トップ

イタリア・シチリア島最西端の街、トラーパニから、シチリアの日常をお届けします。
by sicilia_trapani
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■シチリア料理を学ぶ■
トラーパニで料理教室を主宰しています。シチリア料理&シチリア旅行を楽しんでいただけるよう、様々なお手伝いをしています。
f0101126_1293486.jpg
REIのシチリア料理教室
マンマのシチリア家庭料理
ワイナリー&塩田見学
トラーパニ宿泊予約手配

ラ ターボラ シチリアーナのブログ

■ドルチェといえば、、、
f0101126_126195.gif

■REIイタリア料理留学記
f0101126_128646.gif



★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。
カテゴリ
全体
シチリア:ドミンゴ家の畑
シチリア:ドルチェ・パン
シチリア:パスタ・リゾ
シチリア:野菜・果物
シチリア:肉・魚
シチリア:食全般
シチリア:メルカート
シチリア:調味料
イタリア:ドルチェ
イタリア:食全般
オリーブについて
キリスト教と食文化
シチリアの自然
プランター観察日記
料理の道具
ワイナリー訪問&テイスティング
トラーパニ観光
トラーパニお勧めのお店
シチリアを旅する
イタリアを旅する
世界を旅する
シチリア日記
日本の食文化
日本に一時帰国
C氏日本初上陸!2008
イタリア携帯&インターネット
イタリア住宅事情
ラ ターボラ シチリアーナ
パスクワについて
密かなる別の活動
デジイチ
プロフィール
未分類
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
イタリア生活日記ブログ+...
緑茶と紅茶とESPRESSO
イタリア料理留学日記
生きる歓び Plaisi...
イタリア食材「ベリッシモ...
フィレンツェ田舎生活便り
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
カマタスエコのブログ
ユキキーナの日記
ばーさんがじーさんに作る食卓
オリーヴオイルを追いかけて
通訳Mのお仕事日記
buonviaggi.e...
La Vita Tosc...
コック家の生活 in フ...
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
*イタリア料理紀行
フィレンツェ田舎生活便り2
梅酒日和
シチリア百景
パリ日記♪  着物でパリ
Rosa dei Venti
ラグーザに流れるもの
■今日もはれ
田園 でらいと
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
Piccoli Pass...
Miho's Sweet...
カッラーラ日記 大理石の...
*cucinamica*
Bokuのtempo l...
YPSILONの台所 Ⅱ
ミリイのスピリチュアル・...
うちの食卓 イタリア主婦...
一歩前へ踏み出そう!~佐...
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
「良いお店」について考える
f0101126_152612.jpg今日のランチは店舗企画の仕事をやっていた頃の同僚と渋谷セルリアンタワーの中にある和食のお店「金田中 草」に行って来ました。渋谷とは思えない落ち着いた店内ときちんとしたサービス、そして美味しい食事と、とても居心地の良いお店でした。価格もランチとしては安くはありませんが、この料理と雰囲気なら十分納得のお値段。久々の再会を楽しむ事が出来ました。

日本に帰国すると毎回定例の「再会ラッシュ」。仲の良い友人はもちろんの事、仕事関係やお付き合いでたくさんの方々と食事をする機会があります。そこでいつも考えるのが、「”良いお店”ってどんなお店なんだろう?」という素朴な疑問。

「良いお店」とは、もちろん人それぞれ定義が違うと思います。個々の求める欲求によって変ってくると思うのですが、「美味しい」「雰囲気が良い」「価格が安い」「有名だ」ナドナド、、、様々な基準があります。

私の中でお店を選ぶ基準としては、

「美味しさ」
「価格」
「雰囲気(サービスを含む)」

この辺りがメインの要素でしょうか。

美味しくても雰囲気が悪く(求めている雰囲気ではなく)、尚且つ値段が高かったらそれは「良いお店」とは言えません。雰囲気がとっても良く(求めている雰囲気)ても料理が美味しくなく、尚且つ値段が高かったらそれも又「良いお店」とは言い難いですよね。逆に、料理は美味しいけれど、雰囲気はよくない・・・、でも価格がそれなりに安ければ「まぁ許せるかな・・・」となるでしょう。価格が高くても、味も雰囲気も抜群であれば、それに対してお金を払う価値もあるでしょう。

私にとって「良いお店」とは、”味”、”雰囲気(サービス含む)”、”価格”、この3要素のバランスが整ったお店。もちろん、個々に求めるものが異なるので、「私にとって良いお店=全ての人にとって良いお店」であるはずはありません。個人的に大切なのは、「自分なりの良いお店」を見つけることだと思います。だって、皆が良いと言っているからって、私にとって良いかどうかは分かりませんから・・・・。

日本では、最近「日本版ミシュラン」が発売され、話題になっていますね。既に”売り切れ続出で入手不可能”と聞いて、いささか驚きました(@_@;) ガイドブックも参考にはなりますが、やっぱり大切なのは「自分の基準」を持つ事だと思うんですけどね・・・。

ちなみに写真は今日のランチのご膳です。和食は一つ一つの素材が、きちんと仕事がされているところが好きです♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2007-12-13 01:05 | 日本に一時帰国
スペインタイルに初挑戦!
かねてから挑戦してみたかったスペインタイルに本日初挑戦してきました!

シチリアにはカルタジローネサント ステファノ ディ カマストラのように陶器で知られた街が多くあります。その多くが、「マヨルカ焼き」と言い、かつてはスペイン大陸から伝わってきた技法が元となっています。シチリアに住んでいると、陶器やらモザイクやらを眼にする機会が多くなり、私も段々と興味を持ち始めてきたんです。が、トラーパニにはお気軽に「体験」ができる工房などほとんど無く、「働く」、若しくは、「専門学校に入学する」しかありません。(ちなみに専門学校はトラーパニにはありません)何ヶ月前のことだったか、色々ネットで調べている最中に、日本にある「スペインタイル教室」のサイトを発見。そこでは、体験レッスンもやっているとのことっ!今回の一時帰国中に是非是非体験してみたかったのです♪


私が今回お邪魔したのは”スペインタイル工房ミラソル”。スペインタイルってどういうもの?と言う方、まずはここのサイトをご覧下さい。スペインタイルにも色々とあるのだと思いますが、私がやってみたかったのはクエルダ・セカという技法。タイルに下絵を書いてそこに色を流し込んで行きます。シチリアには無いんですよ、この手のタイプの陶器。スペインはかつてイスラムの支配下にあった時代が長く、その頃に伝わってきたと言われます。私はこの技法で「イスラム柄」のタイルを作ってみたかったのです。

f0101126_1602095.jpg前置きが長くなりました。
まず、タイルを作るに当たっては、どの柄を描くのかを決めなければなりません。今日は初回なので、「あまり芸の細かいものは難しいのでは?」という先生のご指導により、比較的単純な柄を選びました。いずれもイスラム柄ではないのですが、なんとなくそれっぽくもあるような・・・(ないか)。まずは、タイル(テラコッタです)と下絵の間にカーボン紙を挟んでタイルに下絵を写します。その後、濃い鉛筆でその柄をなぞります。この鉛筆の線が、色と色の境い目になるわけです。なので、ギュッギュッと強く濃く線を書いていきます。



f0101126_164256.jpg

次ぎは色選び。これが中々難しい・・・。先生は「自由に色を決めていいのよ」、とおっしゃってくださいますが、想像力をフルに働かせないと・・・・。今回は白っぽい色をベースに、明るい黄色やオレンジ、そして大好きな青を入れて「元気」な色使いにしてみました。

f0101126_168189.jpg色は、細い筆を使って”塗る”というより、”埋める”という感じで置いていきます。最初はタイルにスーッと染み込んでしまうのですが、何度も何度も根気良く重ねて塗っていくと、モッコリと盛り上がってくるんです。そうして一色ずつ、鉛筆の線の内側に色を付けて行きます。ちなみに、写真は最初の1色が終わったところ。この色、この時点では薄緑色ですが、私が選んだ色は「ブルー」なんです。タイルは、全部塗り終わった後、高温(1000度くらいだそうです)の釜で長時間焼かれるのですが、その際に色が変るそうです。不思議。
こうして集中する事、約2時間、あっという間に時間は過ぎ・・・・。本日の成果。


f0101126_16131324.jpg


じゃーーーーーん!初めてでも、こんなものができました!5cm×5cmの小さなタイルが2枚。1枚は下地を塗るまでの時間がありませんでした。(左側)黒く見えているところが、鉛筆でなぞったところです。色は全てパステルカラーですが、私が選んだ色は原色に近い色ばかり。焼くと本当に変るのかな~・・・。

いやいや、楽しかったです♪ 料理と同じく、「モノを作る」という作業はやっぱり楽しいものですね~。そして、何とも言えない達成感!もちろん、次回の予約も入れてきました♪ 次回は、左側のタイルの下地を塗り、3枚目のタイルに挑戦しますっ!これ、はまりそう・・・・。
[PR]
by sicilia_trapani | 2007-12-10 15:56 | 日本に一時帰国
日本の美しい風景を楽しむ
皆さんから最近頂くメールに、

「紅葉がきれいですよ」

とか、

「銀杏並木がステキです」

という文面を多く見かけます。

そうか~、日本ではそんな時期なんですね。私の住むトラーパニでは「紅葉」も「黄葉」も見かけることができないため、すっかり「紅葉・黄葉の旬」を忘れていました。せっかくこの時期に日本にいるなら、是非紅葉をっ!と思い、近所の日本庭園に足を運んでいました。

f0101126_15342314.jpg

紅葉のまっさかりは既に終わってしまったようですが、キレイに黄葉しているもみじ(ですか?)が。日曜日だけあって、家族連れでお散歩をしている人がたくさんいました。

f0101126_15371979.jpg

今日の東京は天気がとっても良く、ポカポカ陽気。まだ残っていた真っ赤な紅葉も太陽に照らされてキラキラと輝いていました。

f0101126_15392917.jpg

竹を見ると何故か「日本だな・・・・」と思います。

f0101126_15421877.jpg



f0101126_15503838.jpg

池に浮かぶ落ち葉がとても鮮やか。風に流されて模様がどんどん変わって、まるで何か芸術作品を見ているかのようでした。

f0101126_15541626.jpg

見事な紅葉。朝陽を浴びて輝いていました。

f0101126_15561414.jpg



シチリアにいるときは、シチリアの食材で作ったシチリア料理を、そしてシチリアの景色を存分に楽しみ、日本にいるときは和食材で作った日本料理を、そして日本の風景を存分に楽しむ、とっても贅沢な事だと思います。イタリア(シチリア)、そして日本(東京)、それぞれの違った空気が、風景がそうさせるのか、シチリアで和食を、東京でイタリアンを食べよう、という気には全くなりません。それぞれの土地で、それぞれの土地のものを楽しむ、それが一番の贅沢だと思っています。

日本滞在、まだまだ続きます。
[PR]
by sicilia_trapani | 2007-12-09 15:58 | 日本に一時帰国
なんで忙しいんだろ?
日本に帰国して早くも3日が過ぎてしまいましたっ!

いつも思うのですが、「今回こそ少しゆっくり・・・」なんて思いつつ、結局忙しい日々を過ごし、あっという間に日本滞在が終わってしまうのです。今回も「40日間あるからゆっくりできるな~・・・」なんて思っていたら、12月の予定がほぼ埋まってきました・・・。

ちなみに、日本に戻ってきて早々、ものすごい食欲で・・・

・到着日・ランチ ・・・ 迎えに来てくれた父とお寿司♪
・到着日・夜 ・・・ 家で和食(母の手料理です)を爆食
・2日目・朝食 ・・・ ターリーズで朝食(この手のカフェ、イタリアには無いんで・・・・)
・2日目・夜 ・・・ おでん
・3日目・ランチ ・・・ イタリア留学時代の友達と点心(ショーロンポー)

と、イタリアでは味わえないものを爆食中です。体重が増えるのがこわ~~~いっ!

今回の帰国の目的の1つに「母との小旅行」もあり、前回行く予定でいけなかった京都に小旅行をする事になりました。そんなこんなで、なんだかバタバタ(いつもバタバタ 笑)

シチリアにいるときは、忙しい時もあればゆっくりしている事もあるのですが、日本にいる時は、なんでいつも忙しいんだろ?きっと「何かしなきゃ・・・・」と思う(というより「思わされる」)からかもしれません。考えてみれば日本で暮らしていたときは、この「忙しい生活」が普通だったんですよね。シチリアにいる時みたいに、「今日は一日ゆっくり休んじゃお~♪」なんて思ったことは、ほとんど無かったかも・・・。日本の(東京の?)空気が、そして日本のこのペースが私をセカセカ人間にさせるのかも知れません。

とは言えども、頻繁に会うことの出来ない家族や友人との再会は嬉しいもので、忙しくしてでも会いたいな~・・・なんて思います。

昨日今日とカメラを忘れて外出。昨日は東京タワー(が見える場所)、今日は六本木ヒルズと、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまいました(涙)明日からはカメラを忘れずに外出、日本の冬の風景をお届けしたいと思います。

<追伸>
迷子になっていたスーツケースは、昨日の午前中、開けられる事もなく無事に家に到着しましたっ!あ~~よかった~~~♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2007-12-07 22:58 | 日本に一時帰国
日本上陸しましたっ!
日本に到着しましたっ!

24時間の長旅を経て、日本に到着しました~。今回も手荷物&預け荷物、トータルで40キロ近く持っていたのですが、パレルモ→ローマ間のWind jetで3キロ分(24ユーロ+手数料10ユーロ=34ユーロ)の超過料金を払わされた他は、これといった問題も無く、すんなりと日本に到着・・・かと思ったらっ!

成田空港でスーツケースを待っていたら、「サトウ レイコさん、係員までお申し出ください。」という看板が回っている・・・・、え、わたし?私のこと??

むぅ。。。。何が起こったのか。。。。

カウンターに恐る恐る行ってみると、「荷物がまだ届いていませんっ!」との事。何かの手違いでウィーンに取り残されてしまったそう。荷物は後ほどやってくる飛行機に乗せられ、明日の午前中には我が家に到着するらしいです。中身が全て無事であることを祈りつつ・・・・。

ま、多少のハプニングがあったもの、ローマからウィーンは約1時間半、そしてウィーンから成田は10時間30分と少し短め。多少の疲れはあるものの、元気です。
今までヨーロッパ乗り継ぎ便の場合、フランス・ドイツ・スイスなど、イタリアの北に位置する国を通過していったので、この時期は雪をかぶったアルプスが見ることが出来ました。今回の乗り継ぎ地点ウィーンは、イタリアの北、というより東北。よって、アルプスは通過せず、東に横切りアドリア海を渡って対岸に到着。そのため、アルプスは見えませんでしたが、すばらしい海岸線が見えました。

f0101126_21193038.jpg
離陸して30分くらい、イタリアサイドの海岸線です。

おや、ここにもアルプスが・・・?

f0101126_21194386.jpg


なわけないか、、、どこでしょうね?エミリアロマーニャの上空辺りだった気がします。(あくまでも”気”)です。

f0101126_21201478.jpg
オーストリアに到着~。遠くには風力発電の巨大風車が見えます。上から見ると長方形の田んぼが延々と続いていました。土だけのところもあれば緑もあり。緑の部分にはこの時期に何が植わっているのでしょう?霧がかかっていて随分寒そうでした。でも、なんとなくロマンティックな雰囲気でした。
北イタリアのオーストリアやドイツと国境を境にする国には、オーストリア菓子やドイツ菓子が作られていたりします。オーストリアはまだ行った事がないのですが、北イタリア菓子のルーツを探るためにも行ってみたかった国の一つ。来年あたり、機会があったら行って見たいなー。

さて、ローマからウィーンまでは、オーストリア航空の子会社(なのかな?)、チロリアンエアというかわいい名前の航空会社で飛んだのですが、これが・・・最高のフライトでした♪まず、乗客数が少なく超快適っ!私の列には私しかおらず、ヨーロッパ線の座席は日本に行く便よりも少し広めなので、ゆったり快適~♪そして、出てきた食事が美味しかったっ!10:30出発なので、出てきたのは「軽食」でしたが、ボリュームもタップリ♪朝3:00に起きてパレルモの空港でカプチーノを飲んだ以外、食べ物を口にしていなかった私にはとっても嬉しい軽食でした♪

f0101126_21195895.jpg
豚肉の煮込みとクリームソース、全粒粉パン、チョコレートムース。クリームソースは最後までなんだかわからなかった野菜(カブっぽかった・・・)と煮込まれていて、豚肉ととっても合っていました。大満足♪

ウィーンの乗り換えもすんなりと行き、遅延無く出発。ウィーン→成田間もオーストリア航空ですがこちらは全日空との共同運航便。座席はあんまり快適ではなく、前に大きな男が座り、座席を思いっきり下げられた為、足元も狭くかなり不快でした。それでも、さすが全日空との共同運航便、サービスはなかなかよく「ノドが乾いたな~・・・」と思う頃に、飲み物を配り始めたり。まずまずでした。

今回は、面白い映画に出会うこともなく、暇つぶし程度に映画をみて、メールの返信をして・・・・、又しても寝る事が出来なかったー。そのため、現在眠い・・・。

さてと、今回は40日とちょっと長めの滞在。クリスマスもお正月も日本です。年末年始を日本で過ごすのはなんと4年ぶりっ!イタリアとは一味違った日本の年末年始を楽しみます♪ということで、しばらくは日本ネタが続きますが、よろしくお願いします♪
[PR]
by sicilia_trapani | 2007-12-05 21:20 | 日本に一時帰国
明日(12/4)に日本へ向けて出発っ!
今までのエントリーでも再三触れてきましたが、明日12月4日に日本へ向けて出発しま~す。

今回の旅は長旅と思われ・・・・

パレルモ → ローマ ・・・ Winds Jet
ローマ → ウィーン ・・・ チロリアンエア(かわいい名前♪)
ウィーン → 成田 ・・・ オーストリアンエア
成田 → 東京の実家

となります。ローマからの直行便で帰ると、Door to Doorで約20時間、どこかで乗り換えると約24時間かかります。今回は24時間コースです。ローマやミラノに住んでいたら、日本が近いのにな~・・・、なんてたまに思ってみたりもします。でも、遠くてもやっぱりシチリアがいいかな、と思ってもみたり(笑)

さて、日本ではやるべき事もたくさんあり、会いたい方々がたくさんいます♪ 今回の日本滞在も和食三昧かしら?

日本には5日の午前中に着きます。日本への旅に伴い、メールの返信が遅れる可能性も多々ありますが、ご了承くださいませ。落ち着き次第、スグにご返信致します。

それでは、いってきま~す。
[PR]
by sicilia_trapani | 2007-12-03 21:33 | 日本に一時帰国
師走の独り言
今日はいい天気っ!なのですがすごく寒い・・・・。ブログに貼り付けている温度計も朝9:00で11度を指しています。今年一番の寒さではないでしょうか?それもそのはず、今日から12月だ~~~~っ!1年経つのって早いですね・・・。去年の今頃は、ラ ターボラ シチリアーナを始めて約半年。車がない状態での仕事が続き、今考えてみると良くやったな~・・・、と、自分で自分を褒めてあげたいです(笑)田舎マンマの家に行くのも市バスで行ったり、大量の料理教室の食材を買うにも自転車で行ったり・・・。お客さんのご要望で塩田に急遽行く事になり、お客様の負担を少なくする為、近くまで市バスで行ったものの、そこから30分以上歩いたり・・・。田舎マンマの料理教室に行くのにバスに乗り遅れたこともありました。(ちなみに、バスは2時間に1本!)色々なハプニングが起こり、その度に学習し、その後車を買い・・・・今に至っています(笑)でも始めた頃のハプニングの一つ一つは本当に良い想い出で、一生忘れないでしょうねー。

ラ ターボラ シチリアーナのメインは「料理教室」であるものの、ここトラーパニで料理教室を開催するには、日本からここまで来ていただかなければなりません。当然、ツアーオペレーターやツアーコンダクターのような仕事も加わってきます。せっかくトラーパニまで来ていただいたなら、「料理教室」に終わらず、ここの特産品である「マルサラワイン」「塩」を作るところも見てもらいたい・・・・という事で、アテンド&通訳の仕事もたくさん経験しました。「料理」だけの仕事にとどまらず、色々な経験ができるのは私のやっている仕事の魅力の一つです。(私にとっては)

考えてみれば、大学を卒業後、料理の世界に入り既に15年(!)が経とうとしています。(年がバレル 笑)ここに来てくださる皆さんにも、「日本ではどういう仕事をしていたのですか?」と良く聞かれますが、色々な仕事をしてきました。「色々な仕事」といっても全て食に携わる仕事で・・・・。

・レストラン・カフェでの料理&ドルチェ作り(ほとんどがイタリアンです) ・・・ 計6年
・お菓子の商品開発(主にレシピ開発) ・・・ 2年
・大手企業での紅茶専門店の立ち上げ&店舗企画 ・・・ 2年
・自分でお菓子を作って売っていた(ネット販売) ・・・ 1年
・イタリア滞在期間 ・・・ 既に3年

この間、パソコンを勉強する為にパソコン教室の受付で働いたり(約半年)、イタリアに来る貯金の為に派遣会社で働いたり(約半年、「働く」というより「給料をもらいながら勉強していた」状態、ははは。)・・・。今までの仕事も全て「食」に関係するものの、「料理を作る」だけにはとどまらず、企画の仕事では商品が出来るまでの過程を学び、立ち上げの仕事ではお店の作り方、そして運営する事も学びました。それまで「大手企業」で働いた事のなかった私は、「会社の仕組み」というものも学びました。(色々な意味で・・・ 笑)こうして、今までの一つ一つの経験が今になってとっても役に立っているのです。

今の仕事も、ここでの料理教室やアテンド以外にも、経理、会社運営、ホームページ管理、販促(ってほとんどしていませんが)などなど・・・、自分でやらなければいけないことがたくさんあります。それがこなせるのも、今までの経験があってのことだと思っています。

なんだか良く分からなくなってきましたが、今年の仕事が終了し、今日から12月になり、そして今日は土曜日・・・・。朝から今年1年について、振り返ってみたい気分になり、色々と考えているうちに、気が付いたら「仕事人生全体」を振り返っていました(笑)そもそも、飽き性の私、小さい頃から色々な習い事に手を出しては辞め、又新しいものを始め・・・、人生の中で長く続いたもの、それは「ピアノ」(これが最長、20年以上!今はほとんど弾きません・・・)、そして「食に携わる仕事」、この2つしか見当たりません(笑)右も左も分からずガムシャラに働いていた時期(主にコック時代)、色々経験を積みモーレツサラリーマンのように働いてた時期(企画開発時代)、モーレツサラリーマンに疲れイタリアで流れに身を任せることを学び・・・現在、流れに身を任せつつきちんと目標を持ちながら「自分の仕事」ができる事を非常に嬉しく思っています。そして、「自分の仕事」は、ここに来てくださる皆さんに喜びやパワーを与えられたり、癒す事が出来たり・・・・、そういう可能性を持ってることにとてもヤリガイを感じます。

起承転結のない散文、失礼しました。1年最後の月となった今日、ふっ、と思ったことを書き留めて見ました。ほんの独り言でした。来年の今頃は、一体何をして、何を考えているのでしょうね~、フフフ、楽しみです。
[PR]
by sicilia_trapani | 2007-12-01 17:19 | プロフィール