トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景
パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イタリア式お墓参り
11月2日、イタリアでは「Festa dei Morti」という祝日。「死者の日」と言うこの祝日、お墓参りに行くのが習慣です。トラーパニの墓地付近も、多くの道が封鎖され、墓地付近だけものすごい交通渋滞でした。私は今年、とある理由からドミンゴ家のお墓参りに同行する事になり、初めての「イタリア風お墓参り」をしてきました。

イタリアでは墓地は大体Comuneにひとつ。(大きい都市ではComuneに2-3個あるところもあるようです。)例えば、トラーパニにひとつ、エリチェにひとつ、マルサラにひとつ、、、と言った感じです。ドミンゴ家はエリチェの墓地にあります。墓地近辺、通った事はあったけれど、考えてみたら中に入ったことは無かった私。興味津々。外には、日本同様「菊」お花を売る屋台が。
f0101126_652517.jpg

f0101126_654860.jpg
十字架がデザインされたオシャレなドアを開けて、墓地に入ると、、、。

f0101126_661797.jpg
中は、こんな感じでした。小さなひとつひとつのお墓がたくさん。日本は「~~家」というようにファミリーでひとつお墓を持ち、そこの皆が入るのが習慣ですが、イタリアは一人一人、個人のお墓があります。この中に、棺が入っているそうです。

f0101126_665313.jpg
お墓はひとつひとつ、デザインが違います。家族の思いいれに寄って、マリア様が飾られていたり、キリストがいたり、、、両サイドにはお花を飾る為の入れ物が置いてあります。このゾーンは、比較的新しいお墓。お墓が各ファミリー毎ではないので、お花を持って親戚のお墓を次々に回っていきます。そして、お墓をキレイにしたり、お祈りを捧げたり、、、写真を載せているお墓が多いので、写真を見て懐かしんだり、一緒に過ごした日々を思い出したりするそうです。

f0101126_67493.jpg
こちらは古いほうのお墓。墓地は奥から古いお墓が並び、入り口に向けてどんどん新しいお墓を作っていくそうです。

お墓の価格は、エリチェでは1つ1000ユーロ~、だそうで、段によって価格が変わるそうです。
エリチェのお墓では1回購入すると、99年間ここに眠り続ける事ができるそうで、その後もっと同じ場所に置いておきたい場合には、再度購入するそうです。

f0101126_682542.jpg
エリチェの山が上に見えます。
f0101126_69133.jpg
これは、重要なファミリーが眠るお墓。元貴族や領主など、地元の名士はこうして大きなお墓を立て、その中に家族のお墓を作ります。大きな場所と石が必要とされるため、非常に高価なお墓となるらしく、現在は新しくこうしたお墓を作るファミリーはほとんどいないそうです。
f0101126_694720.jpg
こちらもどこぞのファミリーのお墓です。
f0101126_610185.jpg
墓地の外に出てみると、見事な夕陽を拝む事が出来ました。


所変われば、、、とは言いますが、それぞれの国、それぞれの宗教にに寄って習慣は違うものなんですね。「イタリアでは一人一人、棺に入れられてお墓に入る」とは聞いてみたものの、私が想像していたものとは全く違うものでした。キリスト経ではない私ですが、なんだか神聖な気持ちになった1日でありました。
[PR]
by sicilia_trapani | 2008-11-03 06:13 | シチリア日記
<< トラーパニ De スシ! 日本の「食」は安すぎる ?? >>