残るつもりなんてこれっぽっちもなかったのに、何のご縁かここイタリア(しかもトラーパニ!)に住み着くこととなり、仕事を始め、そしてついに居も構えてしまいました。(賃貸ですけどね・笑)1年半ちょっとの料理留学ですっかり貯金は使い果たし、イチから始めたトラーパニでの生活&新しい仕事、色々な方からの助けはあったものの自力でここまで辿り着いた自分を褒めてあげたい!!(爆)と、共に、いつも応援してくださっている日本の皆様、家族と友人、そして近くで精神的に支えてくれる(時には邪魔をしてくれる・笑)C氏に、改めて心から感謝するのでした。

2010年は引越し騒動でバタバタしていて、のんびりと物事を考える時間もありませんでしたが、こうして一段落してみると、5年半の間に起こった色々なことを思い出してみたりして。。。。なんて感傷に浸っている時間はやっぱりありません(笑)まだまだダンボールの中に潜んでいるモノ達を引っ張りださねば、、、。

しばらくは引越しネタが続きそうですが、どうぞお付き合いくださいませ。
[PR]
by sicilia_trapani | 2010-02-01 18:07 | シチリア日記