トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景
パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:シチリア・パスタ ( 7 ) タグの人気記事
カンティーナ シチリアーナのシェフのクスクス教室
f0101126_2037426.jpg

まだまだ続く、chihoちゃん一家ネタ(笑)ラ ターボラ シチリアーナにいらっしゃってくださったお客様の中でもご要望が多かった「シェフの料理教室」。トラーパニの伝統料理が食すことができるトラットリア”カンティーナ シチリアーナ”のシェフ、ピーノさんに頼んで初体験してきました。ピーノはもともと友人だったため、「レッスンをやりたいんだけれど、、、」という私の要望に「いいよ~~~」と2つ返事。私達が選んだ料理は、トラーパニの伝統料理「魚介スープのクスクス」。ここトラーパニはアフリカ大陸に近いため、北アフリカ料理であるクスクスがチュニジアから渡ってきたのです。トラーパニでは、粉からクスクスを手作りするのです。アラブの文化を大きく受けるシチリア全土でも、手作りクスクスが食べられるのはトラーパニ地方のみ。

さて、レッスンはマンマのレッスンのように1~10まで作るスタイルではなく、クスクスつくりを体験、と言った模様で進みます。硬質小麦の粉に水を混ぜてグルグルまわしていくと、粉と粉が引っ付いてきて粒粒上になります。それを乾かして、更にオリーブオイル、シナモン、こしょう、玉ねぎで味をつけてから1時間45分蒸します。みんなでクスクスを作っている間、ワインと軽いアンティパストの試食。アンティパストはチーズやトラーパニの名産品。トラーパニのクスクスと言えば、魚介のソースをたっぷりとしみこませた「クスクストラパネーゼ」。レッスンでは、魚のスープは作りませんが、作り方をシェフから教えてもらいます。

f0101126_2037463.jpgそしてお待ちかねの試食タイム!今日は、「クスクストラパネーゼ」「からすみとアーモンドのパスタ」、そしてメインとして「トラーパニの新鮮な魚のグリル」を食べました。クスクスは、基本的な作り方はほぼ同じなもの、粒の大きさだったり、調味の仕方だったり、魚スープの味だったり、、、微妙に味が異なります。カンティーナシチリアーナのクスクスは洗練された味。すっきりしていてとても美味しいです。

みなさん、「美味しい美味しい!」と言って召し上がってくださり、私も安心♪ シェフはとても子供好きで、レッスンをしながら説明をしながらも、常にユキちゃんを気にかけて、いたずらをして遊んでいました(笑)イタリア人は本当に子供をあやすのが上手。

レッスンが始まったときには大雨だったのに、レッスン終了後は晴れ間が見えました。これで、明日は晴れるかな?皆さん、お疲れ様でした!
[PR]
by sicilia_trapani | 2007-03-08 20:38 | ラ ターボラ シチリアーナ
久々のドミンゴマンマの料理教室
f0101126_134829.jpg


私の主宰する料理教室、ラ ターボラ シチリアーナで行っている田舎のマンマ料理教室、冬に少し体調を崩してしまってお休みしていたのですが、先日、はれて再開。張り切ってレッスンに行ってきました。
田舎のマンマのレッスンは、トラーパニから10キロほど離れたカンパーニャ(田舎)で行われます。庭には家庭菜園とはいえないほどの畑があり、現在オレンジやらレモンやらがたわわになっている、という自然に囲まれた環境で行われます。畑で、作物がどうやって作られるか、パパが説明して、マンマは料理教室を。私にとっては理想の料理教室。

f0101126_15332.jpgさて、レッスンは先日からトラーパニに来てくれているフィレンツェのchihoチャン一家。作ったのは、トラーパニ地方の代表的な手打ちパスタ”ブジアーテ”と、トラーパニで作られる赤ニンニクを使った”トラーパニ風ソース”。まさに伝統の一皿です。一人娘のユキちゃんも張り切って参加!「クルクルクルクル~~」と言いながら上手に巻いていました。ドミンゴマンマも、子供にはめっぽう甘く(笑)、親切に教えていました。皆さんとってもお上手で、完成したパスタはまるで売り物!(写真右)
外では、パパとchihoちゃんのダンナ様、アントネッロが畑談義(笑)カルチョーフィとサルシッチャ(イタリアの生ソーセージ)を外で焼くため、二人で畑談義をしながら火をおこしていました。
久々の田舎マンマの料理教室、自然の中で行われるため、本当にリラックスしてワイワイガヤガヤと楽しんで作って、さぁお味見!!美味しいもの大好き一家のご感想は、、、、?と、すこしドキドキしていましたが、皆さん「おいしいぃぃぃぃぃぃ!」と言ってくださいました♪よかった、ホッ。

f0101126_173361.jpgさて、ここのところ、天気も悪く、ドミンゴ家の畑の様子、すっかりアップしませんでした。現在、カルチョーフィ、ソラマメ、グリーンピースが実をつけはじめています。写真のソラマメは、今ちょうどお花が咲いています♪ たまねぎ、ニンニクはそろそろ収獲、フィノッキオとオレンジは季節が終わりかけていました。そして、先日、夏に向けて、ジャガイモ、トマトの種をまいたそうです。いずれにせよ、いつも何か食べれるものがあってとっても素敵な畑(笑)いつかは私もこんな畑がやってみたいけれど、これを一人でやるのは大変だろうな~、、、(汗)

この日は、とっても天気がよく夕方も裏の散歩道でお話をしながらのリラックスタイム。久々の田舎マンマ料理教室は、私もとっても満足して終了しました。

今後、田舎マンマの料理教室は、マンマに無理の無いよう、月に2回のみの限定として予約を受け付けることに決定。ご希望の方は、お早めにどうぞ。

シチリアで学ぶシチリア料理教室 ラ ターボラ シチリアーナ
[PR]
by sicilia_trapani | 2007-03-08 01:09 | ラ ターボラ シチリアーナ
Bujiate col Pesto Trapanese(ブジアーテのペスト トラパネーゼ)
f0101126_037191.jpg
ここのところ、マンマの料理教室が続いているため毎日モリモリ美味しい料理を食べています。

先週は、私がもっとも好きなトラーパニ伝統料理の一つ、Bujiate col Pesto Trapanese(ブジアーテのペストトラパネーゼ)をレッスンで行いました。

ブジアーテとは、この近辺で良く食べられているねじり手打ちパスタのこと。細い棒にクルクルと巻きつけて作っていきます。
ペスト トラパネーゼは、ニンニク、トマト、バジリコ、アーモンドをミキサーでまわしたシンプルだけれどとっても美味しいペースト。ここで欠かせないのが、トラーパニの近くNubbia(ヌッビア)という小さな街で作られているl'aglio rosso(赤ニンニク)。このニンニクは、ピリッ!と辛味があるのですが、とてもよい香りがするのです。それでもって食べたあとも口にあまり臭いが残りません。つまり味はしっかりあるのに、臭いが残らない、なんとも不思議なニンニクなのです。

ラ ターボラシチリアーナのマンマの手打ちパスタ教室では、まずこのぺスト トラパネーゼを準備した後、セモリナ粉1キロ分(!)の手打ちパスタを作ります。1キロ分、というと、相当量があるのでしっかり練習して学んでいっていただけます。レッスンが終わる頃には、皆さんすっかりブジアーテ職人のようになっています(笑)

さて、この日は生徒さんも1人だっため、マンマの生徒さん、私も手伝ってセコセコとブジアーテ作りに励みました。そして、お待ちかねのランチタイム!!マンマの家族も家に戻ってきて皆でのランチ。シチリアの一般家庭の雰囲気を味わいつつのブジアーテの試食タイムです。

手打ちパスタを作る日は、終わってみると結構疲れているのですが、そんな疲れも食べて吹っ飛ぶほどの美味しさです。

■シチリアでマンマに料理に料理を教わる→ La Tavola Siciliana
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-11-08 00:38 | シチリア:パスタ・リゾ
シチリアの夏の滋養強壮スープ:Ghiotta(ギョッタ)
f0101126_18444561.jpg
連日暑い日が続いていま~す!(しつこい、、、 (^_^;))
昨晩はちょっと用事があって畑でおなじみのドミンゴ家に夜、お邪魔することに。友人がドミンゴ家のマンマに電話したところ、

「今日はボクが大好きな料理が待っているよ~♪」

と。

「なになに??何が食べれるの??」と、食いしん坊の私は家に着く前からワクワク♪

さて、着いてみて準備されていたものは、、、、

ん?なになに?

え??

カタツムリだーーーーーーーー!!!!

ウワサには聞いていました、シチリアではカタツムリを食べます。
昨晩、準備されていたカタツムリは比較的大きいもの、そう、エスカルゴみたいなもの。あれ?エスカルゴ=カタツムリ??

準備されていたのはシチリアでは、「Ghiotta(ギョッタ)」と呼ばれる、野菜とカタツムリのスープ。入っている野菜はズッキーニやジャガイモなどなど、もちろんドミンゴ家で収穫されたもの。カタツムリはエスカルゴみたいにオーブンで焼くのではなく、下茹でして臭みをとった後、スープと一緒に煮ます。カタツムリは滋養強壮にいいそうで、この時期、暑く体力を消耗するので、じっくりと煮込んだカタツムリと野菜のスープは栄養満点なんでしょうね~。ん~、理にかなっている。

マンマやパパがいうには、カタツムリにも何種類かあるそうで、昨晩のカタツムリは「Lumache verde(緑のカタツムリ)」または「Lumache marrone(茶色のカタツムリ)」と呼ばれるらしく、そのほか、これらよりもっと繊細な味のする「Lumache bianche(白いカタツムリ)」があるそうです。それぞれ、シチリア弁では違う呼び方をするのですが、、、、何というのかは忘れてしまいました(^_^;)次回、きちんとメモってきます。
ちなみに、カタツムリは、パパが畑から収穫してきたそうです。(笑)

さてさて、お味は、、、、美味しくないわけがありません。自家製の野菜を煮込んだスープ、カタツムリスープを食べるのは初めてだったのですが、全くクセは無し。どことな~く、なにか変わった風味がするのですが、、、、嫌な風味ではなく、、、、美味しい♪ カタツムリはもちろん身もたべるのですが、味はサザエを思わせるような苦味がありました。「思わせる、、、」というより、サザエにそっくりな味(笑)

◎フランスにお住まいの方に質問。エスカルゴってカタツムリ??やっぱり畑で取れるの??

◎イタリア各地にお住まいの方に質問。やっぱりカタツムリ食べますか??

ちなみに、昨日の昼間、ドミンゴ家の家の前ではなんと、、、、52度を記録したそう!!パパ曰く、、、、

「明日はもう計らないよ~、、、、52℃もあるかと思うと、怖い、、、、」

だって 笑
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-06-29 18:45 | シチリア:パスタ・リゾ
マンマの簡単料理 Cuccurucu (クックルクゥ~)
f0101126_2255076.jpg

シチリアでは現在20:30ごろまでまだ明るく、21時ごろにようやく暗くなっていくほど日が長くなっています。昼間は灼熱のため、家の中のほうが涼しいのですが、夜になると風がすこし吹いてきて、逆に外のほうが涼しくなります。なので、ドミンゴ家では夜ゴハンはいつも外。
先日お邪魔したときも、20時くらいに、「そろそろゴハンしようかしらね~」というマンマの一言を合図にパパが外のテーブルをサッサッと準備し始めました。しかし、それまでな~んにも用意をしていなかったマンマ、一体食べるのはいつなの??と思っていたところに、

「今日の夜はクックルクゥ~よ」

と、マンマが、、、。

クックルクゥ~??
イタリアではニワトリの鳴き声を「クックルクゥ~」と言います。もちろん日本では「コケコッコォォォォ~」。
一体何のこと??と思っている間に、何かが入ったフライパンをマンマが持ってきました。その間約5分。フライパンの中をのぞいてみると、トマトソースの中に何かが入っている模様。

「クックルクゥ~とはね、トマトとタマゴの料理なのよ」

クックルクゥ~の定義は、、、たまねぎを軽く炒めて完熟したトマトを入れて潰し、そこに溶き卵を、、、、。タマゴに火が入ったらおしまい。なんと簡単な、、、、。そして、中にちょっと古くなったパンを角切りにしていれて食べるそうです。
さて、お味は、、、なんともシンプルな美味しさ。トマトのストレートな甘さと旨み、そこにタマゴが微妙な味をかもし出していました。ここいらへんでは、パンの中にフェンネルシードが入ったパンを良く食べるのですが、この日のパンもフェンネルシード入り。トマト、タマゴ、フェンネルの味が一体化して優しいマンマの味となっていました。古くなったパンを捨てないための料理でもあるのでしょうね~。

風がそよそよ吹く中、お庭での夕食、心なごむひと時でした。
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-06-26 22:07 | シチリア:野菜・果物
Pasta al Pesto Trapanese(パスタ アル ペースト トラパネーゼ)
f0101126_22381378.jpg
トラーパニに伝統的に伝わるパスタといえば、これ、「Pesto Trapanese」(ペーストトラーパネーゼ)
ペーストトラパネーゼに欠かせないのが、トラーパニから10キロほどの街、Nubbia(ヌッビア)のAglio Rosso(赤にんにく)。これ、スローフードのプレディジオ(指定保護食材)にも登録されている、貴重な代物。中の薄皮が赤いことからこう呼ばれているのですが、香りは本当に超一級!これなしで、ペースト トラパネーゼは作ることができません。

昨日、ドミンゴ家の畑を見に行ったときのこと、マンマが

「にんにくのパスタ食べる?」と。

にんにくのパスタ?なに??

マンマ曰く、このペースト トラパネーゼ、方言では、

Pasta cull' agghia(パスタ・ク・アッギア)

と呼ばれるそうなんです。

Pasta col aglio(パスタ・コル・アーリオ)

直訳すれば、まさに「にんにくのパスタ」になります。トラーパニでは「にんにくのパスタ」といえば、かつては「ペースト・トラーパネーゼ」のことを、指していたそうです。

さて、このペースト、なにが入っているかというと、、、ヌッビアのにんにく、バジリコ、トマト、アーモンド。これが原材料、これをつぶしてペースト状にしたものに茹でたてのパスタを絡めます。そして、食べる直前にペコリーノチーズかパルメザンチーズを削りおろします。揚げたナスを乗せるのが伝統らしいですが、本日はナスは抜き。

そして、このペースト、不思議なことにニンニクをさほど強く感じないのです。相当量入っていると思われるのですが、、、。なんでだろ??

そういえば、そろそろ新ニンニクが出てくるころだな~、、、。出てきたら、私もペースト トラーパネーゼ、つ~くろっと♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-04-09 22:36 | シチリア:パスタ・リゾ
カルチョーフィとフィノッキエットのフレッシュトマトソース、ショートパスタで、、、
f0101126_2164774.jpg
昨日、カルロくんの実家に行ったときのPranzo(お昼ごはん)は

「カルチョーフィとフィノッキエットのフレッシュトマトソース、ショートパスタで、、、」

と、なんだか舌を噛んでしまいそうな、、長い名前を付けてみました。
いや~、季節のパスタですね~♪カルチョーフィもフィノッキエットも今が季節。フィノッキエットは実の方ではなく、上にフサフサ生えている葉の方。アクセント程度に入っていました。ショートパスタは、なんと言う名前か定かではありませんが、、マンマは「Lumache(ルマーケ)」だと言っていました。ルマーケとはカタツムリのこと。形が似ています。
さて、パスタのお味は、、もちろん美味♪ カルロくんのマンマはパスタににんにくはほとんど使いません。そのためか、いつも優しいシンプルな味。今日のパスタはカルチョーフィの美味しさがダイレクトに伝わってくるパスタでした。しかし、いつも大盛りだな~、、、(^_^;)
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-04-02 21:07 | シチリア:パスタ・リゾ