トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
Bellissimo S...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景

パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
ぜんぜろのシチリア生活
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:シチリア・果物 ( 17 ) タグの人気記事
アランチーニ?アランチャ?
f0101126_21413462.jpg
昨日は日曜日。私の運営する料理教室La Tavola Sicilianaでマンマの料理教室を担当してくれているマンマ宅には、いつも離れて住んでいる家族も毎週日曜日は家族で集合します。
私もほぼ毎週日曜日、マンマの料理をいただきにお邪魔するのですが(笑)、昨日はランチが終わって5時ごろのおやつになんやらキッチンに行くマンマの姿が、、、。ノコノコとついていってみると、なんやら揚げ物をしています。「何を揚げているのぉ~?」と聞くと、「アランチーニよ。」と。
アランチーニとは、日本でも”ライスコロッケ”という名前で知られている、お米丸いボールのような形を作りその中に具を入れ、周りにはパン粉をつけてあげたもの。具は「Carne(カルネ)」と呼ばれる牛肉のラグー(煮込み)を入れたものと「Prosciutto(プロシュット)」と呼ばれる、プロシュットコット(生ではなく、火が入ったハム)とモッツァレッラチーズが入ったものが定番。そのほか、ほうれん草入りだったり、きのこ入りだったり、バリエーションは無限。

さて、この日、マンマから「出来たわよ~」といわれ、駆けつけてみると、カワイイ♪アランチーニにオレンジの葉が添えられていて、オレンジを模していました。
そう、”アランチーニ”とは「小さなオレンジ」という意味。丸い形と色が似ているからでしょう。マンマは庭から本物のオレンジの葉を取ってきて飾っていました。カワイイ♪
揚げたてのアランチーニは本当に美味。時間が経つと少し油を吸ってしまい、ベチョッとなりがちなのですが、揚げたてはサクサク!!マンマはカルネとプロシュート、両方用意したようですが、私が取ったのはカルネ。もう1つ食べたいところでしたが、このあと夜ゴハンが待っていたので控えました、、、、。やっぱり食べとけばよかったかな?(笑)

◆シチリアでマンマに料理を習おう!→La Tavola Siciliana(ラ ターボラ シチリアーナ)
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-12-18 21:52 | シチリア:パスタ・リゾ
そろそろオレンジの季節がやってきました♪
f0101126_23554325.jpg

11月も下旬になり、朝晩は冷えてきたトラーパニ。クリスマスシーズンが近づくとともに、オレンジの季節も到来!メルカートにも八百屋さんにもオレンジが並び始め、私も早速2キロほど購入♪
マンマの家のオレンジも食べごろのものがそろそろ出てきました。
マンマのお宅には、「ブラジリアーノ」、「タロッコ」、「マンダアランチャ」と3種のオレンジが植わっています。
「ブラジリアーノ」は比較的大玉で甘さの中にも酸味があるのが特徴。シチリアではブラジリアーノが多く出回ります。写真のオレンジはこのブラジリアーノ。そして、現在メルカートに多く出回っているのもこのブラジリアーノです。
「タロッコ」は、いわずと知れた赤オレンジ!甘みがとても強いです。季節は1月以降とちょっと遅なりの種類です。1月以降、マンマの家でもタワワになるため、食べ放題状態がつづきます(笑)
「マンダアランチャ」はマンダリンとオレンジのあいのこ。日本のみかんに非常に似ていますが、比較的大きい種があります。

同じ木になっているオレンジでも、熟成度合いが「陽当たり」によって随分違い、陽が多くあたるところは既に食べごろのものもあり、一方、陽が当たらない場所になっているものはまだまだ緑色だったりします。

メルカートには、「食べる用のオレンジ」と「スプレムータ用」のオレンジが売られています。「スプレムータ用」とは絞ってジュースにする用のオレンジ。3キロ2ユーロなどと安価で売られています。ことしも春先までオレンジを食べ尽くすぞ!!(笑)
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-11-25 00:01 | シチリア:野菜・果物
Fichi d' india(フィーキ ディ インディア)の剥きかた
フィーキ ディ インディアのネタをもう1つ。

昨日、ランチをしに我が家に来た友人との会話。

友「あのさ、このフィーキ ディ インディア、だれが剥いたの?」
私「へ?私だけれど、、、」
友「ヘタクソ。」
私「、、、、、。」

ムキーーーーー!ヘタクソだと!?

「じゃー、剥いて見せてよ~~~!」といって、実演してもらったのを見て、眼からウロコ!!

f0101126_23521622.jpg①まずはトゲがない部分を探し、人差し指と親指でつまみ、上下を落とします。ちなみに、トゲは黒い点々の部分からでているので、黒いところではないところをつかみます。それでも、トゲが取れている事があるので、ジーっとみてトゲのない部分を探しましょう。


f0101126_23532126.jpg②次に、そのまま、ナイフを横に入れ少し深めに切込みを入れます。滑りやすいので慎重に。


f0101126_2354214.jpg③ナイフを入れた下の部分を、ナイフで下に剥きます。あら?すると不思議。簡単に剥がれていきます。


f0101126_23544599.jpg④ナイフを押さえたまま、果肉の部分を向こう側にクルッとまわしていくと、あららら、、、、するすると剥がれていくではありませんか!


お恥ずかしながら、この方法、知りませんでした。今までは、上下を切るところまでは一緒ですが、そのあと、フィーキ ディ インディアを立てて、上下にナイフを滑らし剥いていました。これでもきれいにむけるのですが、言われてみれば少し外側のフワフワした部分(写真③の剥けている皮の部分)が残っていました。写真の方法なら、きれいに中身だけが取り除く事ができます!

ちなみに、剥いたフィーキディインディアは、別のお皿に載せましょう。剥いたお皿にはトゲがたくさんあるはずです。

知っているようで知らないこと、たくさんあるのだな~。あ~、今日は言いお勉強をしました(笑)

<お知らせ>
11月18日より22日の午前中まで、インターネットサーバーの都合で、インターネットに接続できない恐れがあります。メールの返信等、遅れる事があると思いますが、ご了承くださいませ<(_ _)>

[PR]
by sicilia_trapani | 2006-11-18 00:05 | シチリア:野菜・果物
今年食べ忘れたもの、、、
f0101126_2119494.jpg

木曜日、週一回の大メルカートの日。ここのところ忙しくて行っていなかったので、今日は行ってきました。

八百屋さんを覗いて気が付いたのですが、今年、食べ忘れたものがありました!それは

「Fichi di India(フィーキ ディ インディア)」

そう、サボテンの実です。シチリアの風景では欠かせないこのサボテンの実、フィーキ ディ インディア、そういえば今年はまだ一回も食べていず、すでに旬が終わりかけています!ということで、早速1キロ分購入、ちなみに1キロで7個=1.5ユーロです。
フィーキ ディ インディア、外見が赤いものは中も赤味が強く、外見が黄色いものは中身も黄色が強いです。味は、大きな違いはありませんがやはり赤いほうが甘みが強いです。私は赤いほうが好きなので「赤いの!赤いの!」とおにいちゃんに言って、赤いのを多く入れてもらいます。
さて、このフィーキ ディ インディア、美味しいのですが中には種がいっぱい!!(@_@;) よく、「どうやって種をとるんですか?」と聞かれますが、、、「種はとりません」。そう、一緒に食べちゃうんです!最初は私も抵抗があったものの慣れてしまえばどうってことありません♪

今日のランチは、あまりおなかが空いていなかったため、フィーキ ディ インディア、オレンジ(やっと出始めました!)、ブドウ、と果物三昧!ごちそうさまでした<(_ _)>
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-11-17 00:20 | シチリア:野菜・果物
手作りの干しイチジク
f0101126_144224.jpg

トラーパニを発つ前にドミンゴ家のマンマがせっせと作っていたもの、それは、Fichi secchi(フィーキ セッキ=干しイチジク)

「今年もイチジクが豊作だったわ~♪ これはね、クリスマスの時まで保存してNatale(ナターレ=クリスマス)用のドルチェを作るのよ♪」

そう、シチリアではクリスマスの時にBuccellato(ブッチェッラート)という干しイチジクを使ったお菓子が作られるのです。

干しイチジクは皮をむいて半分に切ったものを2つ合わせて乾燥させています。大きな板(1,5メートル四方くらい)にひしめき合うイチジクたち、昼間は天日に干され、夜は家の中で休みます。乾燥したら、糸で通して更に空気に触れるようにどこかにかけて置くそうです。
トラーパニ戻ったときにはすでに糸に通されているだろうな~♪

マンマと一緒に、クリスマスにドルチェを作るのがいまから楽しみです♪

さて、話は変わって、、、
シチリアで学ぶシチリア料理 ラ ターボラ シチリアーナを6月に立ち上げ、おかげさまで予約もボチボチ入ってきました。今年の冬には車を購入し、更に面白い訪問先(アルティジャナーレ(職人手法の)作り手さん)を探しつつ、来年春~は色々なコースも組んでみようかと、、、。
現在、日本にいながら、色々と頭で想像をめぐらせる毎日(笑)

しかし、最終的な目的地は「料理教室」だけでは無いのです。私の夢は、

シチリアでアグリツーリズモ!!

トラーパニ近郊に畑つきの小さなアグリツーリズモを構えるのが私の夢。ここでは、ゆっくりとした空間と時間の流れ、そして美味しい食事が味わう事が出来ます。食事はもちろん畑で取れた野菜達が中心。ご希望の方には料理教室も行います。
場所はできれば、やっぱり海に程近いところ♪ 畑を希望するため、海のすぐ近く、、、とは言いませんが、、、、。
いつになるかはわかりませんが、きっと叶えて見せます、私の夢♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-10-16 00:53 | シチリア:野菜・果物
バナナ??それともメロン??
f0101126_1722578.jpg


シチリアには(イタリアにもあるのかな?)、「バナナメロン」という不思議な名前のメロンがあります。

このメロン、みかけはメロン、食感もメロン、、でも味と香りがバナナなんです!!!!
私も最初は半信半疑でえ~~~、うそでしょ?なんて思っていましたが、実際に食べたら、、、、バナナだ、、、、(@_@;) 驚きの瞬間でした 笑
きちんと値札にも「BANANA」と記入されています。
この日、普通のメロンが0.4ユーロ/キロに対し、バナナメロンは0.8ユーロ/キロ、と倍額でした。

*冬保存メロン、ご期待にお答えし(?)カットした写真をアップしました。こちらから!
尚、写真のアップが非常に遅れましたことをお詫び申し上げます<(_ _)>(笑)
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-08-31 17:39 | シチリア:野菜・果物
冬まで保存できるメロン
f0101126_16323760.jpg


追記:メロンの中身の写真をアップしました!ご興味のある方はどうぞ(笑)下の、「中身はこんな感じ」をクリックしてください。(8/30)

この時期、トラーパニでは黄色のラグビーボール型のメロンを大量に見かけます。このメロン,冬まで保存できるのが特徴。
6月下旬ごろから収穫可能になるこのメロン、収穫後、ベランダなどの通気性が良く太陽の当たらない場所で保存。夏の終わり、9月ごろに収穫したものはパスクワの時期(2月~3月)ごろまで保存が可能だそうです。
もちろん、現在食べても美味♪中は白くとても甘いく、水分たっぷりのジューシーなメロンです。段々時が経つにつれ、どんどん甘みが増して美味しくなっていくそうです。


*ただいま、半分バカンス中(?)のため、コメントへの返信、メールへの返信が、多少遅れております。申し訳ございません<(_ _)>

中身はこんな感じ
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-08-15 16:34 | シチリア:野菜・果物
洋ナシのジャム & 洋ナシジャムタルト
f0101126_19561625.jpg

さて、2つ下記事↓にも書いたとおり、インターネット接続の調子が悪かった日には、気分を入れ替え料理DAYにしました。

といっても、買い物にいく時間もあまりなかったので、家にあるもので何が作れるかを検討。そのまえに、もともと今日は使命が一つありました。

それは、先日ドミンゴ家から大量に頂いた洋ナシをマルメラータ(ジャム)にすること!
ドミンゴ家ではこの時期、洋ナシやらイチジクやらプラムやら、、、親戚の家ではスイカも作っているらしく、洋ナシにはどうも手が回らないくらいフルーツがたくさん!ということで、大量に頂いてきたのです。

「これでジャムを作るわ」
といったら、みんなに、

「Brava!!(ブラーヴァ!=素晴らしい!)」

と、絶賛されました(^_^;) 捨てるのはもったいなと、皆、思っているのでしょうね~。(当たり前だけど)

さてさて、洋ナシ、皮を剥くだけで、1時間半(^_^;) 手が痛い、、、、。 しかし後は煮込むのみ!洋ナシを測り、半量のグラニュー糖と一緒に煮込みます。この洋ナシ、少し固いようで、なかなか形が崩れないの最後、ミキサーでグルグル、とまわして、、、、最終的に出来たのは、小さなビンに7本分。しかし、洋ナシ、糖度が思ったよりも高かったようで(きちんと味見はしたのですが)、ジャムの仕上がりも相当甘い(^_^;) 来年は、グラニュー糖1/3量に減らします。

煮込んでいる最中、作ったもの。
家には、ほとんどの食材が現在切れていて(夏なので、あまり買いためないようにしています)、あったのは「粉類」のみ(笑)でも冷蔵庫にはバターを発見!!ということで、「フォカッチャ」と作ったジャムを使った「洋ナシのジャムタルト」を作ることに。
まずは、タルト生地を。あれ?そういえば、薄力粉(に相当するものはイタリアでは00粉(ゼロゼロ粉))、、、ない、、、、(@_@;)シチリアでは、薄力粉はあまり使わないため(変わりにセモリナ粉を使います)、私もストックが切れていた、、、、(^_^;) しかし、パン用の粉が合ったはず。「粉」には変わりがないので、とりあえずパン用の粉で代用することに(笑)さてさて、出来上がりはいかに、、、、、??

More
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-08-04 00:30 | イタリア:ドルチェ
洋ナシのコンポートを作りました
f0101126_2026194.jpg
今、ドミンゴ家の畑にはたわわに洋ナシがなっています。小さなタイプの洋ナシで、実は大体5センチ程度。味は日本の梨に少し似ている感じもしますが、そこまで水分も多くなく、洋ナシと梨の中間くらい。先日、ブドウと一緒に大量にいただいてきたので、今日コンポートを作ってみました。
皮を剥いて、砂糖・水・レモン・シナモンを入れて煮ること約1時間。あ~、美味しそうな香りが~♪シナモンは私の大好きなスパイスの一つ。たっぷりと入れました。
このコンポート、冷やしてそのまま食べても美味しいし、ジェラートを添えたり、タルトにしたり、、、。何にでも使うことが可能♪たくさんあるので、保存用のビンを買ってきたのですが、食べきるのにそう長い時間はかからないような、、、(^_^;)
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-07-20 20:31 | シチリア:野菜・果物
宝石のようなブドウをいただきました
f0101126_235526.jpg
昨日、ドミンゴ家のマンマから、お土産をいただきました。それは、お庭になっているブドウ♪ドミンゴ家のお庭には黒ブドウと白ブドウが両方なっていて、昨日いただいたのは食用。そのほかに、ワインにするようのブドウもなっています。
夕方に一緒に収穫したブドウは、キラキラとまるで宝石のよう。ちょっと甘酸っぱいブドウたち、自然の恵みです♪

◆私の主宰する、シチリアで習うシチリア料理教室 ラ ターボラ シチリアーナでは、ドミンゴ家の畑の見学もできます。くわしくは、こちらをご覧ください!
[PR]
by sicilia_trapani | 2006-07-17 23:05 | シチリア:ドミンゴ家の畑